ネクタイのノット(結び目)を上向かせて、Vゾーンを立体的に見せる方法

こんにちは!ROAD OF STYLEブログ管理人のYuukiです。

スーツスタイルにおいて、ネクタイの存在はとても大きいと思います。

キレイに締められていればVゾーンが美しく見え、エレガントな印象を感じられます。

逆にノットが緩んでいたり、ペタンコに潰れてしまっていると、ルーズで貧相な印象を感じてしまいます。

 

ネクタイを締める事は、装いの最後の仕上げのようなもの。

だらしなく見られないように意識したいものですね^^

 

さて今回はそんなネクタイの締め方についてですが、ちょっと着眼点を変えて「ノットを上向かせる方法」について書いていきます。

Vゾーンは立体感がある方がエレガントで良いとされていますので、着用場面やスタイルに応じて取り入れる事をオススメします。

 

ネクタイのノットを上向かせる効果

今回ご紹介する方法でネクタイのノットを上向かせると、以下のような効果が得られます。

  • ネクタイが立体的に見える(Vゾーンに立体感が出る)
  • ディンプルがより美しく見える
  • 生地のツヤ感がキレイに見える

 

①Vゾーンに立体感が出る

ノットが上向く事でVゾーンに立体感が生まれて、優雅な印象に見えます。

ネクタイは身なりを正す役割を持っていますが、Vゾーンに立体感を持たせる事は、ネクタイの「装飾品」としての側面を強調する効果があります。

ですので、結婚式のようなドレスアップする事が望ましい場面で、積極的に取り入れる事をオススメします

 

ちなみに見た目の雰囲気はタブカラーシャツや、カラーピンでネクタイを浮かせた時と似ています。

 

出典:Vゾーンの流儀|「クラシック回帰」 Drake’s tie | ISETAN MEN’S の「Vゾーンの流儀」~ネクタイとシャツが印象を変える~ | FEATURE | 伊勢丹新宿店メンズ館 公式メディア – ISETAN MEN’S net

タブカラー:シャツの襟と襟の間にループとボタンが付いており、襟を留められるようになっている。ノットが持ち上がるのでVゾーンに立体感が生まれます。

 

出典:カラーピン(カラークリップ)徹底解説【おすすめ人気ブランドから使い方まで】 | VOKKA [ヴォッカ]

カラーピン:シャツの襟に取り付け、ネクタイのノットを浮かせるアクセサリー。レギュラーカラーやロングポイント、ボタンダウン等、使える襟型が限られます。

 

②ディンプルが美しく見える

ノットが上向く事でディンプルも持ち上がりますので、光が当たりやすくなって陰影がハッキリします。

ちなみにディンプルは、ボトルシェイプや剣先が太いネクタイの方がくぼみが大きくなりやすいです。

 

③生地のツヤ感がキレイに見える(襟のロールも?)

ディンプルと同様に、ネクタイの生地のツヤ感もキレイに見えやすくなります。

写真だと左はノットを上向かせた状態、右は通常通りに結んだ状態です。

見比べていると、何となくですが襟のロールも大きくなっているように見えますね。

 

・・・といった具合に、全体的に装飾品としての見せ方を強調する効果がある点をお分かり頂けたと思います。

それではノットを上向かせる方法について解説していきますね。

 

ネクタイのノットを上向かせる方法

①まずはネクタイのノットを結び、高さを調整すれば完成という状態にします。

写真はプレーンノット(フォアインハンド)で結んでいます。

 

②ノットを内側(自分の身体の方)にツイストさせます。

 

首周りの輪っかにノットをくぐらせるイメージです。

 

こんな感じです。剣先まですべてくぐらせましょう。

 

③ノットをツイストさせると、写真の黄色い〇部分が捻じれます。

この捻じりがノットを上向かせるように引っ張りあげてくれるというワケです。

 

④ツイストの回数は「2回」がオススメです。

捻じれた部分がコンパクトに収まるので、襟の羽根を降ろした時に膨らみが出にくいです。

 

※一応デメリットを挙げておくと、ネクタイにたくさんシワが入る点です(捻じってますからね^^;)

ネクタイのシワを伸ばすには、ハンカチ等の当て布をしてからアイロンのスチームを当てましょう。

アイロンでプレスするとネクタイの立体感が損なわれてしまうので、スチームで根気よくシワを伸ばすようにしてください。

 

⑤ツイストできたら、ノットの高さを調整します。ノットが上向きましたね!

 

ノットをツイストさせる回数で、上向く角度を変える事ができます。

個人的には1回では物足りない感じがするので、2回をオススメしています。

 

⑥襟の羽根を降ろします。

 

極端な膨らみが出ていなければOKです。

分厚い芯地が入っていたり、ウール、カシミヤ、デニムなどの厚みがある生地だと、膨らみやすいので難しいと思います。

そもそもこの方法はドレスアップしたい時に使う事が望ましいので、カジュアルな素材感のネクタイで使う事はあまりないハズです。

 

着用場面やスタイルに応じてノットを上向かせよう

今回ご紹介した方法は、Vゾーンに立体感を持たせる1つの方法です。

お仕事の後、そのまま結婚式の二次会に行かなければいけない・・・

といった時に、くるくるっとツイストさせてドレスアップするのも粋ですね!

ぜひご自身のライフスタイルに合わせて取り入れてみてくださいね。

 

今日もROAD OF STYLEブログをお読みくださり、ありがとうございます^^

 

 

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方が多くなると更新の励みになります^^