カセンティーノとは?冬のイタリアンカントリー定番生地

こんにちは!お洋服ブロガーのYuukiです。今回の記事は、

  • カセンティーノ生地について知りたい
  • 毛玉やシワが気にならないコートを探している
  • 現代的にアップデートされたクラシックスタイルが好き

という方向けの解説記事となっています。

 

カセンティーノというのは、イタリアのトスカーナ地方で織られている伝統的な生地。

毛玉状にもじゃもじゃ起毛した見た目が独特で、古くからハンティング(狩猟)の場で着用されてきたものです。

 

今回の記事では、カセンティーノ生地の良さを紹介しながら、どうしてカセンティーノを使ったお洋服が増えているのか?も解説しています。

この記事を読み終えることで、カセンティーノについて詳しくなれますよ^^

 

カセンティーノ(CASENTINO)生地について

「毛玉状にもじゃもじゃ起毛した、肉厚なウール生地」です。

アウトドア向けの性格を持った生地ですが、貴族階級の人にも好まれており、今でもフィレンツェのサルト(仕立て屋)が必ずストックしている生地です。

今やカセンティーノの織元はトスカーナに2社しか無く、日本ではクラシック好きなお洋服通の方に愛好されています。

主に冬用のカジュアルコート(ポロコート、ピーコート等)に使われる事が多いです。

 

特長①ナッピングウール(ナッピング仕上げ)

生地の表面に「熱と摩擦」を加えることで、毛玉状にくるくる起毛させている点が大きな特長。

ナッピング仕上げという、ウールやフランネル等の起毛生地に「風合いを与える為の2次加工」がされています。

これはハンターや羊飼いの人々が、木の枝などに引っ掛けた時、キズが目立たないように毛足をカールさせて仕上げた事が由来となっています。

昔の人もお洋服にキズが入ったら「うわぁ^^;」ってテンション下がったんですかね。

 

この毛玉状の起毛のおかげで、キズが目立ちにくい以外に

  • 独特の見た目を楽しめる
  • 保温性が高い
  • シワが気になりにくい
  • 着用による毛玉も気になりにくい
  • 重さの割に柔らかい生地感

といった良さも持っています。

 

特長②天然の防水性を持っている

カセンティーノは水が浸透しにくいです。

これは毛玉状の起毛を作る事で、ウールの層が2層になっているからです。

目が詰まった生地の表面に起毛した層ができることで、水滴が生地の内側まで付着しにくいんですね。

雨や雪の日にカシミヤコートを着るのはためらいますが、カセンティーノなら平気です♪

 

特長③カントリーテイストを楽しめる

森で暮らすハンターや羊飼いの人々が着用していた歴史があり、カントリーな趣きのあるスタイルを楽しんで頂けます。

ガンクラブチェックやツイードのジャケット、シャギードッグのようなくるくる起毛したニットと相性が良いですよ^^

カントリーテイストを強めるなら、カーキやブラウン、ベージュといったアースカラーを選びましょう。

 

補足:ハンティング(狩猟)とは?

野生の鳥や獣を捕獲する事をいいます(※昔は生活の為に必要な手段でした)

現在はスポーツ・レジャーとして楽しむ娯楽的な要素が強いですね。

※参考:英国と狩猟 | UK Experience

 

出典:英国と狩猟 | UK Experience

ハンティングは野外での活動となる為、

防水性や保温性が高く、雨風避けのフードや、獲物を入れるポケットが沢山付いている機能的なウェアを着用します

 

出典:【ジャングルの王者ターちゃん】ジャングルの王者ターちゃん1983年 10月14日 第1話『ジャングルの王者だの巻』 – YouTube

銃で行う狩猟はシューティングと呼びます。

ジャングルの王者ターちゃんに出てくるハンターがわかりやすいかと^^

 

出典:抵死泰山 日語中字 第二十八集 – YouTube

ちなみに、アナベベが入れ替わって戦ってるマイケルを庇うシーンが好きです(`・ω・´)o!!

アポロニア仮面に瀕死にされて、パイルドライバーをかけられてしまう時のですね。

アナベベがたまに見せる男気。カッコいいですよね~(笑)

 

・・・あ、スイマセン。本題のカセンティーノに戻りますΣ(^∀^;)

 

どうしてカセンティーノを使ったお洋服が増えているのか?

近年はクラシックスタイルの見直しが活発化しており、伝統的な素材を使ったお洋服の生産が増えつつあります。

その流れの中で、歴史ある素材を現代的にアップデートさせたモノが注目されているんですね!

カセンティーノもその例で、最近はコート以外にクラッチバッグやフリース、ネクタイ等にも使われています。

 

出典:Double breasted suit, orange casentino coat, suede boots a​nd bespoke tie – Maximilian Julius

カセンティーノの代表的な色は「オレンジ」

他にもイエローやブルー、グリーンといった鮮やかな色使いが特長で、

「歴史ある素材をアーバンウェア(都会的な洗練された服装)として楽しむ」

というコンセプトで、現代的にアップデートさせたお洋服が増えています。

 

ちなみに20代の時、オレンジのチェックコートを着て大阪梅田の地下街を歩いていたら、

すれ違った女の子に「めっちゃオシャンティー♪」って褒めてもらった事あります。

カセンティーノも女性ウケ良いだろうなぁ(服バカ、笑)

 

カセンティーノを使ったお洋服はどこで買える?

既製品では取り扱い店舗が少ない為、オーダーメイドのお洋服を作っているテーラーで買うのがオススメです。

カセンティーノの豊富な色展開の中から好みの色を選べますし、コートを仕立てれば長年着用できるので経済的ですよ!

カチョッポリ、FOX BROTHERS(フォックス・ブラザーズ)の生地を取り扱っているテーラーを当たってくださいね。

 

ちなみにメルカリや楽天を見ると、

  • タリアトーレ、イザイア、イレブンティ等のイタリアブランド
  • トゥモローランド、ジャーナルスタンダード等のセレクトショップ

これらのお店が作ったカセンティーノ製品を見つける事ができます。

好みのデザインやサイズが合うものが見つかればラッキーですね!

 

カセンティーノの着こなしイメージ

出典:Unstructured casentino coat – Rubinacci x The Rake – Permanent Style

ブラウンは落ち着きがあって、デニムやスエードブーツとも相性良し♪

ネイビー or グレースーツと合わせれば、ビジネスシーンにも使えます。

 

出典:MUSTARD YELLOW

カセンティーノらしい鮮やかな発色は、重たくなりがちな冬の装いを若々しく見せてくれます。

着丈を膝上より短く抑えると、ビタミンカラーも取り入れやすくなりますね!

 

ナッピングウールの起毛感と馴染むベージュは、柔らかい雰囲気が魅力。

編み目が大きいローゲージニットで、温もりのあるカジュアルを楽しめます。

 

冬のクラシックスタイルの定番、カセンティーノで冬を暖かく乗り切る準備を

独特な見た目でカントリースタイルを楽しめる「カセンティーノ」

保温性や防水性にも優れている生地ですので、冬を暖かく過ごしたい方にオススメです。

コートが必要になる12月までに準備を進めておきたいですね。

 

ちなみに、今年の秋冬から僕もカセンティーノ生地の取り扱いを始めました^^

FOX BROTHERSの新作カセンティーノ(全9色)です。

もちろんイタリアのトスカーナ地方で織られているので、本物志向の方にピッタリ!

別の記事でFOXカセンティーノも紹介させて頂きますのでお楽しみに~♪

 

今日もROAD OF STYLEブログをお読みくださり、ありがとうございます^^

 

 

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。感想をシェアしてくださると更新の励みになります^^