ニットタイの合わせ方は幅広い。コーディネート作りのヒント

こんにちは!ROAD OF STYLEブログ管理人のYuukiです。今回の記事は、

  • ニットタイの合わせ方を知りたい
  • ニットタイはどんなスタイルに使えるの?
  • ニットタイを使ったコーディネートの幅を広げたい!

といったご要望にお答えする内容になっています。

 

ニットタイを買ったはいいけど、合わせ方がわからずコーディネートが単調になると悩んでいませんか?

そのお悩みを解決するには、ニットタイがどんなスタイルに使えるのか?を知る事が効果的です。

 

そこで今回の記事では、ニットタイが使えるスタイルとコーデ事例を紹介します。

この記事を読むとニットタイを幅広く使うヒントが得られますよ^^

 

ニットタイはどんなスタイルに使えるの?

ニットタイはカジュアルでスポーティーな要素を持たせたスタイルと相性が良いです。

通常の織り地のネクタイと違い、カジュアルな雰囲気に見せてくれる良さを持っているからです。

さらに素材感がある生地のスーツ・ジャケットに合わせやすいところも優位点。

次に挙げるスタイルを参考に、自分のワークスタイルに合ったコーディネートを考えてみてくださいね^^

 

①ビジネスカジュアル

出典:Twitter

涼し気な印象に見えるライトグレーのスーツに、黒ニットタイを合わせたスタイル。

独特の光沢を持つウールモヘア生地のスーツとニットタイの相性は良く、春夏シーズンにオススメの組み合わせです。

 

他にコットンスーツやストレッチ素材のセットアップに合わせるのも良いですね。

チェックシャツやデニムシャツ、ローファー等でカジュアルに着こなす事ができますよ。

 

②クールビズ

ニットタイは暑苦しい印象を感じさせにくい為、クールビズに使いやすいです。

通常の織り地のネクタイでも、コットンやリネン素材を選べば涼し気に見せられますが・・・

太陽にかざすと生地が透けるくらい、ざっくり編まれたニットタイの方がより軽快な印象を与えられます。

※参考:どんな時ならニットタイが有効?3つの視点で解説

 

クールビズには通気性が良いフレスコや、ホップサック生地のジャケットが使いやすいです。

ボトムスはグレースラックス、ベージュチノ、白コットンパンツと選択肢が多いところも優秀ですね!

これらのジャケパンスタイルにニットタイの組み合わせは、クールビズの幅を広げたい方にオススメです。

 

③リゾートエレガンス

出典:きちっとしているのに涼しいサマースーツの着こなし| |ファッション|SUPER CEO

シアサッカースーツとニットタイは王道の組み合わせ。

元々ニットタイは1920年代に登場し、その後高級リゾート地で流行を見せたという歴史があります。

シアサッカースーツもリゾート地でのバカンスに着用される、リゾートエレガンスを象徴するお洋服なんですね。

パナマハットを被って、お忍びでバカンスを楽しむセレブが如く着こなしましょう。

 

④アイビールック

ブレザーとニットタイの組み合わせは、1950年代に盛んに使われていたスタイル。

アイビーリーグの大学生たちは、学校の先生に会う時などにこの組み合わせをしていました。

着用者を柔らかい&若々しい印象に見せてくれるので、コミュニケーションを活発に取りたい場面にオススメです。

※参考:プチ解説:アイビースタイルとは

 

余談:オススメのニットタイは?

管理人のオススメは全国展開しているオーダースーツ店「麻布テーラー」のニットタイ。

先ほどの④アイビールックで着用していたものです^^

 

色展開が豊富にある点と、コスパが良い点がオススメの理由です(※色によっては割引されている時あり)

全18色あるので色選びの参考例を挙げておきますね。

  • ニットタイを持っていない方は「黒・ネイビー・グレー」
  • 差し色がお好きな方は「赤・オレンジ・パープルピンク」
  • 秋冬コーデに使いたい方は「グレー・ブラウン・ワイン」

※参考:麻布テーラーのニットタイはコスパ良し。使い心地をレビューします

 

ニットタイの合わせ方(コーデ事例)

ニットタイを合わせた時のコーデ事例やポイントを紹介します。

コーディネートの参考にご覧頂けますと幸いです。

 

①クールビズの幅を広げる1本に

ブレザーにギンガムチェックシャツとニットタイを合わせて、フレンチテイストの着こなしに。

シャツと同系色のニットタイも安定しますが、あえて明るい色や鮮やかな色を選ぶのがポイント。

写真はベージュですが、もっと色鮮やかに見えるオレンジもステキです。

ニットタイの編み目がくっきり見えて、軽快な印象が強くなりますよ。

 

②スペクテイターズルックに

キャメルのダッフルコートを羽織って、スポーツ観戦をするアイビーリーガー風の着こなしに。

(スペクテイターは観戦者の事で、スポーツ観戦する時の装いをスペクテイターズルックと呼びます)

リラックスしたスタイルで生産性を高めたい時や、勤務後はデートに直行という時にいかがでしょうか。

 

③コーデュロイと合わせて冬の装いに

出典:Olive-green corduroy suit – from Ettore de Cesare – Permanent Style

温もりを感じさせるコーデュロイスーツにニットタイもステキです♪

水色シャツとグレーニットタイが柔和な印象で、温厚な人柄を感じさせますね。

ニットタイは春夏のイメージが強いですが、合わせる素材や色使いを工夫すれば冬にも使えますよ。

 

④チェックジャケットの色を拾う

チェックジャケットの色を拾うコーデもオススメです。

チェック柄の中で目立つ色を拾えばいいので、コーディネートも簡単ですよ。

ニットタイならざっくりした表情のアーバンツイードにマッチしますね。

※参考:ツイードでチェックジャケットを作ろう!軽くて都会的なアーバンツイード

 

ニットタイの合わせ方は幅広い。いろんなコーデに使ってみよう

ニットタイは幅広いスタイルに使えるネクタイ。

通常の織り地のネクタイと違い、柄物や素材感があるジャケットに合わせやすい強みを持っています。

カジュアルな雰囲気に見せてくれる良さを活かし、自分のワークスタイルに合ったコーディネートを楽しんでくださいね!

今回の記事があなたのスタイル作りの参考になると嬉しいです。

 

今日もROAD OF STYLEブログをお読みくださり、ありがとうございます^^

 

 

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方が多くなると更新の励みになります^^