ツイードでチェックジャケットを作ろう!軽くて都会的なアーバンツイード

こんにちは!お洋服ブロガーのYuukiです。今回の記事は、

  • 秋冬らしい生地感のチェックジャケットが欲しい
  • ツイードに興味あるけど、重くて分厚いのはニガテ
  • コートの下に着られるくらい軽いツイードを探している

というご要望にお応えする内容が書かれています。

実はツイードも進化していて、軽くて着やすい生地感なのに、温もりある表情を楽しめるツイードも増えているんです!

 

そこで今回の記事では、僕がオーダー依頼を受けた事例をもとに、チェックジャケットに使えるツイード生地をご紹介します。

この記事を読み終えることで、普段使いしやすいツイード生地について詳しく知れますよ^^

 

ツイード生地について

ツイードは「スコットランドやハリス島、アイルランドなどで作られているウール織物の生地」です。

いずれも「寒さが厳しい地域(真夏でも平均最高気温17~18℃くらい)」で作られている事もあり、日本でも冬物としてよく使われています。

スコットランドのツイード河流域で初めてつくられたところから、ツイード(Tweed)と呼ばれるようになったという説があります。

 

ツイードの大きな特長は、

  • 温もりがある(暖かそうに見えるし、冷気を通さない)
  • 粗さがあり、ナチュラルな風合い
  • 反発力のあるふくらみと伸縮性がある
  • 今でも人の手で糸を紡ぎ、織られている
  • 女性ウケがすこぶるイイ(笑)

 

主にジャケット・コートに使う生地ですが、最近ではカジュアルバッグやスニーカーに使う事も増えてきています。

温もりがある表情と、手作りによるナチュラルな風合いが人気の理由。

秋冬らしい生地感のチェックジャケットが欲しいという方には、打ってつけの生地ですよ!

 

ツイードジャケットは紳士のお洋服

出典:100 people who look a bit like me.: 34. G.Bruce Boyer

ツイードの歴史は1830年代から始まります(※日本は江戸時代)

ツイードに目をつけたロンドンの商人によって、英国をはじめ世界各国に人気が広がっていきました。

当時ツイードは上流階級の紳士達の間で人気となり、皆こぞって着用されていたんですね。

 

出典:Tweed Jacket with Flannel Pants | Mens fashion suits, Mens outfits, Mens fashion classy

英国は夏でも日によっては肌寒く、しかも雨もよく降ります。

さらに風も強く吹き付けることもある為、傘を差さずにお洋服で雨風を凌ぐ人も多いんです。

そんな気候ではツイードジャケットがあると便利なんですよ。

 

なぜならツイードはあまり水分を含まず、水気を払うと水滴がポタポタ落ちてくれるからです。

さらにハンガーに吊るしておくと、翌朝にはジャケットの形がほとんど元の状態に戻っている。非常に使い勝手良いですよね~!

こうした利便性もあって、ツイードジャケットは今も紳士達に愛用されているワケなのです。

 

スポーティーな性格(例:ツイードラン)

ツイードジャケットは生活着だけでなく、スポーツシーンにも使って頂けます。

雨風を凌げる点でゴルフにも向いているのですが、他にオススメなのはサイクリングです!

 

出典:【ツイードラン東京】自転車とファッションを楽しもう | 繊研新聞

中でもおもしろいのが「ツイードラン」

これは自転車の安全走行の啓蒙と共に、街を走ることの楽しさを発信しているイベントです。

 

ツイード生地のジャケットやパンツ、帽子を着用するというユニークなドレスコードがあって、

「おしゃれをして走ることで自転車をもっと楽しもう」という価値観を提案されています。

仕事ばかりで運動してないなって人は、ツイードジャケットを着てサイクリングを始めてみては?

 

ツイードはいつぐらいから着られる?

目安としては11月下旬~3月頭くらいです。

紅葉真っ盛りくらいにツイードを着ると、景色に溶け込んでエレガント♪まさに絵になるオトコです。

 

「なんだ、全然着れへんやん!」と思うかもしれませんが・・・

実は軽くてもう少し長く着られるツイードがあるんですよ~ダンナ!笑

それでは都会向けに進化した新しいツイード、早速紹介させて頂きますね。

 

ビジネスシーンでも着られる、軽くて都会的なアーバンツイード

ツイードはコートくらい重いし分厚いのがニガテ、という方もおられると思います。

そんな方にオススメしたいのは「アーバンツイード」です(※アーバン:都会の)

 

実は先月下旬にお客様から製作依頼を受け、英国から生地を取り寄せておりました。

どんな生地なのか?皆さんにもシェアさせて頂きます(※ジャケットが出来上がったら報告レポートも書きますね)

 

W.Billのアーバンツイード「NEON(ネオン)」

「現代の冒険者達」に贈るというコンセプトのアーバンツイード「NEON」

英国のカントリー服地商社 W.Bill(ダブリュー・ビル)が作っているツイードです。

普段使いはもちろん、ツイードランにもオススメの生地ですよ!

 

特長①ツイードらしいざっくりとした表情

太くて粗い糸で織られているので、ツイードらしいざっくりとした表情です。

スーツのようなカチっとした印象には見えにくいので、カジュアル感のある雰囲気を楽しんで頂けます。

ツヤ感もほとんどありませんので、ニットのセーターやデニムパンツ等とも合わせやすいですよ。

 

特長②暗闇で光反射する

どうしてNEONというネーミングなのか?という理由がコレです。

暗闇で光反射すると、もう1つのチェック柄が浮き上がって2つの表情を楽しめます!

これは革新的ですよね^^

 

生地にマイクロガラススフィアという特殊加工された糸が織り込まれていて、光反射してくれるのです。

クリスマスの夜景デートや、夜間のツイードラン・ツイードツーリングにオススメですよ。

 

特長③ツイードなのに薄くて軽い!

ふっくらとした見た目ですが、厚みは抑えられています。

一般的なツイードが重量470~560gmsくらいに対し、NEONは重量390gms(冬用のスーツ生地くらい)

ジャケットに仕立てても軽さを感じやすいですし、コートを上に羽織ってもかさばりにくい。

当然柔らかさもあるので、ガシガシに固くて動きにくいのはヤダ!という人でも大丈夫ですよ。

 

NEONで作るチェックジャケットのコーデ例

今回のご依頼は、仕事の時はジャケパンスタイルが多い経営者さんからお受けしています。

グレー地に白・ネイビーのチェックという都会的な配色ですので、ビジネスシーンにも着用可能。

チェックから色を拾って、ネイビーのネクタイを合わせるとスッキリ見えますね!

 

ちなみにチェックジャケットのコーデ事例や、スタイルの考え方を解説している記事もあります。合わせてご笑覧くださいね。

※参考:スーツカンパニーでジャケットコーデを作ってみた!(スタイリストみやびんさんコラボ企画)

 

①ネクタイの選び方

アーバンツイードのふっくらとした生地感に合わせて、ネクタイもふっくらとしたモノを選ぶのが良いです。

写真はホップサックというニットのような見た目が特長的なネクタイ。

できればツヤ感が少ない方が良いので、ウール素材のネクタイもオススメですよ。

 

②シャツの選び方

シャツはざらっとした見た目のオックスフォードが合わせやすいです。

もっとカジュアルに着たい時は、シャンブレー(平織りのデニム)やフランネル素材のシャツが良いですね。

ちなみにオフの日はタートルネックセーターがオススメ。暖かいですし、シワを気にせずリラックスできますよ。

 

③トラウザーズの選び方

アーバンツイードは、スーツのようなツルっとした生地感はニガテです(汗)

スマートに見せたい時は、ツヤ感控えめなウールやチノパン。

秋冬らしい温もりを楽しみたい時は、フランネルかコーデュロイを選んでください。

 

NEONのラインナップ

NEONはウール100%、重量390gmsで、全20色の展開です。

 

赤、青、緑のファンシーカラーはカジュアル・スポーツ用に。

個人的には右列上から2枚目の赤チェックがカッコいいと思います。

ライトグレーのタートルネックに、黄土色のコーデュロイパンツを合わせて、赤をキレイに見せたいですね♪

 

グレー、ネイビー、ブラウンはビジネスでも着たい方にオススメです。

ちなみに左列上から4枚目が今回取り寄せた生地です。

その下のブルーグレーっぽい色もステキですね!カシミヤで見かけそうなキレイな発色は女性ウケGOOD!

 

1枚1枚詳しくご覧になられたい方は、以下の参考リンクもご参照くださいね。

※参考:Neon – W Bill(公式サイト)

 

都会的なツイード「NEON」でチェックジャケットを楽しもう!

ツイードのざっくりとした表情はそのままに、普段使いしやすい軽さも魅力の「NEON」

デイタイムは秋冬らしい生地感を、ナイトタイムは光反射でもう1つのチェック柄を楽しめますよ~

そしてただ寒い季節に着る以外に、ツイードランやゴルフといったスポーツシーンに使えるところもツイードの良さ!

より充実したライフスタイル実現の為に、ぜひあなたもツイードでチェックジャケットを作ってみてくださいね。

 

今日もROAD OF STYLEブログをお読みくださり、ありがとうございます^^

 

 

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。感想をシェアしてくださると更新の励みになります^^