ブレザーが1着あると助かる説。ブレザーとスーツの違いも解説

STYLE MAKING

こんにちは!お洋服ブロガーのゆうきです。今回の記事は、

  • ブレザーとスーツの違いは何?
  • ブレザーは幅広く使えるの?
  • スーツの上着(ジャケット)を着回すのはおかしい?

という疑問をスッキリさせられる記事になっています。

 

今回はブレザーとスーツの違い、ブレザーがどんな場面で使えるかを解説します。

この記事を読むと、スーツだと固すぎる時に何を着ていけばいいのか?悩まなくなりますよ^^

 

 

ブレザーとスーツの違いについて

ブレザーは「ボートスポーツから生まれたジャケット(上着)」

のちに軍の制服に採用された事もあり、フォーマルシーンでも着用できる万能ジャケットと言われています。

ネイビー無地の生地で仕立て、金のメタルボタンが付いているものが本格的です。

 

スーツは「同一の生地で仕立てたジャケットとトラウザーズのセット」

ジャケットとトラウザーズは一対いっつい。2つ揃って1組の衣服となります。

スーツはジャケットだけ、トラウザーズだけと、単品で着る作りではありません。

それに対しブレザーは単品で着用し、グレースラックスやベージュチノなどを組み合わせます。

 

ブレザーとジャケットの違い

ジャケットは「袖付きの上着」の総称です。

例えばテーラードジャケット、ライダースジャケット、ダウンジャケットなど。

ジャケット → テーラードジャケットの中にブレザーが含まれます。

 

スーツのジャケット単品はおかしい?

スーツのジャケットはトラウザーズと合わせて着る前提のシルエット。

その為、スーツのジャケット単品で着るとバランスが悪く見えます^^;

トラウザーズがダメになったという理由で、スーツのジャケット単品を使いたい場合は、お洋服のお直し屋さんに相談してみましょう。

 

ただサイズ感をクリアできたとしても、単品着用に違和感がある生地だったらコーディネートが難しいのも事実です。

やはりスーツは上下一対で着る。ジャケパンはブレザーのような単品ジャケットで。

これがスマートな装いでしょう。

 

ブレザーを1着持っておくと助かる理由

普段からスーツを着る人も、たまにしかスーツを着ないという人でも、ブレザーは1着持っておくと非常に便利です。

それは「スーツだと固すぎる場面や行き先にも柔軟に対応できる」という優位点をブレザーが持っているからです。

具体的な理由を次から挙げていきますね。

 

①幅広い着こなしに使えるから

スーツはビジネスやフォーマルシーンでの着用が主となり、カジュアルやスポーツシーンの着用には不向きです。

ブレザーはシャツ・ネクタイを合わせればビジネス・フォーマル(慶事)OK。

Tシャツやポロシャツ等を合わせればカジュアル・スポーツOKと幅広い着こなしに使えます。

 

②いろんなボトムスと合わせられるから

ブレザーが幅広い着こなしに使えるのは、合わせるボトムスを自由に選べるからです。

例えば、

  • グレースラックス → ビジネスシーンの装い
  • ベージュチノ → 社内会議など、ビジネスカジュアルの装い
  • 白コットンパンツ → スポーツ観戦や普段のカジュアルに
  • デニムパンツ → 普段のカジュアルや旅行に
  • バミューダショーツ → スクールテイストのカジュアル、スポーツする時に

 

出張で取引先と商談する時はグレースラックスで臨み、ホテルにチェックインしたらデニムに穿き替える。

といった着回しがブレザー1着で可能です。

 

③幅広い場面に着ていけるから

「着こなしの幅広さ = 着ていける場面の多さ」に繋がります。

ブレザーを持っていると幅広い場面で役に立ちますよ。

以下、ブレザーが使える事例を挙げますね。

 

ドレスコードがあるレストランに行く時

恋人との記念日やX’masディナー等で、ホテルの高級レストランを利用する時に使えます。

お店によってはドレスコードが設けられており、Tシャツや短パン、サンダルといった軽装では入店拒否される場合があります。

もちろんスーツでも大丈夫ですが、例えば新婚旅行に持っていきますか?

 

ゴルフをしに行く時

仕事仲間や取引先の人と「そうだ!ゴルフ、行こう」となった時に便利です。

ゴルフ場によって服装のルールは異なりますが、基本的にはブレザー(上着)の着用が指定されています。

紳士のスポーツであるゴルフをやるなら、紳士的な装いを心掛けましょう。

 

旅行の上着に

ブレザーは幅広いコーディネートができる為、旅行の上着にも便利です。

飛行機の中ではシャツとコットンパンツで上品に。

観光地を巡る時はTシャツとデニムで動きやすく。変幻自在です。

 

スーツだと固すぎる時に

異業種交流会に参加する時や、スーツを着ない職種の人(保育、福祉、エンジニア等)と会う時、婚活などで女性と会う時にもオススメです。

こうした場面では、スーツのきっちり感が心理的な距離感を作ってしまうかも?

あえてブレザーを着るほうが心理的な距離感が遠くなりすぎないでしょう。

 

以上がブレザーを持っておくといい理由です。

「着こなしの幅広さ = 着ていける場面の多さ」に繋がっているのです。

 

大人はブレザーを1着持っておこう

ブレザーは幅広い着こなしができる万能ジャケット。

いろんな場面や目的に応じて、柔軟に着こなしを変えられるのが最大の魅力です。

 

ブレザーが1着あれば、スーツだと固すぎるという場面がきても安心!

普段からスーツを着る人も、たまにしかスーツを着ないという人でも、ブレザーは1着持っておくといろいろ助かりますよ^^

 

 

最後までお読みくださり、ありがとうございます^^

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました