ネクタイの定番柄①小紋柄 ~クラシックな装いに欠かせません~

STYLE MAKING

こんにちは!お洋服ブロガーのYuukiです。今回の記事は、

  • ネクタイの小紋柄ってどんな柄?
  • クラシックな小紋柄とは?
  • 小紋柄のネクタイを合わせるとどんな印象に見える?

という疑問をスッキリさせられる記事になっています。

 

ネクタイの定番柄の解説シリーズとして、合計5記事アップしていきます。

1回目は小紋柄の解説です。

この記事を読むと、小紋柄の見分け方やどんな場面に使えるか理解できますよ^^

 

小紋柄のネクタイについて

小紋柄とは「小さなモチーフの柄が並んだ柄」です。

ダイヤのようなひし形や四角形といった図形(幾何学模様)、花、紋章等の柄が並びます。

クラシックパターン(古典柄)の1つとされています。

柄が小さくなるとフォーマル寄り、大きくなるとカジュアル寄りとなります。

 

現代は小紋柄の分類も広範になっていますので、

  • クラシック:基本となる小紋柄
  • モダン:クラシックに様々なアレンジがされたもの

という分類で、見分け方や特長の違いを解説します。

 

クラシックな小紋柄ネクタイ

出典:【 マリネッラ ナポリ 丸の内 / New Arrival / ネクタイ入荷情報 】

流行り廃りに影響されないクラシックな小紋柄です。

着用者を落ち着きがあり、知的な印象に見せてくれます。

 

見分け方ですが、「次に挙げる3つの要素をすべて満たすもの」がクラシックな小紋柄です。

  1. ネイビー地である
  2. 柄の大きさが5mm未満
  3. 柄が対称的に配置されている

 

出典:【 マリネッラ ナポリ 丸の内 / New Arrival / ネクタイ入荷情報 】

落ち着いたネイビーをベースに、小さな柄が規則正しく配置されています。

クラシックなスーツスタイルに合わせたい整然とした見映えですね。

 

モダンな小紋柄ネクタイ 

クラシックな小紋柄の3つの要素の内、どれか1つでも欠けるとモダンな小紋柄となります。

重厚感のある印象ではなく、華やかさや柔らかい印象を感じさせてくれます。

ファッションとして楽しむ装飾的な性格が強いと言えるでしょう。

 

こちらはほぼクラシックな小紋柄ですが、ブルーグレーのような地の色がモダンな雰囲気。

柄に合わせて水色シャツでカラーリンクさせると、Vゾーンのまとまりが良くなります。

 

他にも、花をモチーフにした花小紋も定番。モダンな雰囲気を持っています。

幾何学模様と比べると華やかさがあり、Vゾーンにエレガントな趣きを出してくれますよ。

柄も大きめで地味見えしにくいです。

 

出典:<Spacca Neapolis/スパッカ ネアポリス>

柄がもっと大きくなると華やかな印象が強くなります。

ここまで来るとベージュやブラウンのスーツに合わせて、カジュアル感を楽しむのも良いですね!

 

ちなみに上の写真は「プリントタイ」と言って、「柄を転写した生地」で作ったネクタイ。

緻密な模様や鮮やかな発色が特長で、織りで柄を表現したネクタイにはない華やかさ・軽やかさを持っています。

軽快な印象を持たせたい春夏や、パーティー等で華美な装いをしたい時にオススメです。

 

小紋柄ネクタイを合わせた時の印象

小紋柄ネクタイを合わせた時のスタイル事例や、どんな場面に使えるのかを紹介します。

クラシックとモダンな小紋柄とでは印象が違いますので、それぞれの良さをうまく使い分けていきましょう。

 

①クラシックな小紋柄は落ち着いた印象

出典:紳士はフォックス ブラザーズに辿り着く

写真右のダグラス・コルドーさんが、ダブルスーツに小紋柄ネクタイを合わせています。

プリンスオブウェールズチェックに合わせていますが、落ち着いた印象ですね!

このようなクラシックな装いに欠かせない柄と言えます。

普段のビジネスシーンはもちろん、冠婚(お祝い事)の場に使うのも良いでしょう。

 

ネイビージャケットに白シャツ、白小紋柄ネクタイは、ナポリのクラシックな組み合わせ。

日本では白はフォーマルのイメージが強いですが、清潔感や上品な雰囲気はビジネスシーンにも遜色ないでしょう。

ドレスコードが厳密に指定されていなければ、結婚式やお子様のハレの日にも良いですね。

 

②モダンな小紋柄は控えめながら華やかな印象

モダンな小紋柄ネクタイは控えめながら華やかな印象に見えます。

無地ほどカタく見えず、ストライプやペイズリーほど主張しない絶妙なバランスです。

スーツスタイルは細かいディティールの集合体。

極端に目立つアイテムがなく、スタイル全体の美しさを追究したい人にオススメしたいです。

 

柄のスーツに合わせると、華やかな印象がより強くなります。

写真はスーツがチャコールグレー、白シャツ、ネクタイはワインレッド。

小紋柄が入ることでワインレッドの強さがセーブされ、ネクタイの悪目立ちを防ぐことができます。

 

花小紋は遠目からでも存在感が感じられます。

直線主体のストライプやチェック柄のスーツ・シャツに合わせやすいところが優位点。

見た目も柔らかく、女性ウケが良いところも見逃せないポイントですね。

 

補足:避けたほうが良いスーツの柄

小さな柄のスーツは避けたほうが良いですね。

例えば千鳥格子、ピンヘッド、バーズアイ。Vゾーンがごちゃごちゃしてしまいます^^;

無地やシャドーストライプのような控えめな柄のスーツを合わせましょう。

 

見せたい印象に合わせて小紋柄ネクタイを選ぼう

ネクタイの基本柄の1つ、小紋柄。

クラシックな小紋柄ネクタイは落ち着きがあり、知的な印象に見せてくれます。

クセのないスタイルを作る事ができるので、ローテーションの1本に持っておくと良いですよ!

 

柄の大きさや色柄がアレンジされたモダンな小紋柄ネクタイは、控えめながら華やかな印象です。

地味な印象を与えにくいところが優位点ですので、うまく使い分けていきましょう。

 

ネクタイの定番柄シリーズ2回目はペイズリー柄です。ぜひご笑覧くださいね。

 

最後までお読みくださり、ありがとうございます^^

 

 

スポンサーリンク
内容が良かった!役に立った記事は、シェアしていただけると嬉しいです^^
ROAD OF STYLE

コメント

タイトルとURLをコピーしました