21マイクロンウール解説。Super表記ウールとの良さの違い

STYLE MAKING

こんにちは!お洋服ブロガーのYuukiです。今回の記事は、

  • 21マイクロンウールについて知りたい
  • 21マイクロンとSuper(スーパー)表記ウールの違いを知りたい
  • VBC(カノニコ)の21マイクロンってどんな素材?

といったご要望・疑問をスッキリさせられる内容となっています。

 

簡単に言うと「マイクロン」は原毛の太さを表す単位で、スタイル選びの目安です。

市販のスーツが17~18マイクロンくらいの原毛を使っている事が多いので、それと比べると21マイクロンは太い部類に入ります。

ここ近年、イタリアの生地メーカーVBCが力を入れている事もあり、その名を知った人も多いのではないでしょうか?

 

今回の記事では21マイクロンウールの特長を紹介すると共に、Super表記ウールとの「良さの違い」について解説しています。

この記事を読むと21マイクロンウールを使った生地の良さを知れますよ^^

 

記事の信頼性

筆者は「テーラー限定のVBCファブリックアカデミー」を受講し、修了証を受領しています。

現在はフリーのフィッターとして活動しており、9年ほどVBCの生地でスーツを販売・仕立てています。

 

21マイクロンウールって何?

「太さが21マイクロメートル(0.021mm)」のウール原毛です。

市販のスーツ生地は大体17~18マイクロン(マイクロメートル)ですが、ちょっとわかりにくいですよね^^;

ですので、裾幅17cmと21cmのスラックスをイメージしてみてください。

 

・・・太さが違いますよね?

17マイクロンと21マイクロンも同様に太さが違うワケです(※人間の目では識別できませんが)

太い原毛を使用 → 糸も太くなるので、織られる生地も肉厚で丈夫になります。

 

21マイクロンウールで織られた生地の良さ

弾力や張りのある太い糸を作れる為、21マイクロンウールで織られた生地は

  • 耐久性が高い
  • 防シワ性に優れる
  • ドライな手触り
  • 軽量でも生地の安定性が高い
  • 仕立て映えしやすい(見た目が美しく、着やすい)

といった良さを持っています。

 

薄くて繊細な原毛を使った生地とは「また違った良さを持っている」んですね!

特に仕立て映えしやすいところは、着こなしにこだわる人には嬉しい良さのハズです。

 

Super表記の意味

スーツ生地でよく見かける「Super表記」

これもウール原毛の太さを表すものです。

 

Super 110’sが直径17.76~18.25マイクロン(平均18マイクロン)

Super表記は「数値が10’s増えると直径が0.5マイクロン細く」なります。

→ Super 120’sが直径17.26~17.75マイクロン(平均17.5マイクロン))

Super 150’sまでくるとカシミヤ相当。非常に細いウール原毛と言えます。

 

逆に数値が10’s減ると直径が0.5マイクロン太くなります。

この要領で考えると、21マイクロンはSuper 50’s相当と考えられます。

そりゃ糸の弾力や耐久性が高いワケですね^^

 

VBCの21マイクロンウール生地

21マイクロンウールを使った生地作りに力を入れているVBC。

いくつか種類がありますのでサクッと紹介しますね。

 

①6PLY(シックスプライ)

最大限のシワ防止効果と、迅速な回復力を持つ生地です。

重量510gmsのヘビーウエイト。抜群の仕立て映えを見せてくれます。

リリース初期の頃、RING JACKETがダブルブレザーに採用して、注目を集めていましたね。

 

②SPRING 4PLY(スプリングフォープライ)

ふっくら厚みがありますが、通気性にも優れている春夏秋3シーズン対応生地。

出張や旅行用ブレザー、単品トラウザーズにもオススメです。

Yuuki
Yuuki

僕はこの生地でブレザーを仕立てました^^

 

③COVERT(カバート)

急傾斜の綾目が特長的なスーツ・コート用生地。非常に仕立て映えしやすい生地です。

オリーブグリーンやブラウンといったカントリーテイストある色調が魅力。

 

④SUPER BIO(スーパービオ)

信頼感を与える控えめなデザインは、クラシックなスタイル作りにオススメ。

しっかりとした生地感、流行に左右されないタイムレスエレガンスな色柄が魅力です。

※後ほどSuper表記ウールとの比較で紹介します。

 

⑤RUSTIC TROPICAL(ラスティックトロピカル)

軽量ながら生地の安定性が高く、通気性にも優れるクールビズにオススメの生地。

特に単品トラウザーズとして非常に使い勝手が良いです。

※2021年春夏から名称がSUPER SONIC(スーパーソニック)に変わっています。

 

⑥MONTECARLO(モンテカルロ)

3Dホップサックという粗い織り目のジャケット用生地。

春夏用や旅行用ジャケットに多用されており、VBCの世界的トップセラーの1つです。

BEAMSやタリアトーレ、T-JACKETといったブランドも採用していますよ。

 

オマケ:今後の新作

VBCによると、今後新たに2つのクオリティーが追加されるようです。

 

出典:Facebook

フランネル21マイクロン:フランネル生地の柔らかさ(例:膝が抜けやすい)を解消するファブリック。

フランネルの温もりある表情はそのままに、防シワ性と耐久性がプラスされます。

 

出典:Facebook

BEAUSOLEIL(ボーソレイユ):美しい太陽という意味の、いわゆるソラーロ生地。

ヘリンボーンの玉虫効果により、わずかに赤みがかったベージュがエレガントな表情です。

2021年秋冬から販売スタート^^

 

21マイクロンとSuper表記ウール 良さの違い

21マイクロンウールの良さを理解する為、Super 110’sウールと「良さの違い」を比較していきます。

今回比較に使用した生地は次の通りです。

 

  • SUPER BIO(スーパービオ):21マイクロン
  • PERENNIAL(ペレンニアル):18マイクロン(Super 110’sウール)

PERENNIALのイメージは、市販のスーツで見かけるツルっとした柔らかいスーツ生地という風に捉えてください。

 

違い①織りの表情が大きく力強い印象

21マイクロンのほうが糸が太い為、織りの表情が大きくなっています。

かすれたタッチのストライプも太くなっており、より力強い印象を感じさせますね!

正々堂々とした雰囲気に見え、相手に信頼性を与えやすくなります。

Super 110’sウールは柄が控えめで落ち着いた印象ですね。

 

違い②頑丈で耐久性が高くなる

21マイクロンのほうが1本1本の糸の耐久性が高く、厚みのある生地に仕上がっています。

その為、膝が抜けにくいですし、摩擦による擦れにも強いです。

長期間着用できるスーツが欲しい時にオススメです。

 

21マイクロン使用のSUPER BIOは重量360gms(※1m辺りの重量)

これは秋冬向けの重量。非常にSPRINGY(弾力性が高い)

 

Super 110’sウールは重量260gms。

真冬はさすがに寒く感じますが、オールシーズン着用できるのが優位点です。

※PERENNIAL(ペレンニアル:四季を通じて続くという意味)

 

違い③仕立て映えしやすい

畳んでおいた生地をハンガーにかけて伸ばした状態です。

21マイクロン(手前)のほうが生地の張りが強く、畳みジワがほとんど気になりません。

そして生地が上から下へ真っ直ぐ落ちやすい為(※落ち感が強い)、ジャケットやトラウザーズのシルエットも美しく見えやすいです。

 

落ち感が弱い生地だと、写真みたいにクタっとした見た目になる恐れがあります。

ジャケットに張りがなく、着用した際の形がキレイとは言えませんよね(汗)

 

余分なシワが少ないほうが見映えはキレイです。

立ち姿の美しさを重視したい人には、21マイクロンウールは有力候補となるでしょう。

 

21マイクロンはスタイル選びの目安です

「男性らしい力強さ、丈夫さ、仕立て映えの良さ」を重視するなら21マイクロン。

「落ち着いた雰囲気、年中着用、柔らかい着心地」を重視するならSuper表記ウール。

それぞれ良さが違うので、作りたいスタイルに合わせて選ぶようにしましょう。

今回の記事があなたのスタイル作りのお役に立つと嬉しいです。

 

最後までお読みくださり、ありがとうございます^^

 

 

スポンサーリンク
内容が良かった!役に立った記事は、シェアしていただけると嬉しいです^^
ROAD OF STYLE

コメント

タイトルとURLをコピーしました