股上が深いトラウザーズ(スラックス)は野暮ったい?スタイル良く見える?

こんにちは!ROAD OF STYLEブログ管理人のYuukiです。

股上が深いトラウザーズ(スラックス)は興味があるけど、実際穿くとどう見えるんだろう?

やっぱりおっちゃんが穿くイメージなのかなぁ・・・と気になっている方は多いと思います。

 

実は、股上が深いトラウザーズでも、適正なサイズを正しく穿く事で、スタイルを良く見せてくれます!

どうしてかと言うと、胴長短足をカバーして脚長に見せる効果があるからです。

 

そこで今回の記事では、股上が深いトラウザーズがスタイルを良く見せる理由や、股上が深い/浅いのメリットを解説しています。

この記事を読み終えることで、股上選びのヒントが得られますよ^^

 

股上が深いトラウザーズはスタイルを良く見せる

「股上が深いトラウザーズは野暮ったく見えるのでは?」と思う方もおられるかもしれませんが、実際はその逆です。

適正なサイズを正しい位置で穿く事で、スタイルを良く見せてくれる効果を持っています。

どうしてなのか?大きく3つの理由があります。

 

理由①胴長短足をカバーできるから

日本人は頭が大きくて腰の位置が低い、という身体的特徴があります。

これは身長が問題なのではなく、身体のバランスの特徴です。

その為、上半身は胴長に、下半身は短足に見えてしまいやすいのです^^;

股上が深いトラウザーズを穿くと腰の位置が高いところに来る為、欧米人のような腰高に見え、胴長短足に見えにくくなります。

 

理由②脚長効果があるから

上の写真は股下が同じ長さのトラウザーズとデニムを比較したものです。

ベージュ色の矢印が下半身のタテの長さを表しているので、それぞれ見比べてみてください。

矢印の通り、股上が深いトラウザーズを穿くと下半身のタテの距離が長くなります。

その為、股上が浅いトラウザーズと比べると脚が長く見えやすいです。

 

理由③下半身の流れが美しく見えるから

股上が深いトラウザーズを穿くと、下半身のシルエットの安定感がグッと増します。

これはトラウザーズがウエスト(お腹)のくびれにしっかりフィットする事で、

ウエストからヒップへの広がり、ヒップから裾口にかけて自然と細くなっていく流れがキレイに見えるからです。

股上が浅過ぎるとウエストからヒップへの広がりが十分に表れず、寸胴のような印象を与えてしまいます^^;

 

以上、まとめると

  1. 胴長短足をカバーできる
  2. 脚長効果がある
  3. 下半身の流れが美しく見える

これらが股上が深いトラウザーズがスタイルを良く見せる理由です。

 

「股上が深い/浅い」それぞれのメリット

股上の深さの違いは言い換えると「腰位置の違い」です。

つまり、腰位置が高いところにあるのか?低いところにあるのか?

それによって下半身の見映えや着用感が変わってくるという事です。

それぞれ良さが違いますので、スタイルや見せたい印象に応じて使い分けるヒントを紹介します。

 

股上が深い(腰位置が高い)

トラウザーズの腰位置が「ウエスト(お腹)のくびれ」に来ます。

下半身を美しく見せる効果が高い為、スーツスタイルに取り入れるのがオススメです。

スーツは上から下に繋がるタテの線が最も重要だからです。

スーツが着用者を引き締まった印象に見せるのは、上下同じ色柄の素材で、人体の流れ(首元から足元へ)に自然に沿うからです。

 

タテの線が美しく繋がったスーツは、非常にエレガントで相手に心地良い印象を与えてくれます。

それと同時に格の高さも感じさせ、相手にあなたを軽く見てはいけないという重要感を与える効果もあります。

相手から信頼感を得たい方や、説得力が欲しい営業マンの方は、ここぞ!という場面の為に股上が深いトラウザーズを持っておきましょう。

 

股上が浅い(腰位置が低い)

トラウザーズの腰位置が「腰骨の辺り」に来ます。

腰骨に引っ掛けて穿く形となる為、深い股上より下半身に強くフィットしてくれます。

これによりスポーツ等で激しく動いても、トラウザーズの腰位置がズレにくいというメリットが得られます。

その為、普段のカジュアルや出張・旅行等、アクティブで動きやすさが必要なスタイルに向いています。

 

また下腹部を覆う面積が小さい為、腰周りがもたつかずスッキリ見えやすいです。

ヒップを小さく見せたい方や、トップスにボリュームのあるお洋服を着たい時にオススメですよ!

 

股上が深い/浅い 見た目の比較

腰位置が変わる事で下半身の見映えがどう変化するのか?ご参考になさってください。

余談ですが、股上が深いトラウザーズはAライン、股上が浅いトラウザーズはIライン・Yラインと相性が良いです。

  • Aライン:上半身は細く、下半身は太い
  • Iライン:上半身・下半身共に細い(※身体に合わせる)
  • Yライン:上半身は太く、下半身は細い

 

スーツスタイルでは股上を深く取るのが基本

現代のスーツは股上が浅く、腰骨に引っ掛けて穿くトラウザーズが主流となっていますが、

本来のスーツのトラウザーズは股上が深く、ウエストのくびれにフィットさせて穿きます。これが基本です。

デニムパンツの流行や既成服のスーツ販売等が影響し、徐々に股上が浅くなっていたワケです。

 

この項ではより美しいスーツスタイルを身に付ける為に、スーツの歴史や作りについて知って損はないお話を紹介します。

股上が深いトラウザーズを穿く上でも、お役に立つ内容ですのでぜひご笑覧くださいね^^

 

スーツは肩で着る

昔から「スーツは肩で着る」と言われています。ジャケットもトラウザーズも肩で支えて着るものだからです。

ジャケットは首の付け根から肩先までの広い「面」で支える。

そしてトラウザーズはブレイシーズ(サスペンダー)を使って肩で支えます。

そうする事で上から下に繋がるタテの線がキレイに伸び、着用者の立ち姿を美しく見せるのです。

 

ちなみにブレイシーズは肩が凝る・・・という声を聞きますが、それは股上が浅すぎるのが原因です^^;

慣れれば平気かもしれませんが、他にも尻グリが食い込んで窮屈そうに見えるといった不具合も出やすいので要注意です。

ブレイシーズは英国アルバート・サーストンが定番。クラシックなボタン留めタイプを選んでくださいね。

 

ウエストはベルトレス

ベルトレスというのは「ベルトループが付いていない」仕様を指します。

スーツは個人に合わせて仕立てるお洋服ですので、もちろんウエストに合わせて作ります。

当然フィットしますよね?だからベルトで固定する必要がありません。

したがって、ベルトレスで穿くのが正統なスタイルです。

 

ベルトは元々は軍隊の装備で、武器や道具を提(さ)げる為に使われていました。

確かにベルトを巻けば、どんなトラウザーズでもずり下がらず穿く事ができるのですが・・・

最大の欠点は、スタイルのタテの線を上下で分断してしまうところです^^;

現代では装飾としての役割もありますが、スタイルを美しく見せたいのであればベルトレスにしたいところです。

 

股上が深いトラウザーズはどこで買う?

既製品でも販売されていますが、オススメはMTM(オーダースーツ)です。

人によって必要な股上の深さ、ウエストのくびれとヒップのサイズ差、脚の太さが違うからです。

また既製品と比べると、ベルトレス仕様やブレイシーズで吊る為のボタンをはじめから付けられる為、それらを探す手間が圧倒的に少ないです。

 

結論:股上が深いトラウザーズはスタイルを良く見せる

股上が深いトラウザーズは、胴長短足をカバーして脚長に見せてくれる、という良さを持っています。

股上が深いのと浅いの、どっちがいいの?と白黒付けるのではなく、それぞれの良さが活きる使い方をしていきたいものですね。

では最後に、もう一度股上が深い/浅いの違いをまとめておきます。

 

股上が深い(腰位置が高い)

  • トラウザーズの腰位置は「ウエストのくびれ」
  • 下半身を美しく見せてくれる
  • 上から下に繋がるタテの線がキレイになる
  • スーツスタイルは深い股上が基本

 

股上が浅い(腰位置が低い)

  • トラウザーズの腰位置が「腰骨の辺り」
  • 下半身に強くフィットする
  • 激しく動いても腰位置がズレにくい

スタイルや見せたい印象に応じて使い分けましょう!

 

今日もROAD OF STYLEブログをお読みくださり、ありがとうございます^^

 

 

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方が多くなると更新の励みになります^^

    コメント

    1. 松川航兵 より:

      スーツのパンツについて質問します。
      テレワークが進み、屋内にいる時間が増えて来た事もあり、上半身は痩せ型でウエストが細い自分でもヒップにボリュームがあるので股上が深いワンタック入りスラックスを新調しようと考えています。お勧めする着こなし方やスーツショップのブランドなどあれば、ご教授お願いします。それからベルトの締め付け感が凄く苦手でサスペンダーを買おうと思いますが綺麗に吊るせる型を探したいので良い物があれば、お教え下さい。

      • Yuuki より:

        松川航兵さん

        はじめまして^^
        コメントありがとうございます!
        少し長いですが回答させて頂きます。
         
         
        ①着こなし方
        ブレイシーズ(サスペンダー)で吊るか
        サイドアジャスター付きであれば、細く絞ってウエストのくびれにフィットさせるのがオススメです。

        又、腰骨にフィットさせる穿き方と比べると、股下が短く見える場合があります。
        股下の長さは普段穿いているスラックスと揃えるのではなく、ウエストのくびれにフィットさせた上で確認頂く事をオススメします。
        単品スラックスとして使う前提かと思いますので、裾はシングル/ダブルお好みでどうぞです。
         
         
        ②ショップ・ブランド
        既製品ですと、股上が深いモデルが少ないので難しいのですが・・・
        しいて挙げるなら、

        ・パンツ専業ブランドのROTA(ロータ)、エミネント
        ・ラグジュアリーブランドのダンヒル
        ・セレクトショップのEDIFICE(エディフィス)
        この辺りだと股上26~27cmのモデルを見つける事ができます。

        大手スーツチェーンやイタリア系パンツブランド等は、股上22~24cmほどが主流で、腰骨にフィットさせる方が自然です^^;
        ブレイシーズで吊った時の肩の負担も大きく、疲労感も感じやすい為、控えた方が無難でしょう。
         
         
        ※ご参考に僕は身長173cm。
        記事に載せたスラックスの股上は、
        ・深い方 29cm
        ・浅い方 24cm

        麻布テーラーやユニバーサルランゲージメジャーズ等で、16,500円~お仕立てできますよ。

        ・細いウエストとボリュームがあるヒップのサイズ差に合わせられる
        ・深い股上(ブレイシーズで吊るなら、ウエストのくびれに近い方が望ましい)
        ・プリーツがキレイに見えるヒップ・太もも幅(小さいとプリーツが開いてしまう)
        ・ブレイシーズボタン付き
        といった要望を叶えられますので、お急ぎでなければご検討されてはいかがでしょうか。
         
         
        ③ブレイシーズ
        オススメはアルバート・サーストンです。
        価格は11,000円~

        バンド幅は3.5cmが標準です。痩せた体型だと太く感じるかもですが・・・
        2.5cmは肩への負担が大きく、テレワークで長時間お座りになると疲労の蓄積がひどくなると思います^^;

        クリップとボタン留めの2wayタイプもありますが、ボタン留めがオススメです。
        クリップはスラックスにダメージを与えますし、肩にかかる負担が大きい、しかも見た目がカジュアルです。
        それにボタン留めのブレイシーズで吊っている方が絵になりますよ。
         
         
        ・・・以上です。
        松川さんのご期待頂いた回答ではなかったかもしれませんが、何か1つでもご参考になりますと幸いですm(_ _)m

        ブログも読んでくださり、ありがとうございます^^

      • 松川航兵 より:

        初めましてユウキさん早速ご質問にお答え頂き、ご返信ありがとうございます。先程ご紹介された通り、お陰様で選択肢が絞れて来ました。因みにワンタックスラックスはスーツの他に私服として穿くつもりです。脚長効果を狙いながらも足元をすっきり見せたいので足首が見える程の九分丈とテーパードシルエットが良い感じです。やはり、革靴のデザインは無難にプレーントゥを合わせるべきですか?また、ハイソックスの色と柄は何が良いと感じますか?

      • Yuuki より:

        松川さん、ご返信ありがとうございます^^
        選択肢が絞れてきて良かったです!
        私服としても兼用されるお考えなのですね。

        革靴に関してですが・・・
        ビジネスシーンでドレッシーに装うなら、プレーントゥやストレートチップが良いです。
        ビジネスカジュアルや私服の時は、タッセルローファーやコインローファー、フルブローグ(ウイングチップ)が良いと思います。

        少し実践的な内容ですが・・・
        例えばスラックスがチノパンであれば、コインローファーでアメトラっぽく。
        千鳥格子やタータンのような大柄チェックであれば、シングルモンクでフレンチっぽく。
        グレンチェックやウインドーペンといった英国伝統柄であれば、フルブローグで英国調に。
        という具合に、テイストを揃えるのも粋だと思います^^
         
         
        ソックスもビジネス用にまずはダークカラー。
        靴との繋がりがキレイに見える黒、ダークグレー、ダークブラウン辺りを。
        カジュアルで遊びを入れる際は、ブレイシーズの色と揃えてみるのはいかがでしょうか?

        ブレイシーズにもバンドが無地の物もあれば、ストライプの物もあります。
        そこに使われている色をソックスでカラーリンクさせる、というのは遊び心が感じられますよ。

        脚長効果をお考えですので、ソックスの柄は無地が無難でしょう。
        もしどうしても柄が欲しいなら、ヘリンボーン柄がスマートに見える効果が期待できますよ。
        スーツに合わせてもクラシックな趣きが感じられます^^