春夏もブラウンジャケットを着よう!色みと素材選びがポイントです

こんにちは!お洋服ブロガーのYuukiです。今回の記事は、

  • ブラウンジャケットは春夏着られる?
  • 春夏ジャケットに使える素材って何?
  • ブラウンジャケットの春夏コーデ例を知りたい

といったご要望にお応えする内容となっています。

 

「ブラウン(茶色)は秋冬のイメージが強いから春夏に着ても大丈夫かな?」

って思った事ありませんか?

確かに渋くて落ち着いた色みは秋冬にピッタリなのですが・・・

実は色み&素材選びを工夫すれば、ブラウンも春夏に十分使える色なんですよ!

 

そこで今回の記事では、春夏にブラウンジャケットを着る為のポイントとオススメ素材を紹介します。

春夏もブラウンジャケットを着たい!と思っている方は、ぜひご笑覧くださいね^^

 

春夏もブラウンジャケットを着る為に

春夏シーズンにブラウンジャケットを着る為のポイントは「色選びと素材選び」です。

具体的にどういったポイントを押さえればいいか?それぞれお伝えしますね。

 

秋冬っぽくないブラウンを選ぼう

ブラウンと言ってもいろんな種類のブラウンがあります。

例えば黒に近いようなダークブラウンもあれば、バイオリンのような明るいブラウンもありますよね?

同じような考え方で秋冬っぽい渋いブラウンもあれば、春夏らしい爽やかなブラウンもあるという事です。

 

ですので春夏にブラウンジャケットを着るには、春夏らしいブラウンを選ぶ事がポイント。

単純すぎて拍子抜けするかもしれませんが、これはブラウンに限らず全ての色に共通する視点です。

 

出典:ティーライフ / 爽味黒烏龍茶ポット用50個入

ウーロン茶のブラウンは瑞々しさがあってイイカンジ!

着用者をフレッシュ(爽快、はつらつとした)な雰囲気に見せてくれそうです。

 

出典:もっちりホットケーキ | 天使のお菓子レシピ | 森永製菓株式会社

ホットケーキにかけるメープルシロップのブラウンも良いですね。

光反射でツヤが出るところに活きのよさが感じられます。

こうしたブラウンのジャケットを着ていると、若々しい爽やかな印象に見えますよ。

 

・・・とまぁ例えが庶民的でアレですが、なんとなくイメージを掴めたでしょうか?

 

春夏らしい雰囲気のブラウンは、瑞々しさや若々しさを感じさせるブラウン。

カンタンに言うと、

  • 明るめ
  • ツヤ感がある
  • 濁った感じがない

こういった要素を持つブラウンを選ぶようにしましょう。

 

春夏ジャケットにオススメの素材

春夏ジャケットに適した素材はいくつかあります。ザっと例を挙げると、

  • コットン
  • リネン(麻)
  • ウールモヘア
  • ウールシルク
  • ウールリネン
  • ウールシルクリネン

 

今回この中から僕がオススメしたいのが「ウールシルクリネン」です。

HUNTER×HUNTERのサブタイトルみたいな名前ですけど(ウール×シルク×リネン、笑)

コレ、3つの素材をかけ合わせて「それぞれの良さを持たせた」スグレモノなんですよ!

 

次の項で良さを解説しますので、素材に興味がある方はぜひ読み進めてくださいね^^

 

ウールシルクリネンの良さを解説

ウールシルクリネンは春夏ジャケットによく使われる素材です。

3つの素材をかけ合わせている事から「三者混(さんしゃこん)」と呼びます。

※これ以降はウールシルクリネンのことを三者混と書いています。長い名前ですしね(汗)

 

あ。今回解説に使う生地のスペックも紹介しておきますね。

 

  • 素材:ウール75%、シルク15%、リネン10%
  • 重量:240gms

イタリアの生地メーカー VITALE BARBERIS CANONICO(ヴィターレ・バルベリス・カノニコ)の2021年春夏新作です。

VBCの1シーズン限定生地と思われるので、興味ある方は3月中には見に行きましょう。

 

良さ①3つの素材のイイトコ取り

三者混は3つの素材の良さを併せ持っています。

これは春夏に着ても快適な着心地と、軽快な見た目を実現させる事が狙いです。

 

この生地はウール75%がベース。

ウールは断熱性に優れている為、直射日光や外気からの熱を遮断します。

また湿気を吸って蒸散する事でジャケット内の湿度を快適に保つ効果もあります。

さらにシワの復元力も持っているので、コットンやリネン100%と比べると清潔感をキープしやすいんです。

 

そういったウールの良さを基礎としながら、シルクを混ぜて美しいツヤ感と滑らかな肌触りを与えています。

ちなみにシルクも湿気をよく吸うので夏場も快適ですよ。

 

最後にリネンはぼやけたような風合いを生地に与えています。

生地全体にぼやっとした感じがすこし見られますよね?

この風合いがあるおかげで、出来上がるブラウンジャケットが暑苦しく見えにくいワケです。

尚、リネン混はシワが入りやすい欠点も出ますが、シルクのツヤ感によるシワさえも上品に見せる効果でカバーしています。

 

このようにそれぞれの良さをかけ合わせる事で、春夏に着ても快適な着心地と、軽快な見た目を実現しているんですね。

三者混は春夏ジャケットにオススメの選択肢ですよ^^

 

良さ②清涼感・軽やかさが感じられる

三者混は爽やかで涼し気な印象と、風でひらりとなびくような軽やかさを持っています。

また色の発色も鮮やか。瑞々しさや若々しさを感じさせるブラウンジャケットを作る事ができますよ。

白コットンパンツやライトブルーのデニムを合わせ、爽やかな着こなしを楽しみましょう。

 

良さ③軽い着心地のジャケットに仕上がる

三者混はコットンやリネン100%と比べると、生地の重量が軽いです。

その為、軽い着心地のジャケットを作る事ができます。

さらにシルク混の滑らかな生地感は身体の動きを妨げません。

コットンやリネンのしっかりした生地感がニガテな方や、動きやすさを重視したい方にオススメです。

 

三者混ブラウンジャケットのコーデ例

ブラウンジャケットを仕立てた場合のコーデ例を紹介しますね。

ご参考程度にご覧頂けますと幸いです。

 

①ブラウンを差し色にする

ブラウンジャケットを差し色に使うクールビズスタイル。

白オックスフォードシャツと黒ニットタイの無彩色でまとめ、ブラウンの柔和な雰囲気を強調する狙いです。

 

ボトムスはグレートラウザーズでシックに。

ネイビージャケットにグレートラウザーズを合わせるスタイルと、似たような感覚で着回せるところが優位点ですね。

 

②ペールトーンで春らしさを意識する

シャツ・ネクタイに水色やピンク、薄いイエロー等のペールトーンを合わせると春らしい雰囲気に近付きますよ。

このスタイルもグレートラウザーズでOK。

より爽やかに見せたい時は白コットンパンツもステキです。

 

③アイビーでスポーティーに着る

若々しい雰囲気に見えるスポーティーなスタイル。

シャンブレーのボタンダウンシャツに、左上がりのレップストライプタイでアイビー風のVゾーンを楽しめますよ。

この場合ボトムスはベージュチノがオススメです。

※参考:ジャケパン用のチノパンを仕立ててみては?ワイドチノもおもしろい

 

三者混で春夏用ブラウンジャケットを作ります

三者混は3つの素材のイイトコ取りをしたスグレモノ。

清涼感や軽やかさが感じられる生地感は春夏用ジャケットにオススメです。

春夏にブラウンジャケットを着るのは意外性がありますので、コーデの幅を広げたい方はぜひ挑戦してみてくださいね!

その際は秋冬っぽくないブラウンを選ぶ事をお忘れずに♪

 

今日もROAD OF STYLEブログをお読みくださり、ありがとうございます^^

 

 

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。感想をシェアしてくださると更新の励みになります^^