ご存知ですか?シャツにネーム(イニシャル)を入れる時の正しい位置

こんにちは!ROAD OF STYLEブログ管理人のYuukiです。

先日着用した白無地のドレスシャツにアイロンを当てておりました。

自分でアイロンを当てるのは手間がかかりますが、洗濯してシワくちゃになったシャツがキレイに伸びていくのは気分が良いものです。

 

7月の友人の結婚式以来に着用したこともあり、アイロンを当てている時に、

「そういえばこのシャツはネーム(イニシャル)刺繍入れていたんだっけ」と、久々に思い出しました(笑)

ちなみにシャツにネームを入れる時「正しい位置がある」という事をご存知でしょうか?

もし「え?そうなの?」と思われた方は、ぜひこの機会に正しい位置を覚えて頂けると幸いです^^

 

シャツの正しいネーム位置とは

正解を発表する前にクイズをしましょう!その方が記憶に残りやすいのでお付き合いください。

「シャツのどこにネームを入れるのが正しいでしょうか?」以下の中から選んで下さい。

  1. カフス(袖口)
  2. 袖の上腕部
  3. 裾の近く
  4. 左胸とウエストの間

 

実は先ほどの写真に答えが載っているのですが、シャツ生地と同じ色なのでわかりにくかったと思います^^;

答えはここです↓

 

クラシックの世界では「4.左胸とウエストの間」が正しい位置とされています。それ以外はミスマッチ。

極力目立たないよう高さ5mm程度に抑えるのが理想的です。ちなみに色は紺色が最も上品とされていますよ。

 

シャツのネームは自分の所有物であることを示すものであって、他人にわざわざ見せるものではないんです。

ですので、スーツを着た時に他人から見えない場所にさりげなく入れる。この位置ですとウエストコート(ベスト)を着た時にネームが隠れます。

 

最近ではカフスや左袖の上腕部、襟などにネームを入れる事が可能です。

個人の好みで楽しんで頂くのは良いと思いますが、ビジネスやフォーマルシーンで着用するシャツは正しい位置にネームを入れることをオススメします。

 

お洋服にあまり気を遣われていない方は気にされないと思いますが、わかる人はひと目でわかります。

カフスにネームが入っている・・・という一面だけで、「この人わかってないなぁ」という先入観を持たれるのは非常にもったいないですからね!

 

カフスや襟にネームを入れるのは、デニムシャツやチェックシャツなど、カジュアル用で楽しめば良いと思います。

 

イニシャルの入れ方

イニシャルと言えば、例えば八神 隆之さんなら「T.Y」と書くのが一般的ですよね。

ですが正しい書き方は「T.Y.」なんです。

実は「.」は「以降の文字を省略しています」という意味で付けるからです。ですので「Y」の後にも「.」を付けるのが正しいです。

 

ヨーロッパのシャツメーカーや、クラシックスタイルが得意なテーラーはきちんと付けることを説明してくれると思いますが・・・

百貨店のオーダーシャツ売り場や、お若いテーラーはそうじゃない場合もあるので(僕も20代前半の時そうでした^^;)

こちらから「.」を入れてもらうようリクエストしておきましょう。

 

シャツのネームまとめ

ちょっとしたウンチクみたいな記事でしたが、プレゼントでシャツを選んだ時などに役立つと思います。

  • ネームは左胸とウエストの間
  • 高さ5mm程度
  • 紺色が最も上品
  • イニシャルは「.」も付ける

以上のポイントを覚えておいてください。

もしあなたの周りで近々オーダーでシャツを作る方がいたら、失敗しない為にぜひ教えてあげてくださいね!

 

今日もROAD OF STYLEブログをお読みくださり、ありがとうございます^^

 

 

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方が多くなると更新の励みになります^^