麻布テーラーのニットタイはコスパ良し。使い心地をレビューします

こんにちは!ROAD OF STYLEブログ管理人のYuukiです。今回の記事は、

  • ニットタイを買おうと思っているけど、どれがオススメ?
  • 値段の割に品質の良いニットタイを探している
  • 麻布テーラーのニットタイのレビューを読みたい

というご要望にお応えする内容となっています。

 

当ブログでよくご紹介している麻布テーラーのニットタイですが、

「実際の使い心地はどうなの?」と気になっている方もおられるかと思います。

確かに量販店ならまだしも、オーダースーツ店のネクタイってちょっとニッチですよね^^;

 

そこで今回の記事では、麻布テーラーのニットタイの使い心地についてレビューを書いています。

この記事を読むと麻布テーラーのニットタイの良さを理解できますので、購入を迷われている方はぜひご笑覧くださいね^^

 

麻布テーラーのニットタイの使い心地

僕が麻布テーラーのニットタイを購入した理由は、第一に「クールビズに使えるネクタイが欲しかったから」

と言うのは、汗っかきでネクタイへの汗染みが気になるからです(汗)

ネクタイは質を重視しているので手持ちは2万円以上・・・数本しか持っていないので、夏の着用にはかなり抵抗感があります。

こういう悩みを抱えていた時に、クールビズに使いやすい&スタイルの幅が広いニットタイを購入したんです。

 

麻布テーラーのニットタイを選んだ理由はやはりコスパの良さ。

買いやすさだけを見れば1,000円前後のニットタイやユニクロを選べばいいのですが、

「スーツスタイルは靴とネクタイで引き締まる」ので、この2つを妥協するとスタイル全体の質が下がりかねません^^;

 

かと言って10,000円以上は厳しい。

できれば5,000円くらいで良質なニットタイないかな?というニッチなワガママ(笑)

それに当てはまったのが麻布テーラーのニットタイだったワケです。

 

ニットタイのスペックについて

  • 寸法:全長144cm、大剣6cm
  • 素材:シルク100%
  • 価格:6,050円
  • 色展開:全18色
  • 備考:編み生地の性質上、全長が1cmほど前後する場合あり

 

どんな色があるか?はAmazonでご確認頂けます^^

ちなみに色によっては割引されて定価よりお買い得になっている時もあります。

特にフレンチテイストに使える鮮やかな色は、割引になっている時が狙い目ですよ!

 

それではニットタイの使い心地についてレビューしますね。

 

①良かった点

  • 太い糸で編まれていて重量感がある
  • 編み目が大きくて表情がある
  • 厚みがあるのでディンプルも作りやすい

 

麻布テーラーのニットタイは、一般的なニットタイより糸が太い点が特長です。

(※上の写真では見た目の差は微々たる感じ。但し触った感じは他社製は柔らか、麻布テーラーは肉厚で弾力があります)

例えるなら一般的なニットタイがハイゲージニット、麻布テーラーはミドルゲージニットみたいな感じです。

 

編み目が大きくて存在感がありますし、生地は肉厚でふっくら。胸元に立体感を出してくれます。

僕が打ち込みがしっかりした生地のスーツ・ジャケットが好きな事もあって、自分のスタイルに合うという点も良かったですね。

 

②残念だった点

  • 初めは結びにくいと感じた
  • ネクタイを外す時、小剣タグが気になる

 

生地はふっくらしてやや固さがある為、慣れるまでは少し結びにくいと感じました。

もしかしたらネクタイのノットをうまく結べない方は苦戦するかもしれません。

ノットを小さく結べるオリエンタルノットを覚えておいた方がいいですよ。

※参考:ニットタイの膨らみを抑える結び方で、Vゾーンをスッキリ見せよう!

 

小剣の先端近くに品質表示タグ。

これ、ネクタイを外す時は一応注意した方が良いです。

ノットから小剣だけを抜いて外す時に、タグが引っかかって外れる可能性があるからです。

ノットを少しほどいてから小剣を抜けば安心ですよ。

 

・・・以上が使い心地のレビューでした。

最も特長的なのは「生地が太い糸で編まれているところ」

どれも同じように見えがちなニットタイですが、糸や編み方で全然変わるんですね。

こうした違いを観察して、あなたのスタイル作りに活かして頂ければ幸いです^^

 

麻布テーラーのニットタイの良さは?

ここからは麻布テーラーのニットタイの良さについて解説していきます。

購入の候補に良いかも?と思われた方は、ぜひ参考にしてくださいね。

 

①太い糸で編まれている

一般的なニットタイの「約1.3倍太い糸」で編んだ生地を使っています。

これにより遠目でも生地の凸凹感が感じられるくらい、粗い編み目となっています。

フレスコ、ホップサック、ウールモヘア、ブークレ等、ざっくりとした表情の生地に合わせやすいです。

 

こんなサマージャケット生地に合わせるのもステキですね!

 

肉厚な生地に仕上がっているところも優位点。

打ち込みがしっかりとした英国生地や、VBC(カノニコ)の21マイクロンウールのスーツを着る方にオススメです!

※参考:21マイクロンウール解説。Super表記ウールとの良さの違い

 

②色展開が豊富(スタイル作りの幅が広い)

出典:ニットタイ入荷しております! – AZABU THE CUSTOM STORE 銀座店

色数の多さは幅広いスタイルに使えるという良さです。

麻布テーラーのニットタイは18色あるので、季節毎の使い分けにも便利ですよ!

 

色選びの参考例も挙げておきますね。

  • ニットタイを持っていない方は「黒・ネイビー・グレー」
  • 差し色がお好きな方は「赤・オレンジ・パープルピンク」
  • 秋冬コーデに使いたい方は「グレー・ブラウン・ワイン」

 

③スーツを仕立てるお客様のニーズに応えている

麻布テーラーのニットタイは、横編み機でゆっくり編んだ生地を手作業で縫製して作られています。

横編み機で生産したものを使うのは、丸編み機で生産したものより目付きが良いという特長があるからだそうです。

色展開が多いのもオーダー感覚で選べるように、という意図があるから。

「スーツは既製品ではなく仕立てる」という志向を持つお客様のニーズに、しっかり応えるような商品なんですね。

 

極端な例ですが、1,000円を切るようなニットタイだと数回の使用で生地がヘタってきます。

仕立てたスーツ・シャツに、ペラペラなニットタイがぶら下がっていたら美しくないですよね?^^;

スーツを仕立てるお客様が求めるものは、そういうものではないハズ。

一言で言えば「身に付けた時にカッコいい」そういうニットタイに仕上がっています。

 

コスパが良いニットタイ。選択肢の1つに麻布テーラー

お手頃価格なのに考えられた良さを持つ麻布テーラーのニットタイ。

こんな特長的な生地を使っているニットタイは珍しいので、選択肢の1つに入れる事をオススメします。

今回の記事はブックマークして、購入の際にぜひ読み返してくださいね!

 

ニットタイに関しては、以下の記事も読むとさらに理解が深まりますよ。

※参考:ビジネスで使えるニットタイの選び方&ニットタイが有効な場面について

※参考:ニットタイの合わせ方は幅広い。コーディネート作りのヒント

あなたのスタイル作りのお役に立てば幸いです。

 

今日もROAD OF STYLEブログをお読みくださり、ありがとうございます^^

 

 

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方が多くなると更新の励みになります^^