ネクタイの定番柄②ペイズリー柄 ~英国紳士にも愛される定番柄~

STYLE MAKING

こんにちは!お洋服ブロガーのYuukiです。今回の記事は、

  • ペイズリー柄って何のモチーフ?
  • ジャカードとプリントの違いは?
  • ペイズリー柄のネクタイを合わせるとどんな印象に見える?

という疑問をスッキリさせられる記事になっています。

 

ネクタイの定番柄シリーズは全5回。前回は小紋柄です。

 

2回目はペイズリー柄の解説です。

この記事を読むとペイズリー柄が何のモチーフの柄なのか?、どんな印象に見えるか理解できますよ^^

 

ペイズリー柄は何のモチーフ?

ペイズリー柄は「草木や花等の植物をモチーフにした柄」です。

模様の大きさや向き、配置、色使いの自由度が非常に高いところが魅力の1つ。

複雑な柄である為、糸の織りで柄を表現したペイズリー柄ネクタイは高級感があります。

他の柄と比べて、生地に柄を転写したプリントタイが多いのも特長です。

 

呼び名の由来

ペイズリーの呼び名はスコットランドのペイズリー市に由来。

起源はいろんな説があるのですが、インド北部のカシミール地方の民族柄として誕生しています。

その後、19世紀インド植民地時代に英国に持ち込まれ、スコットランドのペイズリー市でこの柄の織物が量産されました。

いつしかその柄に「ペイズリー」と名付けられ、ヨーロッパ全土に流行が広がっていきました。

 

※由来はかなりざっくりまとめています^^;

Wikipediaに詳しく書かれていますので、興味がある人は合わせてご覧ください。

※参考:ペイズリー – Wikipedia

 

ペイズリー柄は流行品?定番?

ペイズリー柄は流行品のイメージが強いですが、実際は流行を超越した通好みの定番です。

繊細な模様や伝統深いペイズリー柄は英国紳士にも愛され、スーツの胸元を彩ってきた歴史があります。

その格式高いイメージは現代でも変わりません。

ですから一過性の流行品ではなく、英国スタイルの定番として使ってもらえますよ。

 

ペイズリー柄の作り方で印象が変わる

他の定番柄ネクタイと違い、ペイズリー柄ネクタイは柄の作り方で印象がずいぶん変わってきます。

大きく分けると2つのタイプがあるので、それぞれの良さを知っておいてくださいね。

 

①ジャカード:糸の織りで柄を表現

「糸の織りでペイズリー柄を作ったネクタイ」です。

ジャカード織りという、複雑な柄模様を表現できる織り方で生地を作っています。

 

ジャカードの良いところは、

  • 柄の立体感・自然なツヤ感が出る
  • 上質な見た目で高級感がある
  • Vゾーンに馴染ませやすい
  • ふっくらと厚みのある生地になりやすい
  • ペイズリーの模様が美しく浮き上がって見える

初めてペイズリー柄ネクタイを選ぶなら、ジャカードがオススメです。

 

ペイズリーの模様が美しく見えるところが、プリントと比べて圧倒的な優位点です。

 

②プリント:生地に柄を転写

出典:ドレイクスらしさが光る2018年秋冬シーズンのネクタイが入荷

「ペイズリー柄を転写した生地のネクタイ」です。

草木染めやインクジェットプリンター等で、まっさらな生地に柄模様を転写しています。

 

プリントの良いところは、

  • 繊細な模様を表現できる
  • 生地の厚みを抑えられる
  • ツルツルとした手触り・光沢感が強い
  • 草木染めはヴィンテージ感ある雰囲気
  • インクジェットは発色が鮮やかでポップな雰囲気

 

・・・以上、ペイズリー柄ネクタイの2つのタイプでした。

プリントは発色が鮮やかな傾向が強い為、上級者向きなところが否めません。

その分使っている人も少ない為、人と違う個性を表現したい人には打ってつけですよ。

 

ペイズリー柄ネクタイを合わせた時の印象

ペイズリー柄ネクタイはデザインによって見える印象が変わってきます。

印象を変えるのは柄の大きさや色使い、ジャカードかプリントか?といった要素です。

 

以下、各要素の簡易的な解説です。

  1. 柄:小さいと控えめ、大きいと存在感が強い
  2. 配色:色数が少ないとフォーマル寄り、多いとカジュアル寄り
  3. 余白:余白が少ないと派手、多いと落ち着いた見映え
  4. 生地:ジャカードが合わせやすい、プリントは難易度が高い

これらを参考にペイズリー柄ネクタイを選んでくださいね。

 

①大柄は存在感がある印象

大柄は存在感がある印象ですが、ワントーンだと使いやすいです。

ジャカード織りは光反射で柄が浮き上がって見える為、上質な雰囲気に見えますよ。

 

②ペイズリー小紋は控えめな印象

出典:【1分で出来るスーツのお洒落】「ボルドー」カラーのネクタイが仕事でもたらす印象とは?

勾玉のようなペイズリー小紋は控えめな印象です。

ペイズリーらしさは弱くなりますが、逆の視点で捉えれば意外性を楽しめるデザイン。

大柄ペイズリーは避けたほうがいい、お堅い業種の人は持っておいて損はないでしょう。

 

③マルチカラーは優美な印象

出典:秋のネクタイはボルドーカラー 季節感を着るコーデ

3色以上のマルチカラーはインパクトがあり、Vゾーンを優美な印象に見せてくれます。

色鮮やかで繊細なタッチはプリントならではの表情。

鮮やかな色を柔らかく見せてくれるベージュ・ブラウンのスーツが合わせやすいですよ。

 

補足:ペイズリー柄に合うネクタイピン

ペイズリー柄を引き立てやすいプレーンなものが良いでしょう。

宝石や刻印等のないシンプルなデザインがオススメです。

 

ペイズリー柄ネクタイは”らしさ”を楽しもう

草木や花等の植物をモチーフにしたペイズリー柄のネクタイ。

模様の大きさや向き、配置、色使いの自由度が非常に高い定番柄の1つです。

 

コーディネートのしやすさや意外性を狙うならペイズリー小紋ですが、

やはりペイズリーらしさを存分に楽しめる大柄がオススメです。

まずはペイズリーの模様を美しく浮き上がらせる、ジャカード織りのネクタイを探してみてくださいね。

 

ネクタイの定番柄シリーズ3回目はドット柄です。ぜひご笑覧くださいね。

 

最後までお読みくださり、ありがとうございます^^

 

 

スポンサーリンク
内容が良かった!役に立った記事は、シェアしていただけると嬉しいです^^
ROAD OF STYLE

コメント

タイトルとURLをコピーしました