クールビズにはジャケパンが使えます!選択肢の1つに入れてみては?

こんにちは!ROAD OF STYLEブログ管理人のYuukiです。今回の記事は、

  • クールビズにジャケパンは使えるの?
  • ジャケパンならノーネクタイOK?
  • どんなアイテムを選べばいいか事例を教えてほしい

といった疑問・ご要望にお応えする内容となっています。

 

5月5日から立夏となり、暦の上ではもう夏が始まりましたね。

ビジネスシーンではクールビズ推奨期間(5/1~9/30)ですので、早くも軽装を始めている方もいるでしょう。

この期間は服装が崩れてしまう方が増えるので、いつも「もったいないなぁ」と思っています^^;

だからこそ、きちんとした服装ができていると評価されやすいワケですが。

 

そこで今回の記事は「クールビズこそジャケパンはどうですか?」という提案です。

ジャケパンが使える理由とアイテムの選び方事例を紹介していますので、ぜひご笑覧くださいね^^

(※スタイルの性格上、ノージャケットや半袖は一切取り上げていません)

 

クールビズにはジャケパンが使える!

ジャケパンは「上下別々のジャケットとトラウザーズを組み合わせるスタイル」です。

どうしてクールビズにジャケパンが使えるのか?主な理由は次の3つです。

  1. 軽快感があるから
  2. リラックス要素を入れやすいから
  3. コーディネートの幅が広いから

 

それでは1つずつコメントしていきますね。

 

理由①軽快感があるから

ジャケパンはスーツほど重厚感がなく、軽快な印象に見せやすいです。

スーツは全体が引き締まって見えるところが良さですが、夏場では重たく見える可能性もあります。

まぁライトグレーやベージュといった明るい色を着ればOKなのですが・・・

もう1つの違いとして、スーツとジャケパンではネクタイの柔軟性に違いがあります。

 

スーツスタイルはネクタイを締めて完成します。

ですから「ネクタイを外してしまうと未完成の着こなし」に成り下がってしまう。

つまり相手に失礼な装い。純粋に崩れた服装という事です。

ネクタイはスーツスタイルを引き締める要で、これがないと途端に締まりが無くなるんですね^^;

 

それに対しジャケパンはノーネクタイだから未完成、とはなりません。

これはジャケパンがスポーティーで自由度が高いスタイルだからです。

ネクタイを締めた方がきちんとした印象ですが、ノーネクタイで軽快な印象を選択するのもOKなのです。

これはジャケパンの優位点と言えるでしょう。

 

理由②リラックス要素を入れやすいから

ジャケパンはスーツと違ってリラックス要素を入れやすいです。例えば、

  • ボタンダウンシャツと相性が良い
  • 濃い色・大柄シャツを合わせやすい
  • カジュアルな生地のシャツもOK
  • ポロシャツを合わせてもいい
  • スーツでは難しい素材(麻、シアサッカー等)を取り入れやすい

 

これはカジュアル感がある装いを楽しめる、快適さを重視した装いができる、

猛暑向けの素材を取り入れやすい、といった良さが多いという事です。

 

上の例で挙げたシャツは、どれもノーネクタイで着ても違和感がありません。

ですので、移動中などでネクタイを外しても問題なし。

自分が快適な装いを作りやすいワケですね。

 

理由③コーディネートの幅が広いから

ジャケパンはスーツよりコーディネートの幅が広いです。

合わせるシャツ、ネクタイ、トラウザーズ、靴の選択肢が豊富にありますし、色の組み合わせも自由度が高いです。

例えば夏らしい白をスーツで着るのは無理がありますが、ジャケパンなら難なく合わせられますよ。

 

余談:きちんとした服装をする利点

クールビズでも「ジャケット・ネクタイ着用」はストイックかもしれません。

確かに蒸し暑い日本では多少のガマンが必要でしょう。

 

それでもきちんとした服装をする利点は何なのか?

それは「あなたのステータスが上がる」です。相手にも伝わりやすくなります。

これは社会的なステータスではなく、自信やセルフイメージ。あなたの内側の魅力です。

※参考:自分に自信を持ち、精神的に強くなる方法は「ステータスを上げる事」

 

クールビズアイテムの選び方事例

クールビズ期間に使いやすいアイテムの事例を紹介しますね。

お買いものの参考にご活用頂けると幸いです^^

 

①平織り生地のジャケット・トラウザーズ

平織り(ひらおり)生地は、夏に適した良さをたくさん持っています。

  • 薄手で通気性が良い
  • 肌にベタつきにくい
  • ツヤ感が控えめ
  • 単品着用しても違和感がない
  • シワに強く、シワの復元力が高い

 

こんな感じのざらっとした表情をしています。

わからない方はショップ店員さんやスタイリストさんにアドバイスを仰ぎましょう。

 

糸と糸の隙間が大きい為、熱や湿気が逃げやすい。風が衣服内に入ってきやすいです。

(※隙間がわかるような撮り方をしています。実際着用してる時はこんなに透けて見える事はありません)

 

②ブルー系のシャツ

清涼感がある見た目を作りやすいです。

白と違って日本人の肌色と合いやすく、お顔映りが明るく見えやすいですよ。

※参考:ビジネスに使っても良いシャツの色とは?見せたい印象に合わせて使い分けよう

 

③柄シャツ

ギンガムチェックのような色鮮やかな柄シャツがオススメです。

ノーネクタイでも地味見えしにくいですし、ニットタイとの相性もバツグンに良いです。

 

④カジュアルな生地のシャツ

シャンブレー(平織りのデニム)やデニムシャツがオススメです。

女性ウケが良かったり、麻ジャケットやコットンパンツとの相性も良いです。

※参考:シャンブレーシャツは春夏コーデに(ブレザーとのコーデ事例付き)

 

⑤ニットタイ

涼しい見た目と軽快な印象がジャケパンにピッタリです。

クールビズ期間限定でも良いので2~3本持っておきましょう。

 

ジャケパンはクールビズに有効な選択肢です

軽快な印象に見せられるジャケパンスタイルは、クールビズにも有効なスタイル。

合わせるアイテムを調整して「自分が過ごしやすい装い」を作る事も可能です。

それができるのはジャケパンのコーディネートの幅が広いから。

この強みを活かして、快適で良い印象をキープできるスタイルを目指していきましょう。

 

今日もROAD OF STYLEブログをお読みくださり、ありがとうございます^^

 

 

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方が多くなると更新の励みになります^^