ネクタイのシミ抜きはドライクリーニング推奨です(実例付き)

こんにちは!お洋服ブロガーのYuukiです。今回の記事は、

  • ネクタイのシミを落としたい!
  • ドライクリーニングってどんな方法?
  • ドライクリーニングの効果を実例で知りたい

といった疑問・ご要望にお応えする内容となっています。

 

ネクタイのシミって、いつの間にかついていて困っちゃいますよね^^;

お洋服みたいに気軽に洗濯できないし、どうやってシミを落とせばいいのか?

お悩みの方も多いと思います。

 

そこで今回の記事ではネクタイのシミを落とす方法と、ドライクリーニングのシミ抜き実例を紹介します。

はたしてシミがついていたネクタイがキレイになったのか?ぜひご笑覧くださいね。

 

ネクタイのシミを落とす方法

ネクタイのシミを落とすなら「クリーニング店のドライクリーニング」をオススメします。

シミの性質によっては自宅洗いで落とす事もできますが・・・

生地がパサパサになったり、ツヤ感がなくなる恐れがあるので控えた方が賢明です。

一度そうした変化を起こすともう二度と元の状態には戻りませんしね(汗)

 

ドライクリーニングとは?

ドライクリーニングは「水を使わない洗濯方法」

水の代わりに有機溶剤という液体で、汚れを溶かしてキレイにします。

有機溶剤は繊維に与える負荷が小さい為、「デリケートな生地をなるべく傷めずに」洗う事ができるんですね。

 

シルクは水に弱い素材。だからドライクリーニングで洗うのが基本です。

品質表示にもドライクリーニングのみ、DRY CLEAN ONLY等の表記が書かれているモノが大半です。

 

↑この動画を観ると有機溶剤のスゴさが一目瞭然ですよ!

20秒間洗っても、有機溶剤に入れた折り鶴はさほど崩れませんでした。

水に入れた折り鶴はグチャグチャ・・・もしこれがシルクの繊維だったらどうでしょう?

縮んだりパサパサになるのが容易に想像できると思います。

 

ネクタイのシミを落とすなら「クリーニング店のドライクリーニング」を利用しましょう。

 

ドライクリーニングのシミ抜き実例

ドライクリーニングの効果を確認する為、実際にネクタイのシミ抜きを依頼してきました。

昨日(6/11)受け取ってきたので、ビフォーアフターを紹介しますね。

 

①シミ抜き前

シミ抜き前は油っぽいシミが3か所についていました。

指紋くらいの大きさで微妙に暗いシミです(※画面を離すと見えやすいです)

ちなみにネクタイはメルカリで購入したもので、出品段階でシミがついていました。

手に皮脂がついた状態で、ネクタイの緩みを直そうとして付いたシミかな?と推察しています。

 

ちょうどディンプルの辺りで悪目立ちしていました^^;

シミが人目につく位置にあると、さすがに着用できませんよね。

 

②シミ抜き後の仕上がり

こちらがドライクリーニングでシミ抜きした後です。

3か所共キレイに消えてくれました!

 

有機溶剤で洗っているので生地の縮みや毛羽立ちはありません。

手触りも元々のツルっとした感じですし、光反射でキレイなツヤ感が見られますよ。

 

海のようなライトブルーが清々しくて、夏場締めても涼し気な印象です。

シミが消えたおかげで使えるようになって本当に良かったです。

 

③今回かかった日数や費用、注意点

今回ドライクリーニングを依頼したのは白洋舎です。

6月2日に持ち込み、11日に受け取りました。所要日数は長めにかかると見込んでおきましょう。

かかった費用は880円でした(※素材によっては495円)

※参考:料金一覧(衣料品) | 白洋舍で上質なクリーニングを

 

ドライクリーニングを依頼する際は、以下の注意点をご理解ください。

  • 汚れたらなるべく早めに持ち込む事
  • 100%汚れが落ちるとは限らない
  • 生地が若干痛む場合もある
  • お店によっては断られる場合もある

 

お店によってはドライクリーニングを断られる場合もあります。

実は今回、白洋舎の前にイオンモールにあるクリーニング店に寄ったのですが・・・

ネクタイを見せた瞬間に「できない」と即答されました(汗)

 

こう言われると不安に思うかもですが、これはあくまでも”そのお店さんではできない”という回答です。

クリーニング店にとってもリスクの高い依頼なので、受けない方針のお店もあるんですねΣ(^∀^;)

まぁ聞くのはタダなので、気を取り直してもう1店舗あたってみましょう。

 

ネクタイのシミ抜きはドライクリーニング推奨です

ネクタイを水で洗うと生地がパサパサになったり、ツヤ感がなくなる恐れがあります。

その為、シミ抜きは水よりも生地に優しいドライクリーニングがオススメです。

生地の風合いをなるべくキープしながら、シミを落とす事ができますよ。

ネクタイにシミがついてしまったら、早めにクリーニング店に持ち込むようにしましょう。

 

今日もROAD OF STYLEブログをお読みくださり、ありがとうございます^^

 

 

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。感想をシェアしてくださると更新の励みになります^^