バングルのサイズの選び方(ダニエルウェリントンで比較説明)

こんにちは!お洋服ブロガーのYuukiです。今回の記事は、

  • バングルのサイズの選び方を知りたい
  • 手首周りの測り方を知りたい
  • 手首周り16cmの男性が選ぶならどのサイズ?

といったご要望・疑問を解決する内容となっています。

 

バングルの購入を検討されている方は、まずは手首周りを測ってみましょう。

そして「バングルの内周(内径)が手首周り+3~5mm」を目安に選べばOK。

詳しいことは記事前半で解説しますね。

 

ちなみに僕は手首周り16cmと細い部類に入ります。

頑張れば女性用のサイズも付けられるのですが、はたしてそれはどうなのか?

ダニエルウェリントンのバングルの女性用&男性用サイズを使って検証しました。

記事後半に細かい寸法比較と着用写真を載せましたので、サイズ選びの参考としてぜひご笑覧くださいね^^

 

バングルのサイズの選び方

本記事で取り上げるバングルは以下の物を指します。

  • 手首に沿うような楕円形の腕輪
  • 留め具がない
  • いわゆるC型(開いたスペースに手首を通して装着する)

 

ブレスレットはフック等の留め具が付いた腕輪・腕飾りです。

(※ブレスレットはサイズ調整できる物もある為、本記事はお役に立たないと思います)

それではバングルのサイズの選び方を解説しますね。

 

手首周りの測り方

採寸メジャーを手首周りにグルっと巻きます。

「手首の骨が出っ張っているところ」を測りましょう。

上の写真の場合、手首周りは16cmです。

 

採寸メジャーは100均やAmazonで購入できます。

まだ持っていない方はこの機会に購入しておきましょう。

印象が良くなるスタイル作りにおいて、自分の身体の寸法や、お洋服のサイズ把握は基本中の基本です。

他にもメルカリで断捨離する時や、家具の長さを測る時にも使えて便利ですよ。

 

内周(内径)が手首周り+3~5mmが目安

バングルのサイズを選ぶ時は「内周が手首周り+3~5mm」を目安に選びましょう。

例えば手首周り16cmの場合、内周16.5cm以上が目安です。

 

+3~5mmのゆとりは、バングルが手首にしっかり当たるくらいのフィット感です。

バングルが軽く当たるくらいが好きな方は、+1cm以上のゆとりがある物を選ぶと良いでしょう。

僕は肌荒れを防ぐ考えもあって、+1cm以上のゆとりがあるバングルを使っています。

 

内周というのは「バングル内側の円の長さ」のことです。

この内周が手首周り+3~5mm以上あるものを選べばOKです。

 

・・・以上、バングルのサイズの選び方でした。

ちなみに金属製のバングルは、多少力を加えて内周を広げたり狭めたりできます。

但しやり過ぎると金属疲労を起こし、壊れる可能性があるのでほどほどに。

 

手首周り16cmの男性がバングルを選ぶなら?

ここからは実践編です。

手首周り16cmだと、女性用のバングルを付ける事もできなくはないです。

ただ付けられるからと言って「見映えが良いか?フィット感が良いか?」は別問題^^;

 

そこでダニエルウェリントンのバングルで着用感を比較してみました。

ネット購入を検討している方や、プレゼントでサイズを迷っている方のお役に立つと幸いです。

 

ちなみに手首周り16cmは、次のような体型の人があてはまりやすいです(※ご参考程度に)

  • 身長160~170cmくらい
  • 体重50kg台の痩せ体型
  • トップスのサイズ XS~Sくらい
  • 上半身を酷使するスポーツ経験なし

 

ダニエルウェリントンのバングルで比較します

比較に使用したのは、ダニエルウェリントンの「CLASSIC BRACELET」という商品名の物です。

サイズはSmallとLargeの2サイズ展開。

Smallが女性用、Largeが男性用とされています。

 

それぞれの細かい寸法と着用写真を紹介しますね。

 

①Smallサイズ(内周15.5cm)の場合

内周が15.5cmですので、手首周り15cm以下の方向けです。

 

手首周り16cmでもかろうじて装着できました。

手の甲側は問題ない見映えですね。

 

ところが手のひら側ではバングルが食い込んでいるんです(汗)

内周不足が原因ですね・・・

短時間なら大丈夫そうですが、僕は何時間も付けていようという気にはなれませんでした。

 

常に締め付けを感じるのでフィット感も良くなかったです。

やはり手首周り+3~5mmのゆとりは最低限必要でしょう。

 

②Largeサイズ(内周18cm)の場合

内周が18cmですので、手首周り17.5cm以下の方向けです。

手首周り16cmに対してゆとりが大きいので、僕は若干狭めてフィット感を調整しています。

 

バングルの一部が手首に触れるくらいの着用感です。

手を上げるとバングルが腕の方にスライドするくらいのゆとりがありますよ。

手を洗う時にいちいち外す必要がないのでラクですね。

 

バングルが食い込む心配もありません。

手首に軽く当たるくらいなので、付け心地も軽く感じやすいです。

 

ちなみにバングルは手首だけでなく、腕の方に付ける使い方も楽しめますよ。

例えば長袖シャツをまくって袖口付近にバングルを付ける。といったアレンジにも使えます。

ゆとりがすこし大きいくらいの方が活用の幅が広がりそうですね!

 

・・・という事で、手首周り16cmの僕はLargeサイズ(内周18cm)を選びました。

バングルは手首の細さをカモフラージュするのに有効なアクセサリー。

頼りなさそうなイメージに見られるのを回避しながら、上品さをアピールしたいですね。

※参考:手首・腕が細いメンズはバングルを付けよう!女性ウケも良くなります

 

個人的にはゆとりあるサイズをオススメします

バングルのサイズを選ぶ時は、自分の手首周りより少し大きいものを選ぶようにしましょう。

具体的には「内周が手首周り+3~5mm」が目安です。

 

このゆとりはフィット感に影響するので、バングルが手首にしっかり当たるのが好きなら+3~5mmのゆとり。

バングルが軽く当たるくらいが好きな方は、+1cm以上のゆとりがある物を選ぶと良いでしょう。

今回の記事があなたのスタイル作りのお役に立つと幸いです。

 

今日もROAD OF STYLEブログをお読みくださり、ありがとうございます^^

 

 

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。感想をシェアしてくださると更新の励みになります^^