クレリックシャツはネクタイ必須。正しい着方を身に付けよう

こんにちは!ROAD OF STYLEブログ管理人のYuukiです。今回の記事は、

  • クレリックシャツの良さを知りたい
  • ノーネクタイで着用するのはNG?
  • クレリックシャツを使ったコーデ事例を見たい

というご要望にお応えする内容となっています。

 

襟とカフス(袖口)が真っ白で、他は水色だったりストライプになっているクレリックシャツ。

実は歴史的に見るとドレッシーな性格が強いシャツで、昼間に着用するというドレスコードがあります。

またネクタイを締めてこそ完成するシャツですので、ノーネクタイで着用するのはNGなんですね。

 

今回の記事ではクレリックシャツの歴史的な解説を交えながら、その良さを紹介していきます。

この記事を読み終える事で、クレリックシャツを正しく着こなす知識が得られますよ^^

 

クレリックシャツについて

クレリックシャツは「襟とカフスが白無地、身頃は色無地かストライプ柄」のドレスシャツです。

 

クレリック(cleric)とは牧師、神父を指します。

牧師の服装が「黒の上着から白襟が立っている」ことから呼び名が由来・・・とされていますが、クラーク(clerk)の誤記とする説もあります。

クラークは牧師のほかに官庁の書記や事務官、会社の事務員を意味。当時のビジネスマンが着用したシャツと考えるのが自然ですね。

ちなみにホワイトカラードシャツ(白襟のシャツ)、カラーセパレーテッドシャツ(襟が切り離されたシャツ)が正しい呼び名です。

 

クレリックシャツの良さを知るにあたって、

  • ホワイトカラー(白襟)
  • カラーセパレーテッド(襟が切り離された)

は重要なキーワードです。

 

それではクレリックシャツの解説をしていきますね。

 

特長①ホワイトカラー(白襟)

クレリックシャツの最大の特長であるホワイトカラーには、シャツの歴史が関係しています。

現在シャツの襟は取り外しできないのが一般的ですが、昔は「襟を取り外して洗濯」していました。

 

清潔なシャツを着ようにも襟の汚れがひどい。

だけど身頃は毎日洗濯するほどでもなかった為、襟だけ切り取って洗濯 → 再び縫い付けていたんですね。

これが1820年代、デタッチャブルカラー(取り外しのできる襟)のはじまりです。

それからおよそ100年、シャツ本体と襟は別々に作られていました。

 

1920年代になると淡い色のシャツが登場しますが、デタッチャブルカラーは決まって「白」

淡い色のシャツに白色の襟・・・クレリックシャツのデザインですね!

それでホワイトカラードシャツ、カラーセパレーテッドシャツと呼ぶワケです。

 

特長②昼間の装い、ノーネクタイNG

クレリックシャツは昼間に着用するシャツで、ネクタイを締めてこそ完成するシャツです。

どうしてかと言うと「昼間の礼装であるモーニングコートに合わせて着用」されていた歴史があるからです。

 

1930年代、モーニングコートに淡い色のシャツを着る事が流行しました。

当時のシャツはデタッチャブルカラー。つまりクレリックシャツを着ていたワケです。

モーニングコートは昼間の礼装ですから、当然「クレリックシャツも昼間の装い」となります。

そしてドレッシーな装いにノーネクタイはありえない事から「ネクタイを締めて着用するシャツ」と言えるんですね。

 

クールビズに代表される日本独自の着こなしルール?が独り歩きしているせいで、

クレリックシャツはノーネクタイで着るお洒落なシャツ・・・という認識がありますが(汗)

当ブログの読者さんは、くれぐれもそのような着方をしないようお気を付けくださいね^^;

 

ノーネクタイで着るなら、元々スポーティーな装いとして生まれたボタンダウンシャツがオススメです。

 

特長③清潔感があるお顔映りに見える

ホワイトカラーは光を反射して「お顔映りを明るく見せる効果」があります。

特に暗い色のスーツに合わせると効果的!清潔感があるお顔映りに見せられますよ。

 

出典:プロが伝授 おいしい写真をスマホで撮るワザ|NIKKEI STYLE

これは写真撮影に使うレフ板(反射板)のようなイメージ。

身頃に色柄が付いているおかげで、ホワイトカラーが引き立つところも優位点ですね。

濃色のネクタイでスーツスタイル全体を引き締めれば、とても上品な印象に見えますよ。

 

補足:傷んだシャツを襟交換でクレリックシャツに

襟を取り外して洗濯した歴史にならって、襟交換でリフォームするのもオススメです^^

シャツの襟とカフスが擦り切れても、この方法でクレリックシャツに生まれ変わらせる事ができますよ!

実際にストライプシャツをリフォームした体験談を書いていますので、ぜひご笑覧くださいね。

※参考:後編:シャツの襟・カフス交換が完成しました!(シャッツマン利用事例)

 

クレリックシャツを使ったコーデ事例

それではクレリックシャツを使ったコーデ事例を紹介しますね。

特長的な見た目をしていますが、身頃の色柄を軸にコーディネートするのがポイントです。

 

①クラシックなスーツスタイルに

クレリックシャツはクラシックなスーツスタイルに合わせやすいです。

クラシックなスーツの色はネイビーかグレーですので、身頃がブルー系のクレリックシャツが相性良いですよ。

写真ではスーツ・シャツが柄ですので、ネクタイはネイビー無地で引き締めました。

 

スーツが無地の場合は小紋柄やドット柄ネクタイもオススメです。

小紋柄って何?と思われた方は、当ブログのネクタイ解説記事でよく読まれている次の記事もご笑覧くださいね。

※参考:ネクタイの定番柄①小紋柄 ~クラシックな装いに欠かせません~

 

②スリーピースの胸元に立体感を

Vゾーンが狭いスリーピーススーツにクレリックシャツを合わせるのも効果的です。

ホワイトカラーが鮮明に引き立ち、胸元に立体感が生まれやすくなります。

ネクタイピンでネクタイのノットを浮かせると、より上品な印象に見せられますよ。

 

ちなみにスリーピースもネクタイ必須のスタイルですので、クレリックシャツと相性良し。

モーニングコートにクレリックシャツを合わせる機会は無いと思いますが・・・

昼間の慶事(お祝い事)の場面で、スリーピースにクレリックシャツを合わせる機会はあると思います。

例えばお子様のハレの日。昼間に行われる入学式や卒業式、発表会等に着ていけそうですね。

 

③シャツの身頃とカラーリンク

身頃の色と同系色のネクタイでカラーリンクさせると、バランスよくまとまりやすいです。

ネクタイは「シャツより暗く(濃く)、スーツより明るい色」がハマりやすいですよ。

 

こちらはちょっとレアなパターン。

クレリックシャツの白と水色を、ネクタイの2色ドットでカラーリンクさせています。

いずれにしろ、身頃の色柄を軸にネクタイを選ぶのがポイントです。

 

クレリックシャツで清潔感があるビジネススタイルを作ろう

クレリックシャツはホワイトカラーがお顔映りを明るくして、清潔感がある印象に見せてくれます。

人と接する機会が多い場面で積極的に使っていきましょう!

そしてVゾーンを立体的に見せる良さも持っている為、エレガントな装いにもピッタリです。

クラシックな色柄のスーツやスリーピースに合わせて、上品に着こなしてくださいね。

 

今日もROAD OF STYLEブログをお読みくださり、ありがとうございます^^

 

 

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方が多くなると更新の励みになります^^