2つのスニーカー結び?オーバーラップとアンダーラップの違い

こんにちは!ROAD OF STYLEブログ管理人のYuukiです。

スニーカーの靴紐の結び方って、あまり気にする事はないかもしれませんが・・・

結び方の違いで足のフィット感が良くなるか、長時間履いていても疲れにくくなる、といった良さの違いがあります。

 

足のフィット感が良くなる結び方が「オーバーラップ」

長時間履いていても疲れにくくなる結び方が「アンダーラップ」です。

個人的にはお洋服の系統や、ライフスタイルに合わせて結び方を変える事をオススメします。

 

そこで今回の記事では、オーバーラップとアンダーラップの違いと結び方について解説していきますね。

ご自身のライフスタイルに合う結び方を考えるキッカケにして頂ければ幸いです^^

 

靴紐の定番的な結び方「オーバーラップ」

オーバーラップは多くのスニーカーで採用されている結び方です。

それゆえに特に意識する事なく、ほとんどの人がこの結び方で靴紐を結んでいるように感じます。

ローテクスニーカーの定番、コンバースのオールスター(写真のスニーカー)にも採用されていますよ!

 

オーバーラップは、靴紐を「シューホールの上から下へ通す」結び方。

スニーカーの締まりが良くなり、足をしっかりとホールドしてくれます。

また靴紐が緩みにくくなるという優位点も持っています。

その為、足が小さくてスニーカーを履くとガボガボしてしまう人や、あえてオーバーサイズのスニーカーを履く時にオススメの結び方です。

 

オーバーラップの結び方

それではオーバーラップの結び方を解説していきますね。

※僕が1年弱履いているオールスターで写真を撮っていますので、靴紐が若干汚れている点はご容赦ください(すいません!)

 

写真では左足を例に順番を解説していきますね。

①まず初めに、つま先側のシューホールに靴紐を通します。写真のようにシューホールの上から靴紐を通します。

シューホールに靴紐を通したら、出てきた靴紐の長さが左右同じになるよう調整しておきましょう。

 

②外側のシューホールから出てきた靴紐を、斜め向かい内側のシューホールに通します。

 

③今度は内側のシューホール(写真のA)から出てきた靴紐を、斜め向かい外側のシューホール(写真のB)に通します。

 

④オーバーラップでは左足・右足共に、内側のシューホールから外側のシューホールへいく靴紐を上に通します。

 

⑤②~④と同じ要領で靴紐を通していきます。

最後のシューホールに靴紐を通す時だけ、シューホールの下から靴紐を通します。

 

⑥最後のシューホールまで靴紐を通し終えたら、仕上げに蝶々結びをして完成です。

以上がオーバーラップの結び方です。

 

足への圧迫感が少ない「アンダーラップ」

オーバーラップと並んでスニーカー結びと呼ばれる結び方です。

アンダーラップという名前の通り、靴紐を「シューホールの下から上へ通す」結び方です。

アンダーラップは足への圧力が小さくなる為、長時間スニーカーを履いていても疲れにくく(足が痛くなりにくく)なります。

 

オーバーラップと比べると靴紐が少し緩みやすいのですが、それを逆手に取ってハイカットスニーカーに採用するのも良し。

着脱の際、靴紐を緩めやすいからです。

ハイカットスニーカーは靴紐を通す回数が多いので、靴紐で足をしっかりホールドしなくても十分にフィットさせられますしね^^

 

他にも普段から長い距離を歩く人や、旅行などで長時間履き続ける場合はアンダーラップで結ぶのが良いでしょう。

僕も5kmくらいだったら電車に乗らずに歩いてしまうので、スニーカーは全てアンダーラップで結んでいます。

甲高なのでオーバーラップだと締め付けが強いな・・・と感じるのも理由の1つ^^;

それとアンダーラップで結んでいる人をあまり見かけないので、人と違って見える点も個人的に評価しています(笑)

 

アンダーラップの結び方

それではアンダーラップの結び方を解説していきます。

せっかくですので、是非お手持ちのスニーカーでお試しになってみてくださいね!

 

①つま先側のシューホールに靴紐を通します。

オーバーラップとは逆で、写真のようにシューホールの下から靴紐を通します。

 

②次は内側のシューホールから出てきた靴紐を、斜め向かい外側のシューホールに通します。

オーバーラップでは先に外側から内側に通すのですが、アンダーラップでは内側から外側に通す点が違いますのでご注意ください。

 

③外側のシューホールから出てきた靴紐を、内側のシューホールに通します。

 

④②~③と同じ要領で靴紐を通していきます。

 

⑤アンダーラップでは左足・右足共に、外側のシューホールから内側のシューホールへいく靴紐を上に通します。

オーバーラップとは逆なので間違えないようお気を付けくださいね。

 

⑥最後のシューホールまで靴紐を通し終えたら、仕上げに蝶々結びしましょう。

 

これがアンダーラップで靴紐を結んだ状態。つま先側の靴紐が下を通っていて、若干スッキリ見える印象です。

オーバーラップはスポーツスニーカー的な印象や学生さんっぽい印象がありますが、アンダーラップは大人のお洒落履き的な印象です。

上質なレザースニーカーや、コート・ジャケット等の上品なスタイルの時に使いたい結び方です。

 

ちなみに「これで本当に足への圧力が小さくなり、疲れにくくなるの?」という疑問を、実際に10km近く歩いて検証しました。

個人的な体感ですけど「アンダーラップの方が全然ラク」でしたよ!

オーバーラップだと5kmくらい歩いたら、足の甲周りが締め付けによって痛く感じてきたのですが、アンダーラップではさほど痛みを感じませんでした。

足の疲労も残りにくかったので、甲高でたくさん歩く方にはアンダーラップが相性良さそうです^^

 

ライフスタイルに合わせて結び方を変えよう

オーバーラップとアンダーラップには、それぞれの良さがあります。

足のフィット感を重視するならオーバーラップ、足の締め付けを和らげて疲れにくくしたいならアンダーラップがオススメです。

ご自身のライフスタイルに合わせて使い分けてみてくださいね!

 

ちなみにスニーカーのソールも修理できるってご存知ですか?

つま先・かかとが斜めにすり減ってしまっても、ソールに穴が開いてしまっても実は修理できるのです。

ソール修理の体験談を書いていますので、スニーカーを長く履き続けたい方は必見ですよ!

※参考:スタンスミスのソール(靴底)は修理できる!ミスターミニット体験談

 

今日もROAD OF STYLEブログをお読み下さり、ありがとうございます^^

 

 

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方が多くなると更新の励みになります^^