ランニングを始めて2か月、何が変わってきた?(習慣化の体験談)

こんにちは!お洋服ブロガーのYuukiです。

いつもROAD OF STYLEブログをお読みくださり、ありがとうございます^^

 

2020年11月からランニングの習慣化を始めて早2か月。

ようやく2日に1回走っても平気になってきたりと、前向きな変化が出てきました。

最近は「10日で100kmラン」という新しい目標ができ、より一層成長を楽しみながら走っていきたいと思っています!

 

さて今回は、僕がランニングを始めて2か月で何が変わってきたのか?をシェアします。

人間には「誰かの経験を知る事で自分にもできそうだ!」と感じる心理があるそうです。

これを代理経験と言います。

ですので今回の目的は、あなたに自分にもできそうだ!という代理経験を提供する事です。

 

  • ランニングを始めて2か月で変わってきた事
  • 2か月の間に挫折しそうにならなかったか?

のテーマで書いていますので、ぜひご笑覧くださいね^^

 

ランニングを始めて2か月、何が変わってきた?

カラダが大きくなって、ジャケットやシャツが窮屈になってきました。

もしかすると今後一番の悩みのタネになるかもしれません・・・

という嬉しい悲鳴はさておき(服バカ、笑)

 

ランニングで感じられる変化は次の5つです。

  1. 目標を追いかけるのが楽しみになってきた
  2. 精神的に強くなってきた
  3. 自己肯定感が高まってきた
  4. 鼻づまりがなくなってきた
  5. 姿勢が良くなってきた

それでは1つずつコメントしていきますね。

 

①目標を追いかけるのが楽しみになってきた

自分のペースが少しずつ速くなっていくのが楽しみで、次走る日が楽しみになっています。

今はまだ始めたばかりですので、走れば走った分だけ速くなる実感が得られます。

ご参考に最初は1km平均5:28のペースで、直近の最速ペースは4:46でした。

 

今後は走れる距離を伸ばしたり、長距離でもある程度のペースで走り続ける持久力を高める事が目標です。

 

②精神的に強くなってきた

ランニングする前の自分と比べると精神的に強くなっています。

もちろん今も落ち込む時がありますが、立ち直り・切り替えが早くなったように感じます。

SNSを見てネガティブになる事が減ったり、寝る前にYou Tubeをダラダラ観る回数が激減しました。

そういえばいつも観ていたゾゾゾとかダラシメンの動画観てないですねΣ(^∀^;)

 

③自己肯定感が高まってきた

今の自分を肯定的に受け入れられるようになっています。

変えていきたいなって思うところはまだまだあるんですけど、

「これから変えていけばいい。自分なら時間がかかっても変えていけるハズだ。だってランニングもコツコツやってきたんだし」

と思えるようになってきています。

 

ランニングする前は「自分にはいいところなんて全然ない」と悲観的になっていました。

今は挑戦するチカラを持っているんだ!と、自分の良さを見つけられるようになっています。

ランニングはおカネをかけずに心身を鍛えられる、良い習慣だと思いますよ^^

 

④鼻づまりがなくなってきた

なんとなく鼻づまりしなくなってきたと思います。

ランニングを始めたばかりの時は、走っていると鼻づまりで呼吸が苦しくなる時がありました。

最近は不思議とないですね。

 

⑤姿勢が良くなってきた

普段の姿勢が良くなってきました。

スマホやPC作業が長いせいで猫背だったんですが、最近は背筋が伸びている実感があります。

自己肯定感が高まってきて、メンタル猫背(※)にならなくなったからだと考えています。

(※自信がない時に無意識になっちゃう猫背。僕が勝手にそう呼んでいます)

 

背筋が伸びているので立ち姿・歩き姿共に良くなりつつあります。

これは女性に限らず、どんな人に対しても良い印象を与えられる要素ですので、これからもキープしていきます。

 

・・・以上、僕がランニングで感じられる5つの変化でした。

 

ちなみにランニングの頻度は少ない方だと思います。

  • 11月:週1回
  • 12月:週1回
  • 1月:週2~3回

始めた当初はふくらはぎを痛める事があって、痛みが引くまで1週間待つ事が多かったです。

1月中旬くらいからやっと頻度を増やせるようになってきた感じです。

 

これくらいの頻度でも前向きな変化を得やすいところが、ランニングの良さだと感じています。

生活習慣を良くしていきたいなって人は、ぜひ一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

※その際はこちらもご参考に→ランニング初心者が如く:スマホやペットボトルを携帯したい!

 

2か月の間に挫折しそうになったか?

もちろん挫折しそうになりました。

今日は走ろうと思っていてもゴロゴロして先延ばしにしたり、ふくらはぎを痛めて走れない時がありましたよ。

 

①まあいいかって日もあった

12月がルーズになってましたね^^;

この時は自己肯定感が低く、なかなか前向きに行動しようという気になれませんでした。

「やると決めているのにテキトーだなぁ」と自分を責めそうになりましたが、

「今日はやりたくないと思っているんだな」と、一旦その時の感情を受け入れるようにしました。

 

まだ習慣化できていない時期なので、こうゆう感情が出てくるのは自然な事なんですよ。

メンタルが健全な状態になってくると甘いと思いますが、自己肯定感が低い時は感情を優先した方がいいですね。

 

そもそも僕がランニングを始めたのは「自己肯定感を高める為」

それなのに自己否定してしまっては本末転倒です。

そうやって感情を優先しながら1週間が過ぎると、今日は走ろうかな♪って気持ちが自然と湧きました。

※参考:生きづらさを感じる大人の方へ。自己肯定感を高めよう運動

 

②ふくらはぎが痛くて走れなかった

これはランニングフォームが問題でした。

僕はつま先で踏ん張るクセがあって、必要以上にふくらはぎに負担を与えていたようです。

また股関節が固く、可動域が狭い事も原因でした。

これらはフォーム改善で解消でき、今のところはふくらはぎが痛む事はありません。

 

また当初から4kmランをやっていたのですが、初めは2kmでも良かったと思います。

2~3日ブランクがあると心肺機能が低下するらしく、短い距離でも頻度を保つ方が良さそうです。

 

継続のポイント:走らなかった事をあまり責めない

習慣化を始めたばかりの時は気分が乗らなかったり、思わぬカラダのトラブルがあるかもしれません。

それでも自分を奮い立たせて走る or 走らない事を選択する。

どちらであっても自分を責めないようにしたいものです。

 

今までやっていなかった事をやろうとしているだけでもスゴイんですよ!

最終的に習慣化できればOKです。

むしろ途中で挫折するのは当たり前、自分を責める必要はないと思います。

走らない選択をした時は本やブログで情報を集めたり、何の為にやるのか?思い返してみましょう。

 

今後の目標は「10日で100kmラン」

僕の体験談をお読みくださりありがとうございます!

今の僕が目標に掲げているのは「10日で100kmラン」です。

10日で100km走るというチャレンジで、モロトメジョーさんという税理士さんのブログで知りました。

※参考:10日で100kmランのススメ!身につく5つのチカラ | モロトメジョー税理士事務所

 

今の僕には高い目標なんですけど、できるようになったら自信になるなぁ!と思い挑戦してみます。

まだ5km走るのも精いっぱいなんですけどねΣ(^∀^;)

段階を踏んで成長していきます!

 

今日もROAD OF STYLEブログをお読みくださり、ありがとうございます^^

 

 

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。感想をシェアしてくださると更新の励みになります^^