何をやっても長続きしない人へ。習慣化のポイントと長続きする考え方

こんにちは!ROAD OF STYLEブログ管理人のYuukiです。今回の記事は、

  • 新しい事を始めても長続きしない
  • 早起きや運動の習慣化に失敗してしまう
  • 習慣化できない自分はダメなヤツだと思ってしまう

といったお悩みを解決する為のヒントが書かれています。

 

自分を変える為に習慣を変えよう!と思い立ち、早起きや運動に取り組んでいる方は多いと思います。

コツコツとやり続けて「よっしゃあ!習慣化成功!」という方もいれば、気が付いたら「やる気がなくなって辞めてしまった」という方もおられるかもしれません。

最初の意気込みはどこへやら・・・自分はどうしてこんなに意志が弱いんだ!と悩んでいませんか?

 

習慣化をうまく成功させている人は、実は強い意志に頼らなくても習慣化できるポイントを押さえています。

そうする事で習慣化に失敗してしまう原因を回避できるからです。

 

そこで今回の記事では、習慣化に失敗してしまう原因とポイントについてまとめてみました。

この記事を読むと、何かを始めた時に長続きする考え方が理解できますよ^^

 

習慣化すると何が得られるの?

「習慣化すると何が得られるのか?」を認識しておくと、行動しようとする動機の一部になってくれます。

集中力や熱量次第では10日で習慣化できる場合もあるようですが、一般的には1か月~6か月と「ある程度の長期戦」です。

習慣化を成功させる為に、得られるメリットをぜひ覚えておいてくださいね。

 

※2021年1月25日追記:ビクトリア大学の研究によると、週4日以上の継続で習慣が身に付きやすくなるそうです。

短期集中で習慣化の成功率をグッと上げておき、その後は継続しやすいペースで取り組むのも良さそうですね。

 

習慣化のメリット

  • 行動しやすくなる
  • 行動量が増える
  • 目標達成しやすくなる
  • 自己成長に繋がる
  • できる事が増える・高度になる
  • 前向きなメンタルに変わる
  • 自己肯定感が上がる

習慣化するとこういった前向きな変化を得る事ができます。

 

・・・とは言っても(!)

それでもやっぱり続かないんだよなぁ~という方もおられるかもしれません。

そうしたお悩みがある方は、次に挙げる「習慣化に失敗してしまう原因に心当たりがないか?」

改めて確認してみてくださいね。

 

習慣化に失敗してしまう原因

自分を変える為に習慣化を始めたのに、いつの間にかやめてしまう原因は何なのか?

それは目的意識や取り組む内容、前のめりな期待感のせいかもしれません。

 

  • 努力してまでやりたいと思えない
  • 量や頻度が多すぎてキツイ、苦しい
  • 変化が感じられなくてやる気を無くした

もしこれらに心当たりがあるなら、習慣化の取り組み方を見直す事で改善できますよ^^

 

①達成したくないから(変わる必要性を感じられない)

努力してまでやりたいと思えないのは、習慣化する内容が目的と合っていないからです。

「新しい事を始める」のが目的になっていたり、内容と目的が結びついていない可能性があります。

だから達成したくない、変わる必要性を感じられない。

行動しようという意欲が湧かないのは自然な事ですよね?

 

②負荷が大きすぎるから

取り組む量や頻度が多すぎると、肉体的にも精神的にもキツくなって意欲が無くなってしまいます。

例えば運動をあまりしていない人が明日から毎日5km走ろう!というのは、さすがに無理があると思いませんか?

筋肉を休める期間がないですし、長い距離を走れるランニングフォームも身に付いていません(汗)

 

初めから負荷が大きいとすぐに挫折しかねません。

「これくらいやらないと変われない!」という責任感は賞賛に値しますが、続かなかったら元も子もないかと^^;

やり続ければ大きな負荷に耐えられる自分に成長できます。

そうなる為にも、スタートダッシュで失敗したくないですよね?

 

③期待し過ぎているから

新しい事を始めても、何も変化が感じられないと徐々にやる気が無くなってしまいます。

これは非常にシビアなテーマで、習慣化の最大の壁かもしれません。

ただ早々にやる気を無くしてしまう方は、結果を期待し過ぎている可能性があります。

 

植物の種に水を与えてもすぐに芽が出ないように、

努力が結果に結び付くまでは「思った以上に時間がかかるぞ」くらいに思う方が良いですよ。

「今は」まだ結果が見えないけど確実に変わってる。とにかくやり続けよう。

こういうマインドセットができると感情が安定し、行動を続けやすくなります。

 

何かを始めた時に長続きする考え方

「何事も始めた時が一番しんどい」と認識しましょう。

習慣化の最大の壁は始めたばかりの時です。

最初は行動するだけでもしんどいですし、心がすり減るかもしれません。

それでもやり続けていくと少しずつラクになっていきます。できる事も増えていきますよ!

 

僕は2020年11月からランニングに取り組んでいるのですが、当初は週にたったの1~1.5回の頻度でした。

それでもふくらはぎが度々痛くなって、長く走る事ができませんでした。

つま先で踏ん張るクセがあって、めちゃくちゃ力んでいたからですねΣ(^∀^;)

 

もっと走る頻度を増やしたいという気持ちを抑え、まずはフォーム改善に注力。

それを2か月続けたことで、今では2日に1回走っても平気になりました。

最初は週1~1.5回でもいいんです。やり続けていれば必ず成長しますから。

 

習慣化するポイント

最後に習慣化に失敗してしまう原因を回避する為のポイントを紹介します。

これは足りてないな!というポイントを取り入れて、行動しやすくしていきましょう。

 

①目的を明確に持つ

そもそも何の為に習慣化したいのか?を改めて思い出しましょう。

行動しようという意欲は目的意識から生まれてきますよ^^

 

例:スーツをカッコよく着られる体型を維持したい!だって、

  • いつまでもカッコいい男(旦那・パパ)でいたいから
  • メタボ体型なんて恥ずかしいから
  • 事業で成功したいから
  • 健康じゃないと意欲が下がるから

その為に、週3回はジムでトレーニングする!

 

②少しずつ取り組む

始めたばかりの時は、挫折を防ぐ為に少しずつ取り組むのがオススメです。

 

例:ランニング

  • 1か月目:週1~2回、10分間ジョギング
  • 2か月目:週2回、15分間ジョギング
  • 3か月目:週2~3回、15分間ジョギング

3か月目には「あ!もっとできるかも?」と思うかもしれません。

その時は自分の成長に合わせてメニューを変えればOKです。

 

③記録する

自分の成長を発見できると意欲がアップするので、変化が気になる方はとにかく記録しましょう。

体感では実感が湧きづらい変化も、記録を見る事で気付く事ができるからです。

アプリか手帳がオススメです。

 

例:ダイエット。但し体重は結果なので具体的な行動記録を付けましょう。

  • 今日の運動(ウォーキング20分)
  • 歩数・歩いた距離
  • おやつを食べようとして我慢した回数(※)

※食べたい衝動に打ち勝った自分のメンタルを褒めてください。生理的な欲求を制するのはスゴイ事ですよ!

ちなみに我慢した回数を記録する方法は、タバコを辞めたい方にも有効です。

 

④続ける為の環境を作る

カフェに行ったら勉強に集中できる!みたいな環境を自ら作っていく事も有効です。

  • 習慣化にチャレンジしている事を誰かに伝える
  • 誰かと競争する
  • コーチを付けてみる
  • 記録をSNSに投稿する
  • VLOGをYou Tubeにアップする
  • 1か月毎に継続した自分にご褒美
  • チームに参加する(例:みんチャレ)

応援してもらえたり、投稿を見た人が有益な情報をくれるかもしれません。

 

僕は豆腐メンタルなので、ランニングアプリのスクショをSNSに投稿していますΣ(^∀^;)

そしたらランニング初心者向けに情報発信されている方と繋がる事ができましたよ!

 

あと環境作りという点では、あらかじめ必要なモノを準備する事も大切ですね。

本やブログ等で情報を仕入れる事もそうですし、ランニングだとウェアやポーチが必要です。

※参考:ランニング初心者が如く:スマホやペットボトルを携帯したい!

 

何事も始めた時が一番しんどい。だから少しずつやっていこう

習慣化の最大の難所は始めたばかりの時。

「もっと回数・頻度をこなした方がいいんじゃないか?じゃないと何も変わらないし、結果が出ないぞ・・・」

という焦る気持ちや期待感をコントロールする事が大切です。

そして、コツコツ続ける事で自分は確実に変わっていくし、成長してできる事も増えていくんだ!という考え方を持ちましょう。

 

習慣化に成功すれば今よりもっと行動しやすくなって、必然的に行動量も増えていきます。

そうなれば今より成長し、前向きなメンタルに変わり、自己肯定感もどんどん上がっていくわけです。

「なんか変わったよね?」って言われる機会も増えるハズ。

そうなる為に習慣化に失敗してしまう原因を回避し、少しずつやっていくようにしていきましょう。

 

今日もROAD OF STYLEブログをお読みくださり、ありがとうございます^^

 

 

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方が多くなると更新の励みになります^^