デニムパンツの膝がポコッと抜けた時、元に戻す3つの方法

こんにちは!お洋服ブロガーのYuukiです。今回の記事は、

  • デニムパンツの膝がポコッと膨らんで元に戻らない
  • 色落ちを防ぎながら洗濯する方法を知りたい
  • 時短で膝をキレイに戻す方法を知りたい

というお悩みをスッキリさせられる記事になっています。

 

デニムパンツ(以下、デニム)を何度か穿いていると、膝の部分が伸びてポコッと膨らんできますよね?

特に細身のデニムやストレッチデニムがなりやすいです。

あえて色落ちさせたい時はそれでも良いのですが、できればキレイな状態で長く穿けたらいいなと思いませんか?

 

そこで今回の記事では膝が伸びてしまう原因と、元に戻す方法を3つ紹介しています。

この記事で紹介している方法を使えば、デニムをキレイな状態にキープできるようになりますよ^^

 

デニムの膝抜けとは

膝抜けと言うのは「膝の生地が伸びてしまい、ポコッと膨らんでしまう現象」です。

これには動きやすくなったり、座っても圧力が小さいという良さもあるのですが・・・

脚が短く見えたり、O脚を強調してしまうという欠点もあります。

さらに、伸びた部分の擦り切れや色落ちを早める原因にも(ゾゾゾ~~^^;)

 

膝が伸びてしまう原因

膝の動きに合わせて生地が伸び縮みし「伸びた状態のまま固定される」ことが原因です。

デニムに使われる綿素材は、ウールと違って「元の形に戻ろうとする性質」を持っていません。

その為、デニムの膝が伸びてしまったら元に戻す為のお手入れが必要です。

ちょっと面倒くさそうですが、実は綿素材の性質を利用すればカンタンに戻せるんですよ!

 

デニムの膝抜けを元に戻す3つの方法

綿は「水に濡れると繊維が縮む」ので、この性質を利用するとカンタンです。

デニムの膝抜けは「生地が伸びた状態のまま固定されている状態」

ですので、伸びた繊維を元に戻す為に水分を与える必要があります。

 

①洗濯するのが一番手っ取り早いです

最も手っ取り早い方法が「洗濯」

伸びてしまった生地が元に戻りますし、汗の汚れやニオイも取り除く事ができます。

 

補足:デニムの色落ちが気になる方へ

出典:なぜデニムは色落ちするのか?|JOURNAL|BMC JEANS – BLUE MONSTER CLOTHING

デニムのインディゴ(染料)は元々の性質として染まりにくく、繊維への粘着力が弱いんです。

繰り返し染める作業をするのですが、それでも糸の奥まで浸透しません。

いわば、糸の表面にインディゴの色がコーティングされているようなイメージ。

コーティングですので、身体の動きや摩擦、生地が伸びたりする事で「剥がれやすくなる」ワケです。

 

実はインディゴは水に溶けません。

じゃあなんで洗濯すると色落ちするの?という疑問ですが、

これは洗濯する事で、剥がれやすくなったコーティングが流されてしまう事が原因なんです。

つまり色落ちはある程度起きてしまう・・・これは仕方がない事なんですね。

 

ただ、世の中には便利なモノがあって「デニムの色落ちを最小限に抑える洗剤」があるんです!

 

オススメは「ナノコロイド」のデニム用洗剤です。

次の参考記事に、5種類のデニム用洗剤の色落ち検証を30日行い、一番色落ちしなかったのがナノコロイドという結果が書いてあります。

どんなもんかな?と思って見たら、「うわ!ナノコロイドすげぇ!」って驚くような結果でした。

※参考:デニム用洗剤のおすすめは?【5種類を使って比べてみた】 – デニ部

 

②霧吹きを使って膝だけケアする

3つの方法の中で一番カンタンな方法です。

綿の「水に濡れると繊維が縮む」という性質を利用します。

作業はほんの数秒でOK!なんですが、デメリットは自然乾燥するまで時間がかかる点です。

その為、1日穿いたデニムを脱いだ後に実施するのがオススメです。

 

デニムを写真のような形でハンガーにかけます。

ウエストバンドの重みで生地が引っ張られる為、脚全体のシワを伸ばす効果が高まりますよ。

 

膝のポコッと膨らんでいる部分に霧吹きで水をかけます。

 

5回くらい水をかけてたっぷり湿らせましょう。

 

生地が湿ったら左右に引っ張って伸ばしておきます。

あとは自然乾燥するまで放置です。

 

8月の気温で13時間放置しました。完全に乾いた状態です。

(30℃を超える日中に行うと6時間くらいで乾いてくれます)

 

作業前と比べて膝の膨らみが小さくなりましたね^^

 

机に置いた状態です。100%復元とまではいきませんが、60~70%くらいは復元できました。

 

手アイロンで伸びた生地を寄せ集めるとこんな感じです。

 

これくらいの膨らみだったら、アイロンでサッと仕上げられますね!(※やり方は次の見出しで解説)

 

キレイに戻せました!

生地がピシッとすると気持ち良い~~

こういった感じで、アイロン作業をラクにする為の「仕込み」として霧吹きやっておく、というやり方も良さげです。

 

③アイロンで膝を元の形に戻す

色落ちのリスクもなく、数分の作業で膝を元の形に戻せる方法です。

日常のアイロン作業の際に「ついでに」やる感覚で、デニムの膝をキレイにする事ができます。

スチーム付きのアイロンと、アイロン台があればOKです!

 

アイロン台の上にデニムを広げます。

 

手アイロンで生地のたるみを膝の方に寄せていきます。

 

裾口からも生地のたるみを寄せていきます。

 

たるみの両端から少しずつアイロンを当てていきます。アイロンは動かさずにプレスしたままです。

 

この時、スチームを使って生地に水蒸気を吸わせるのがポイントです。

アイロンは強く押し込まなくても大丈夫ですよ。

 

生地のたるみが小さくなりました。

 

小さくなった生地のたるみに、ゆっくりとアイロンを滑らせていきます。

水蒸気を吸わせてたるみを収縮させるのが狙いです。

アイロンを生地に対して垂直に滑らせていくのがポイントです。

 

この流れで少しずつ生地のたるみを縮ませる事ができます。

僕も初めてやった時は「おお~戻ってる!」と感動したのを覚えています。

 

この作業を繰り返すと膝の膨らみを元に戻す事ができます。

数分でできるので、ぜひ一度お試しくださいね!

 

アイロンを持っていない方はこの機会に購入しておきましょう^^

スチーム機能付き&当て布もセットで付いているアイロンが使いやすいですよ。

  • スチームをよく通す
  • 熱に強く、丈夫で焦げにくい素材
  • テカリを少なく、布地を傷めにくい
  • 下の布地が見やすく、かけやすい

生地のテカリは当て布で防げるので、スーツのお手入れにも便利ですね。

 

日々のお手入れでデニムをキレイな状態にキープしよう!

デニムは素材の特性上、どうしても膝抜けは避けられません。

定期的にお手入れして膝の形を元に戻す必要があります。

膝の擦り切れや色落ち速度を遅くできるメリットがありますし、デニムのシルエットをキープできるのでやって損はないですよ。

お気に入りのデニムをカッコよく穿く為に、ぜひお手入れやってみてくださいね。

 

今日もROAD OF STYLEブログをお読みくださり、ありがとうございます^^

 

 

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。感想をシェアしてくださると更新の励みになります^^