男性に贈るプレゼントに|ネクタイピンの選び方ガイド

QOL向上

こんにちは!お洋服ブロガーのYuukiです。今回の記事は、

  • ネクタイピンをプレゼントするか迷っている
  • 男性が使いやすいネクタイピンはどんなもの?
  • 色・形・デザインごとのオススメを知りたい

という女性のお悩みをスッキリさせられる内容にまとめています。

 

僕はラグジュアリーブランドでの接客経験があり、毎日プレゼントをお探しされている女性のいろんなお悩みを伺ってきました。

さらにスーツを仕立てるフィッターも経験していますので、男性の「こういうのが欲しい」という声もたくさん伺っています。

 

今回の記事は、そういった経験をもとにネクタイピンの選び方を解説しています。

この記事を読むとプレゼント用のネクタイピンを選びやすくなりますよ^^

 

 

ネクタイピンは嬉しいプレゼントです

ネクタイピンは実用性が高いので、もらえると嬉しい小物です^^

毎日仕事でスーツを着る人はもちろんですが、たまにしかスーツを着ないという人にもオススメですよ。

と言うのも結婚式やお子様の卒業式等のハレの日に、ネクタイピンでドレスアップできるから。

ですので男性からすると「あると嬉しい」小物なんです。

 

また男性に伺うと「ネクタイピンいいなぁ~って思うけど、余裕があれば欲しいかな」という意見が多いです。

スーツって揃えないといけない物がたくさんあって、1着揃えるだけでもおカネがかかるからです^^;

だからこだわりがある人じゃない限り、自分でネクタイピンを買う男性は少ないんですね。

こうした理由があってネクタイピンのプレゼントは喜ばれやすいです。

 

ネクタイピンをプレゼントで贈る意味

ネクタイピンは心臓の近くに身に着ける事から「お守り」の意味を持っています。

さらにネクタイは勝利を象徴する小物ですから「勝利を離さない」という意味もあります。

そういった観点から「あなたの勝利を願っています」という応援の気持ちを込めて、ネクタイと一緒に贈る人もおられますね。

 

勝利は仕事の目標達成、就職の内定、資格試験、結婚のお祝い等いろいろあります。

ですので「具体的に何を応援しているのか?」

一言添えてあげると、ポジティブに受け取ってもらいやすいです。

言葉で伝えるのが恥ずかしい人はメッセージカードを添えましょう。

 

ネクタイピンの種類を知っておこう

ネクタイピンには代表的な3つのタイプがあります。

  1. タイクリップ
  2. タイバー
  3. タイタック

お仕事向きじゃないタイプもあるので確認しておきましょう。

 

一般的にネクタイピンとは「タイクリップ」を指します。

バネの力でネクタイとシャツを挟むタイプで、ネクタイに穴を開けないので使いやすいです。

仕事や結婚式等の冠婚シーンにも使える万能タイプですので、これが欲しいという男性が多いです。

 

出典:シルバークリップネクタイピン(タイバー)

タイバーはバネがなく、金属のみでネクタイとシャツを挟むタイプです。

すっきりシンプルな見た目が魅力。タイバーも仕事・冠婚シーン共に使えます。

タイクリップより置いてるお店が少ないところが玉にキズ。

 

出典:スワロフスキーのホワイトパール風のタイタック

タイタックは座金ざがねの押さえが付いたもので「ネクタイに針を刺して」シャツの内側で固定するタイプです。

これはプレゼントにはオススメできかねます。

礼服用で使える場面が少ないのと、そもそもこれが何なのか?男性がわからない場合もあるからです^^;

 

プレゼントを受け取る男性目線で考えると、タイクリップかタイバーが良いですね。

 

男性に喜ばれるネクタイピンの選び方

ここからはネクタイピンの色・形・デザインの視点で解説していきます。

  • 受け取った男性が使いやすいか?
  • 実際にスーツ・ネクタイと合わせやすいか?

という視点で解説していますので参考にされてくださいね。

 

①色:使い回しがしやすい色を

最も使い回しがしやすい色は「シルバー」

清潔感がありますし、腕時計やベルトと色を揃えやすいのでコーデもカンタン。

着けられる場面や職種にほとんど制限がないので、最も使い勝手が良いですよ。

 

出典:Amazon.co.jp

ゴールドは暖色系のネクタイがお好きな人や、華やかな場面用に向いています。

就活生や新社会人は控えたほうがいい色ですので、どちらかと言えば年齢を重ねた男性が使いやすいでしょう。

 

出典:Amazon.co.jp

ガンメタリック(黒っぽい色)は、ダークグレー等の落ち着いた色がお好きな人にオススメです。

モード系ブランドのスーツがお好きな人や、私服も黒系が多い人に良いでしょう。

Yuuki
Yuuki

ラグジュアリーブランドで接客していた時、結婚式の運営スタッフをされている男性へのプレゼントにご購入いただいた事があります^^

 

②形:ベーシックな長方形が万能

ネクタイピンは「長方形」がベーシック。

流行に左右されませんし、お仕事・冠婚シーン問わず使えます。

そして最も万人受けする形なので、自信をもって身に着けてもらえますよ。

 

出典:メルカリ

シンプル過ぎるのは物足りないと感じる人は、装飾が付いているものはいかがでしょうか?

宝石やロゴ、動物をあしらった装飾等、いろいろあるので探してみてくださいね。

 

③デザイン:合わせやすいのは控えめなデザイン

男性のスーツは全体のバランスが重要視されますので、あまり主張しない「控えめなデザイン」がオススメです。

どの程度が控えめかと言うと、2~3mくらい離れて見たら無地に見えたり、細かい色柄が気にならないくらいのデザインです。

 

出典:BEAMS(ビームス)公式サイト

色柄も刻印もない無地は、どんなネクタイにも馴染んでくれるので使い勝手良し。

シンプルな分、金属の輝きが上品な印象に見せてくれます。

 

出典:BEAMS(ビームス)公式サイト

宝石が付けられたデザインは華やかな印象。

宝石は1つ1つ意味を持っているので、プレゼントのメッセージ性を強めたい時にオススメですよ。

結婚記念のお祝いに、同じ宝石のカフリンクスとセットで渡す人もおられます。

 

ちなみに写真の宝石はソーダライト。

「目標を達成する為の意思や我慢強さを強く高めてくれるパワーストーン」です。

目標を追いかけている頑張り屋さんの彼にピッタリですね^^

 

出典:Amazon.co.jp

柄が刻まれたデザインはお洒落を楽しめるところが良さですね。

無地ネクタイと合わせるとネクタイピンのデザインが引き立って、カタイ雰囲気を和らげてくれます。

 

 

以上、選び方のポイントをまとめると、

  • 色:シルバーが美しく見えやすい
  • 形:長方形が使いやすい
  • デザイン:遠目で見たら控えめに見えるデザイン

これらを押さえると、受け取った男性が使いやすいネクタイピンを選べるでしょう。

 

これも確認!アフターケアをやっているか?

選び方がわかったらお店に見に行くだけ!

・・・なんですが、元ラグジュアリーブランド販売員のお節介で、事前に確認しておくといい事を1つ挙げておきます。

それはアフターケアをやっているか?です。

 

出典:ネクタイピンの修理 バネ交換 ダンヒル – 「かざりや工房」

ネクタイピンはそう簡単に壊れるモノではないのですが・・・

「何かの拍子に落としてしまいバネが壊れてしまった」という事態が起こる可能性はあります。

もしそうなったとしても、アフターケアをやっているお店だと安心ですよ。

 

ラグジュアリーブランドは製品保証(ギャランティー)が付いているお店が多いです。

期間内に商品不良が発覚しても無償で対応してもらえますし、期間を過ぎた後でも修理の相談や受付をしてもらえますよ。

 

例えばダンヒルは24か月の製品保証が付いています。

 

余談:どれくらいの価格帯・ブランドがいいの?

ネクタイピンも価格と質はある程度比例します。ですので、

  • 大事に/長く使ってもらいたい
  • アフターケアが充実している
  • 男性が身に着けた時、特別感や自信を感じて欲しい

とお考えでしたら、15,000円以上のネクタイピンを検討するのが良いです。

 

その価格帯からだと素材がステンレスではなく、真鍮やシルバーである事がほとんど。輝きが断然違って見えます。

また擦り傷やサビを防ぐ為のコーティングがされていて、数年使っても黒ずむ事もなく、キレイな見た目がキープされやすいです。

例えばタテオシアンが上記の要件を満たしています。

 

タテオシアンは世界80か国以上で展開されている、英国メンズジュエリーブランド。

実はラグジュアリーブランドのネクタイピン製造も請け負っており、メンズジュエリーの信頼性は抜群です。

通販で購入しても修理相談&お見積りできるので、選択肢の1つにオススメです。

※参考:TATEOSSIAN | 株式会社フカシロ

 

ネクタイピンのプレゼントで素敵なメッセージを伝えよう

ネクタイピンはきちんと実用性があり、メッセージ性も持っている小物。

男性がもらったら嬉しいステキなプレゼントです。

 

プレゼントを受け取る男性目線で考えると、

  • 実用性が高いタイクリップかタイバー
  • 色:シルバーが美しく見えやすい
  • 形:長方形が使いやすい
  • デザイン:遠目で見たら控えめに見えるデザイン

これらを押さえると、受け取った男性が使いやすいネクタイピンを選べるでしょう。

 

普段のお仕事に。彼の大事な友人のお祝いの場に。あなたと2人で過ごす記念日に。

あなたが選んだネクタイピンがお守りとなって、彼に寄り添ってくれるでしょう。

 

最後までお読みくださり、ありがとうございます^^

 

 

スポンサーリンク
内容が良かった!役に立った記事は、シェアしていただけると嬉しいです。
ROAD OF STYLE

コメント

タイトルとURLをコピーしました