喪服の仕立て、生地やボタン・裏地はどうする?弔事用スーツ製作メモ

STYLE MAKING

こんにちは!お洋服ブロガーのYuukiです。

父が永眠した日からちょうど1か月が経ちました。毎朝、祭壇にお線香をあげたり、お供え物のお膳を用意しています。

その傍ら、役所関係の手続きや保険・相続等の手続きをほとんど終え、次はお墓をどうしようか?というところ。

こうして振り返るとあっという間の1か月でした。

 

さて、こうしたライフイベントがあったので、喪服の仕立てを検討しております。

これから法事等で着る機会が出てきますし、必要な時に毎回レンタルするのも大変ですしね(汗)

という事で今回は備忘録も兼ねて、喪服の仕立てについて書いていきます。

 

喪服の仕立てについて

一般的に冠婚葬祭はブラックスーツが1着あればいい。

と言われていますが・・・

結婚等の「よろこびごと(慶事)」と、葬儀等の「かなしみごと(弔事)」に着ていく服装は、

どう考えても一緒にしてはいけません^^;

 

まあ大企業や公的組織等の慶事・弔事でない限り、指摘を受ける事はあまりないと思いますが・・・

慶事ではお祝いする相手への礼儀。弔事では哀しみの心を表すことが求められます。

慶事用と弔事用をそれぞれ揃えておくのが社会人の常識でしょう。

 

弔事用は「お通夜、告別式、三回忌などの法事」で着用します。

お通夜はダークスーツでも可ですが、正式な葬儀となる告別式には喪服が必要です。

ですから弔事用は喪服を揃えるほうが良いでしょう。

それでは喪服の仕立てについて書いていきますね。

 

(※ご案内:画面を明るく調整していただくと、後の写真が見やすくなりますよ^^)

 

①喪服の仕立てに選んだ生地

今回選んだのは漆黒のタキシードクロス。児玉毛織の定番生地です。

喪服に使う生地は「ツヤ感がないマットな漆黒」を選ぶようにしましょう。

 

素材はウール100%、1m辺りの重量350~390gmsとしっかりとした生地です。

高密度な織り地で仕立て映えしますし、撥水・静電防止加工で汚れがつきにくいです。

秋冬用とありますが、お通夜は夜ですし、葬儀や法事は室内ですので僕は問題ないと捉えています。

 

ちなみにウールは熱伝導率が低いので、外気の暑さや寒さが伝わりにくいです。

それよりもインナーが透けない生地感であること、長時間座ってもシワになりにくいことを重視しました。

 

白いハンカチを当てていますが全く透けていません。しかし春夏用の薄い生地だと・・・

 

うっすらと白色が透けてしまいます。

Yuuki
Yuuki

僕はインナーが透けるのは抵抗があるので、この生地はないなぁと思いました^^;

 

ちなみにタキシードクロスは朱子織(しゅすおり)

ディナージャケット(タキシード)用と思うかもですが、礼服にも使える生地ですよ。

ツヤ感があればモーニングコートやディナージャケットに。ツヤ感がないマットな生地感であれば弔事用にも使えます。

 

これはスーツ用と礼服用の比較です。

イメージはリクルートスーツの黒と、喪服の黒といったところ。

同じ黒色でも「発色の深さ」がこんなに違うんですね。

葬儀会場で浮いてしまうので、礼服用の生地を選ぶようにしましょう。

 

補足:児玉毛織について

高級フォーマルのトップメーカーとして、礼服地を製造している児玉毛織。

「終始一貫して価値ある高級服地の創造に努力すること」を企業理念に、高級服地に取り組んでいます。

 

1917年創業と長い伝統の技術に支えられつつ、先端技術を使った新しい素材の開発にも注力。

ほこりのつきにくいタキシードクロス、シワになりにくいモヘアバラシア、究極の黒を追求したウルトラブラック等の製品を開発しています。

これらの生地はとても仕立て映えが良く、テーラーや海外のラグジュアリーブランドにも高く評価されていますよ。

 

②喪服用に選んだボタンと裏地

ボタンはナットボタンを選びました。

ウォールナットという家具等にも使われる木のボタンですね。

本水牛も良いのですが、ナットのほうが生地に馴染んで見えました。

弔事では光りものは避ける必要があるので、貝ボタンや七宝ボタン、メタルボタンは使えません。殺生を連想させる革ボタンも控えましょう。

 

裏地はポリエステルの黒無地。

「え?キュプラじゃないの?」と思う人もいるかもですが、光沢が強いので弔事用にはオススメしかねます。

ポリエステルのほうが光沢が控えめで、表地のマットな生地感と合いやすいです。

 

「裏地はキュプラが良い」という意見は別に間違いではないです。

かと言って、すべての生地や用途に対してベストというワケでもないんです。

 

③喪服なので「ノーベント」に

フォーマルウェアで重要なのは「ノーベント」

つまりジャケットの後ろ裾に切れ込みを入れないという事です。

そしてベントを入れない時の問題は、腰囲(裾周り)のフィッティング。

 

出典:ビジネスは第一印象が重要!好印象を得るための「着こなし」

ジャケットの腰囲が不足していると、写真のようにベントが開いてしまいます。

これはエレガントではないですよね・・・

もし腰囲が不足したままノーベントにしてしまうとどうなるか?

 

出典:お葬式やお通夜の服装~スーツやコートNGポイント

ジャケット前側の裾がガバーっと開いてしまったり、打ち合いやラペルが変に浮いてシワくちゃになってしまいます。

ノーベントで仕立てる時は、腰囲が適正か?をチェックしておきましょう。

 

※念のため補足しておくと、ベントを切っても問題はないです。

最近はディナージャケットやディレクターズスーツに、ベントを切るケースも増えていますしね。

きちんと正統派の装いをするか、現代的にストレッチした装いをするか。

1人1人が取捨選択する時代かなと思います。

 

それでは出来上がったらご報告します!

以上、喪服の仕立てについてのメモでした。

今までは喪服を着る機会がなかったのですが、突然必要になるタイミングが来るのが人生。

僕は父の永眠というライフイベントがキッカケとなりました。

 

社会人として相応しい振る舞いをする為に。

慶事用と弔事用をそれぞれ揃えておくようにしましょう。

 

最後までお読みくださり、ありがとうございます^^

 

 

スポンサーリンク
内容が良かった!役に立った記事は、シェアしていただけると嬉しいです^^
ROAD OF STYLE

コメント

タイトルとURLをコピーしました