VBC(カノニコ)のRUSTIC TROPICALは春夏ビジネススーツにオススメです

こんにちは!お洋服ブロガーのYuukiです。

ヴィターレ・バルベリス・カノニコ(VBC)の春夏スーツ生地の定番クオリティーの1つ、

「RUSTIC TROPICAL(ラスティックトロピカル)」

熱や湿気が逃げやすい生地感で、夏場着ていても快適な着心地が得られるスーツ生地です。

 

ベーシックな色柄が多い為、ビジネスで人と会う際に着るスーツとして非常に使いやすいです。

頻繁にスーツを着る方はもちろん、スーツは月に数回しか着ないフリーランスの方も、1着は仕立てる事をオススメしたい生地です。

そこで今回はラスティックトロピカルの特長と、どんな色柄があるのか?写真でご紹介していきますね。

 

RUSTIC TROPICAL(ラスティックトロピカル)について

主に春夏向けのスーツ・トラウザーズ生地として展開されているクオリティー。

21(トゥエンティーワン)マイクロンウールという、太い原毛で作った糸で織られています。

 

ちなみにラスティックというのは「素朴な、飾り気のない」という意味。

名前が示す通り、生地には光沢感があまりなく、ざらっとした手触りをしています。

その中でもグレーやブラウン系の生地はヴィンテージ感を感じさせる表情ですので、ベーシックだけど一味違うスーツをお求めの方にオススメです^^

 

こんな人にオススメです!

  • カジュアル感があるスーツをお探しの方
  • カチっとし過ぎていない生地感がお好きな方
  • 仕事で外回り・移動が多い方
  • シワの回復力が高いスーツが欲しい方
  • 暑がりな方
  • スーツスタイルだけではなく、上下バラバラでも使いたい方

 

特長①21マイクロンウール・強撚糸

太い原毛で作った糸で織られている為、生地の織り目がハッキリしています。

その為、適度なカジュアル感を持っており、ノーネクタイのクールビズスタイルでもだらしなく見えません。

またジャケパンスタイルにも使いやすい生地感ですので、ネイビー系は単品ジャケット、グレー系は単品トラウザーズとしても応用が利きます。

※参考:21マイクロンウール解説。Super表記ウールとの良さの違い

 

また強撚糸(きょうねんし)と言って、通常より強い撚(よ)りをかけた糸で織られています。

その為、生地の安定性に優れており、着用によるシワもある程度は自然に回復してくれます。

生地感は少しざらっとしているので肌にベタつきにくく、さらに肌離れも良い為、汗ばんでもチクチクするような感触はありません。

 

特長②重量240gms(無地は250gms)

スーツ生地としては軽量な部類で、主に春夏シーズンの着用に向いています。

今は温暖化の影響で残暑が長引く傾向ですので、4月~10月末くらいまで対応可能です。

 

ちなみに無地のみ重量250gmsで、さらに天然のストレッチ性も持っています。

車や電車などの長時間移動の際も、ラクな着心地で快適ですよ!

 

特長③平織りで通気性が高い

糸と糸の間に空気を通す隙間ができやすい為、熱や湿気が逃げやすいです。

熱が外に逃げる事で涼しい着心地が得られます。

その為、夏場外回りの移動が多い時でも着やすいです。

 

湿気が外に逃げる事で、生地が元の形に戻ろうとする性質(ウールの呼吸作用)が働き、スーツの型崩れを防いでくれます。

お客様のオフィスに着いても、スーツがヨレヨレだとみっともない印象ですが・・・

ラスティックトロピカルのスーツであれば、きちんと感がキープされて安心です。

 

ラスティックトロピカルのラインナップ(2020年春夏)

2512-8161:ミディアムグレー地に2.5cmピッチのグレーストライプ

 

2512-8162:ネイビ―地に2.5cmピッチのブルーストライプ

 

2512-8157:ネイビー地にブルーのオーバーチェック

 

2512-8158:ブラウングレー地に同系色ウインドーペン

 

2512-8159:ブライトネイビー地にブルーウインドーペン

 

2512-8155:ダークブルーグレーのグレンプレイド(グレンチェック)

※仕上がりイメージ:ブルーグレーのグレンプレイド柄のスーツを製作しました!(VBCフレスコ生地)

 

2512-8153:ブルー地に2cmピッチの白ストライプ

 

2512-8078:白っぽいライトグレー無地

 

2512-8077:石ころみたいなライトグレー無地

※仕上がりイメージ:春夏秋のスリーシーズン着られるグレーフレスコスーツ

 

2512-8076:ミディアムグレー無地

 

2512-8075:暗めのミディアムグレー無地

※仕上がりイメージ:股上が深いトラウザーズ(スラックス)は野暮ったい?スタイル良く見える?

 

2512-8100:ブラウングレー無地

 

※グレー無地とブラウングレー無地の比較

 

2512-8073:ブライトネイビー無地

 

2512-8160:ネイビー無地(メランジ調)

 

2512-8072:ネイビー無地

 

※ネイビー無地の比較

 

さらに軽いSPORTY TROPICAL(スポーティートロピカル)

ラスティックトロピカルと同じ平織りですが、重量220gmsと軽量化されており、より盛夏向けに特化しています。

こちらもメランジ(霜降り)調の表情で、カジュアル感のあるクールビズスタイルを楽しむのに持ってこいです。

 

こんな人にオススメです!

  • ヴィンテージライクな雰囲気がお好きな方
  • リネンのようなざらっとした素材感がお好きな方
  • 着ていて涼しいスーツをお求めの方
  • カジュアルセットアップが欲しい方

 

スポーティートロピカルのラインナップ(2020年春夏)

2512-8135:ブラウングレーのグレンプレイド

 

2512-8137:ネイビーグレンプレイド

 

2512-8131:グレー×黒ハウンドトゥース(千鳥格子)

 

2512-8133:ブルーグレー×ネイビーハウンドトゥース

 

2512-8134:ブルー×ネイビーハウンドトゥース

 

2512-8128:ミディアムグレー無地

 

2512-8129:ブライトネイビー無地

 

2512-8130:ネイビー無地

 

※ハウンドトゥースと無地の比較

 

春夏のビジネススーツには「RUSTIC TROPICAL」

VBCのスーツ生地の中で、特に春夏に着用しやすい生地感のラスティックトロピカル。

ビジネスで人と会う際に着るスーツとして非常に使いやすいので、1着は仕立てられる事をオススメします!

 

個人的にオススメしたいのは、やはりグレー無地。

ヴィンテージ感を感じさせる風合いと、単品トラウザーズでジャケパンへの応用もできる点が便利ですからね^^

たまにしかスーツを着ないという方は持っておいて損はないですよ!

 

今日もROAD OF STYLEブログをお読み下さり、ありがとうございます^^

 

 

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。感想をシェアしてくださると更新の励みになります^^