自宅で簡単にできるスーツの臭いを取る3つの方法

こんにちは!お洋服ブロガーのYuukiです。

人間の身体はお風呂でキレイに洗い流せばOKですが、気軽に洗濯できないスーツはそうはいきませんよね。

クリーニングに持っていくのが近道ではありますが、クリーニングに出すと生地が徐々に傷み、風合いや着心地の悪化に繋がってしまいます^^;

 

そこで今回は、自宅で簡単にできるスーツの臭いを取る3つの方法について解説していきますね。

これらの方法を知る事で、ご自分でスーツの臭いケアができるようになりますよ!

 

重要:基本となるスーツの臭いケア

1日着用したスーツには必ずブラッシングを行ってください。これをやるだけでも臭い予防に繋がりますよ!

スーツには知らない内にいろんな付着物が溜まると認識しておきましょう。

埃やフケ等が溜まると、スーツが吸った湿気や汗の臭いが抜けにくくなり、さらに雑菌が繁殖して悪臭の原因になってしまいます。

 

スーツに使われているウールは吸湿性に優れている為、思った以上に空気を吸い込みます。タバコや焼肉の臭いが付きやすいのは、ウールの特長ゆえなのです。

吸い込んだ空気をきっちり蒸散させれば問題ないのですが・・・

ブラッシングをしないと付着物が出口を塞いだままなので、臭いが取れなくなるのです。

 

洋服ブラシに関してはスーツ店や百貨店、東急ハンズなどで販売されています。大体1本4,000~5,000円ほどの価格ですよ。

但し、Super 150’sウールとかカシミヤなどの繊細な生地の場合は、1~2万円の馬毛ブラシを選ぶ方が良いです。

ブラッシングはアイロンを当てる時にも必要なので、スーツを長く使う為にもブラシを購入される事をオススメします。

 

臭いケア①アイロンのスチームを当てる

スチームアイロンの高熱の蒸気を当てることで、スーツに付着している雑菌を死滅させる事ができます。

さらに吸った蒸気を蒸散する際に、シワが伸びてくれるので一石二鳥ですよ^^

ウールは「呼吸する繊維」とも呼ばれるのですが、湿気を吸って発散する時に「元の形に戻ろうとする性質」を持っています。

アイロンのスチームはこの性質を上手に利用できるので、シワ取りにも使えるというわけです。

 

慣れるまでは少し面倒に感じるかもしれませんが、普段からブラッシングとスチームをやっていれば十分な効果が期待できます。

スチームを当てても臭いが気になる場合は、次の方法をお試しください。

 

臭いケア②思いっきり水分を吸わせてから干す

汗をたくさんかいてスーツに吸わせてしまった時にオススメの方法です。

時間がかかる事が最大の短所ですが、スーツは着用したら2~3日休ませるのがベストなので、さほど気になる短所ではないと思います。

 

やり方はブラッシングをした後に、霧吹きで何度も水(ぬるま湯でもOK)を吹きかけるだけ。もう生地がビショビショに濡れるまで吹きかけます。

たっぷり濡らしたら、風通しの良い日陰で干してください。風が吹かないと臭いが飛びにくいからです。

 

この方法は水分を含ませることで生地が吸った汗を吸着し、風で放出させることで臭いを取る事が可能です。

汗は水溶性の汚れですから、生地をたっぷり濡らすことで放出しやすくなるんです。生地へのダメージもほぼないので、夏場オススメの方法です。

 

ちなみに1つだけ注意点があります。

濡らした状態のスーツには、あまり触らないようにしてください(必ずハンガーを持つ)

 

濡れたウールは強い摩擦を受けると繊維が毛羽立ってしまい、まるでカサブタかのように固くガサガサした生地感に変質してしまうからです^^;

これは「フェルト化」という現象でして、この現象の怖いところは一度フェルト化すると二度と元の生地感に戻らないところです!

軽く触れるぐらいは大丈夫なんですが、例えば両手を合わせてスリスリスリ~!みたいな摩擦を受けると危険信号です・・・そんな事は普通ないと思いますが(笑)

 

臭いケア③スーツリフレッシャーを使う

スーツ用の芳香消臭剤で除菌と消臭を行う方法です。

出張先やお手入れの時間が確保できない時の、クイックアプローチとしてお考えになる事をオススメします。基本的にはスチームがベストです。

芳香消臭剤という名前ですが、香り成分を持つ液体を吹きかけるので、結果的に臭いの上書きをしているという事です。

不快な臭いから爽やかな香りに変化しますが、その効果は一時的だと思ってください。

 

ただ少し視点を変えて、すぐに洗う事ができるシャツに使うのも良いかもしれません。

例えば、たっぷり汗をかいた後の脇の臭い予防に使うとか。着替えを用意できなくても、周囲への配慮には十分なり得ます。

 

スーツの臭いを取る3つの方法まとめ

スーツに臭いが付く事は避けようのない事です。

今回は付いてしまった臭いをどう取るか?の部分を中心に書きましたが、もっと良いのは普段からの臭い予防かもしれません。

 

基本的なケアとしてブラッシングを挙げました。

スーツ着用後は毎回ブラッシングをする。これを習慣として徹底される事が一番効果的です。

この記事をキッカケに少しでもやってみよう!と感じてもらえましたら幸いです。

クサいの、ダメ!ゼッタイ^^

 

今日もROAD OF STYLEブログをお読みくださり、ありがとうございます^^

 

 

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。感想をシェアしてくださると更新の励みになります^^