ビジネスに使っても良いシャツの色とは?見せたい印象に合わせて使い分けよう

こんにちは!お洋服ブロガーのYuukiです。今回の記事は、

  • ビジネスに使っても良いシャツの色がわからない
  • いつも白シャツばかりなので他の色も試してみたい
  • 自分が持っているスーツに合うシャツの色を知りたい

というお悩みをスッキリさせられる記事になっています。

なぜなら、スーツと同じようにシャツにも「基本の色」があるからです。

 

今回の記事では、ビジネスに使えるシャツの基本色を解説しながら、その色がどんな印象に見せてくれるのか?という点も紹介しています。

この記事を読み終えることで、見せたい印象に合わせてシャツを使い分けられるようになりますよ^^

 

ビジネスに使っても良いシャツの色とは

クラシック(普遍的)なスタイルのシャツの色は「白色と水色」の2色です。

クラシックなスーツの色合いがネイビーかグレー系に限られる為、ダークスーツに映えるよう、シャツは淡い色にするのが基本です。

現代では淡いピンクや黄色、グレー等のシャツも見受けられますが・・・基本の色という観点では「白色と水色」の2色と認識してください。

次にそれぞれの色について解説します。

 

白色のシャツ

スーツ・ネクタイと組み合わせるシャツの中で、基本中の基本とされているのが白色のシャツです。

冠婚葬祭の際に必ず着用するのも特長で、最もドレッシーな印象に見せてくれるシャツです。

ビジネス用としても最も多く着用されている為、業種や場面、相手を問わず着用できる点が優位点と言えます。

 

水色のシャツ

こちらは冠婚葬祭には着用できませんが、ネイビー・グレーどちらの色のスーツにも合わせやすい点が優位点です。

さらに白と違って、水色は「日本人の肌の色に合いやすい」という良さを持っています。

どうしてかと言うと、日本人の肌の色は黄味がかっているからです。

黄色に白より、黄色に水色の方がお互いを鮮やかに見せる効果があり、「お顔映りが明るくなる、引き締まって見える」といったメリットがあります。

 

ピンクや黄色、グレー等について

出典:新春の麻布テーラーでは、2枚で1万6000円の「オーダーシャツフェア」を開催

これらの色をビジネス用に着るのはNGではありませんが、水色と比べるとカジュアルな印象が強くなる点は注意が必要です。

相手の価値観や業種、会社の社風によっては「ビジネスに相応しくない」という印象を持たれてしまう可能性があるからです^^;

一度そうした印象を与えてしまうと、修復するのに大変な労力が必要となります。

ですので、ビジネス用には基本色の「白色・水色」のシャツを選ぶようにしてください。

 

出典:015 マーク・チョー(Mark Cho)さん 「THE ARMOURY」設立者 | JOSEPH CHEANEY

もしピンクや黄色等のシャツを着用するなら、合わせるスーツの色や季節を考慮してみましょう(例:冬場、暖かく見せる為にピンク系のシャツを着る)

他にもカジュアルな印象を利用して、ジャケパンのようなビジネスカジュアルで着用するのもアイディアです。

 

白シャツ・水色シャツを合わせた時の印象の違い

白シャツ・水色シャツは、ビジネススーツの基本色であるネイビー・グレーどちらにも合います。

ですので、ここからは白・水色シャツを合わせた時の印象の違いについて書いていきます。

この項を意識すると、あなたの見せたい印象やコーディネートに合うシャツの色はどっちか?判断しやすくなりますよ。

 

白シャツを合わせた時の印象

白シャツは、色の明るさがクッキリ分かれるところが最大の特長です。

ですのでダークなネイビーやグレーのスーツと合わせると、スーツの色がより暗く見え、整然とした雰囲気や力強い印象を感じさせる見映えとなります。

営業や面談等で相手に自信ある印象を与えたい時や、講演会やZOOM会議等でしっかり自分を見てもらいたい時に効果的です。

 

出典:What could you do with an Exel Blue suit ? – YouTube

ブルー、ベージュ、ライトグレーといった明るい色のスーツをキレイに見せてくれるところも、白シャツの良さです。

主に春夏シーズンの着用になりますが、色を使ったお洒落感のあるスタイルを楽しめますよ。

 

出典:赤(えんじ)ネクタイ|ジャケット別の厳選7コーディネート | ネクタイ専門店TUNDRA

唯一注意しておきたいのは、グレースーツに合わせた時の「ネクタイの色」

グレーと白は無彩色と言って色みがありません。その為、ネクタイの色1つで印象が決まってしまいやすいです^^;

特に鮮やか過ぎる赤やオレンジ、可愛らしいチェック柄のネクタイは要注意。華やかな印象や可愛らしい印象に見える可能性があります(※ハレの日の装いには良いと思います)

ビジネスに必要な落ち着いた雰囲気を残す為、ネイビーやブラウン、黒ニットタイ等で胸元を引き締めるようにしましょう。

 

水色シャツを合わせた時の印象

水色シャツはネイビー・グレーのスーツと相性が良く、また着用者のお顔映りを明るく見せるという良さを持っています。

ダークなネイビーやグレーのスーツと合わせると、スーツの色が少し明るく見え、爽やかで清潔感のある印象が強くなります。

相手に堅苦しい印象や緊張感を与えたくない時、自分を落ち着いた(冷静な)雰囲気に見せたい時に効果的です。

 

出典:私が無地のネイビーネクタイをお勧めする理由

水色シャツはブラウンのスーツと特に相性が良いです。

肌の色と似たような考え方で、ブラウンに白より、ブラウンに水色の方がお互いを鮮やかに見せる効果が高いからです。

これはコンプレックスハーモニーという配色で、意外性があり新鮮な印象を与える組み合わせ。

ブラウンのスーツを着ている方はぜひお試しくださいね(笑)

 

ちなみに水色シャツのもう1つの良さは、強い色のネクタイが得意!というところ。

白シャツは、スーツ・ネクタイの色を(良くも悪くも)強調してしまうのですが・・・^^;

水色シャツは白シャツほど色のメリハリがつきませんので、強い色のネクタイも馴染ませやすいですよ!

 

見せたい印象に合わせて白シャツ・水色シャツを使い分けよう!

スーツ・ネクタイと合わせると、色のメリハリがついて、より力強い印象を感じさせる白シャツ。

スーツ・ネクタイを柔らかい雰囲気に見せ、落ち着いた印象を作りやすい水色シャツ。

この基本の2色を、その日の予定やお会いする相手、見せたい印象に合わせてうまく使い分けていきましょう!

 

白と水色以外のシャツは、スーツの色や季節に合わせて取り入れてみたり、ジャケパンスタイルに合わせるのがオススメです。

まずは基本を押さえるところから始めてみてくださいね。

※こちらもオススメ:ドレスシャツで避けるべきデザイン。分別する事をお忘れずに

 

今日もROAD OF STYLEブログをお読みくださり、ありがとうございます^^

 

 

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。感想をシェアしてくださると更新の励みになります^^