ドラクエ6のキラーマジンガから学ぶ、心が折れそうになった時に大事なコト

出典:ドラクエ6 キラーマジンガ戦(全滅)1 – YouTube 

こんにちは!ROAD OF STYLEブログ管理人のYuukiです。

仕事やお金等の問題で行き詰まり、心が折れてしまいそうになる時ってありますよね。

落ち込まずに前を向いてすぐ行動できれば良いのに・・・と思いませんか?

実は、そんな時でも解決に向けて一歩前進しているものです。なぜなら失敗を通じて成長しているから。

 

そこで今回の記事では、僕が国民的RPGドラゴンクエストで学んだ、心が折れそうになった時に大事なコトを書いてみました。

記事を読み終えると、もう一度やってみようという勇者の心が湧き上がりやすくなりますよ。

 

ドラクエ6のキラーマジンガとは

ドラクエ6のトラウマモンスターと言えば、「キラーマジンガ」を思い浮かべる人は多いと思います。

本来はクリア後のお楽しみダンジョンに出現する雑魚モンスターですが・・・

ストーリー中盤で船が海底に潜れるようになった時、とある海底宝物庫で戦えるんですよね!

 

出典:ドラクエ6 キラーマジンガ戦(全滅)1 – YouTube 

ここに来られる時期だと、転職でいろんな特技を覚えていて、プレイヤーは主人公たちの強さに自信が付いている頃です。

で、見た目も「普通の兵士」なので楽勝!

 

出典:ドラクエ6 キラーマジンガ戦(全滅)1 – YouTube 

と思いきや・・・?

シリーズで初めて見かけるモンスターが登場。

 

出典:ドラクエ6 キラーマジンガ戦(全滅)1 – YouTube 

「ちょっ待てよ(;・ω・´)o!!」

いきなりブッ飛ぶようなダメージ!攻撃力はラスボスより高いんです。

しかも、弓矢とはげしい斬り付けは通常攻撃の1.25倍のダメージ^^;

 

出典:ドラクエ6 キラーマジンガ戦(全滅)1 – YouTube 

効果の薄い補助呪文を使うといった無駄行動は一切なし。

毎ターン2回行動で猛攻してきます(アモスさ~ん、泣)

 

出典:ドラクエ6 キラーマジンガ戦(全滅)1 – YouTube 

あえなく全滅。そして教会へ・・・

 

出典:ドラクエ6 キラーマジンガ戦(全滅)1 – YouTube 

という風に、大抵の人は初見殺しされたと思います(もちろん僕も、泣)

隠しボスならまだしも、ポッと出のキラーマジンガは多くのプレイヤーにトラウマを植え付けた事でしょう。

 

人生にもキラーマジンガのような強敵はいる

ストーリーが中盤に差し掛かり、転職でいろんな特技を覚えて強くなってきたなぁ!という自信を、いとも簡単に粉砕してくれるキラーマジンガ。

「ちょっとできるようになったからって調子に乗るな┗(`・ω・´)┛」

とでも言わんばかりに。

ある意味、社会の厳しさを教えてくれる先生のような存在だと僕は思うんですね。

 

人生をドラクエ6のストーリーに例えると・・・

社会人になるまで → ムドーを倒すまで(倒すとダーマ神殿復活)

社会人になる → ダーマ神殿で転職(戦士とか商人とか)

仕事でスキルや知識が身に付く → いろんな特技・呪文を覚える

みたいな感じかなと。

 

ドラクエ6のストーリー中盤は、人生だと社会人になって5年目とか、20代後半でそろそろ結婚したいなって考えるくらいの時期。

社会人としても、1人の大人としても自立して自信が付いています。

 

そんな時に現れるのがキラーマジンガのような強敵。

これは人によっては合わない上司だったり、結婚を約束していた彼女にフラれたり、独立したけど軌道に乗らなかったりと様々です。

今の自分ではすぐ解決できない問題・悩み。それに何も手が打てずに打ちのめされてしまう。

「もう終わりだ・・・人生失敗した」って心が折れてしまうかもしれません。

 

キラーマジンガ、どうやって倒しました?

ところであなたはキラーマジンガをどうやって倒したか?覚えていますか。

 

ちなみに海底宝物庫に行けるようになる時期は、大体レベル28くらい。

デスタムーアに仕える四大魔王の一人、グラコスを倒した後くらいです。

このレベルで何も知らずにキラーマジンガと対峙すると、もちろん瞬殺されてしまいます。

どうやって倒したか思い出せましたか?

 

  • 一旦諦めてストーリーを進め、もっと強くなってから倒した
  • スカラ、スクルトで守備力を上げまくって猛攻に耐えた
  • マダンテでブッ飛ばした
  • うけながしで攻撃を跳ね返して倒した
  • バイキルト → せいけんづきでゴリ押し
  • 前衛はだいぼうぎょ、後衛はきせきのつるぎではやぶさぎり
  • 倒せるまで何度もリトライし続けた

他にも倒し方はあると思いますが、こんな感じでしょうか。

 

ドラクエ6発売の1995年。僕は小学生だったので、スカラとバイキルトの補助呪文をかけてゴリ押しでした(結局ほぼ無策、笑)

そして、倒せるまで何度も何度もリトライし続けました。

 

何度倒されても、もう一度起き上がればいい

今振り返って思うのは、

キラーマジンガに瞬殺されてもまたすぐにチャレンジできるか?これに尽きると思うんですよね。

非常にベタですが、あきらめたらそこで試合終了なワケです。

 

そして再チャレンジする度にキャラを変えたり、装備や戦い方を変えたり、レベルを上げたり、いろいろ工夫されたと思います。

その甲斐あってキラーマジンガを倒した時、めちゃくちゃ達成感ありましたよね?^^

人生のキラーマジンガも倒し方は同じではないでしょうか。

 

「もう終わりだ・・・人生失敗した」って心が折れる事はたくさんあります。

僕はたくさん折れても良いと思います。

 

人生のキラーマジンガと勝負する時、みんな勝つイメージ、成功しているイメージを持って勝負に臨みます。

それでも失敗してしまう。自分にイメージできなかったことが起きたワケです。

だからこそ成長できるんですよね!

「ここが足りなかった」「こういうところに気が回っていなかった」と気付ける。これが成長です。

 

心が折れてしまうのは、あなたが勝負に臨んだから。それってすごい事ですよ!

そして気持ちがなかなか前を向かない。そういう時もあります。

それって勝てるイメージ、成功しているイメージがわからないからじゃありません?

 

でも大丈夫!あなたは勝負に臨む前より成長しています。

それに人生のキラーマジンガを倒した人の話を聞いたっていいんですよ。

そうして足りなかった事や見えていなかった事に注力すれば、次の勝負は勝てるのではないでしょうか。

※参考:“今の”実力では達成困難な事ができるようになる。それが成長です

 

ドラクエ6のキラーマジンガから学ぶ、心が折れそうになった時に大事なコト

人生のキラーマジンガに出くわして何度倒されても大丈夫。もう一度起き上がればいいんです。

勝負に臨んだ分、あなたは成長しています。足りなかった事に気付く事ができます。

だから、まずは「起き上がる」ところからやってみましょう!

 

・・・GWもずーっとステイホームでした。

そんな中ふと思い出してキラーマジンガの動画を観た時に、そういや子供の時は何回も何回もリトライしてたなぁって思い出したんです。

圧倒的な火力でボッコボコにやられるのに、何クソ!とすぐリトライ。

勝てそうもない、今のレベルじゃ無理だ!って思っても、気が済むまでやり続けてたんですよね~

 

大人になってから足りてないのってそれだよなぁ~って思う今日この頃です(笑)

 

P.S.出典で使用させて頂いた画像は、こちらの動画のスクリーンショットです。

瞬殺されて悔しい気持ちを燃やしたい方はぜひご覧になってみてくださいね!

 

今日もROAD OF STYLEブログをお読みくださり、ありがとうございます^^

 

 

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方が多くなると更新の励みになります^^

    コメント

    1. ケロ より:

      キラーマジンガ、懐かしいですね。
      たしか、グラコスを倒したのがLv27でした。たまたま見つけた宝物庫で速攻全滅したのを覚えています。
      天馬の塔をクリアしたあたりで挑んで、何とか勝ちました。それでもちょっとキツかったですね……。

      社会人になってキラーマジンガ×4くらいの難関に出くわした時もありましたが、七転び八起きで何とか頑張っています。

      • Yuuki より:

        ケロさん、初めまして^^
        コメントありがとうございます!

        グラコスを倒すのが大体それくらいのレベルですよね~
        あのレベルでキラーマジンガの高火力は、本当にハンパなかったですねΣ(^∀^;)
        僕はデュラン戦の前座、キラーマジンガ&ランドアーマー戦で勝てた後に倒しに行きました(笑)

        キラーマジンガ×4とか、想像するだけで冷や汗かきます・・(;´Д`A)
        乗り越えて、また壁にぶつかって、また乗り越えての繰り返しですよね。
        これからもお互い頑張ってまいりましょう^^b

        P.S.
        コメント嬉しかったです&めっちゃテンション上がりました(笑)