セルフイメージを上げたい方へ:読者さん向けにMTM提供を始めます

こんにちは!お洋服ブロガーのYuukiです。

いつもブログを見てくださり、ありがとうございます^^

 

今回は「MTM(オーダースーツ)製作サービス」に関するお知らせです。

※MTM:MADE TO MEASURE(メイドトゥメジャー)、日本でいうパターンオーダー。

 

ブログ読者さん向けにMTMの提供を始めます

6月16日現在、ブログ読者さん向けにMTMを提供する体制作りを進めています。

今回は第1弾モデルとして「セルフイメージの底上げに効果を発揮するスーツ」を紹介させて頂きますね。

着用者を力強い立ち姿に見せ、ユニフォーム効果(※)という有利な心理効果が得られるスーツです。

(※きちんとした服装をしている人は、説得の効果が高くなるという心理効果。売上アップや信頼獲得に役立つ)

 

①第1弾モデル「ウィリアム」

「クラシックなスーツスタイルと、英国の立ち姿をキレイに見せるという考え方」をベースにしたモデルです。

クラシックは「普遍的、王道」といった意味ですが、「世界共通のスタンダード」と認識して頂くとわかりやすいと思います。

どこへ行っても、どんな場面でも、誰が相手でも通用する。そんなブレないスタイルを目指す方にオススメしたいモデルです。

ちなみに「ウィリアム」は英国紳士をイメージしたネーミング。

 

僕は以前とある英国スーツブランドで販売員をしていました。

そのお店のスーツは既製品で25万円~、MTMが297,000円~です(※在籍当時)

お客様は経営者さんや個人オーナーさんが多かったのですが、

皆さんが選ぶスーツは流行りモノではなく、クラシックなスーツが大半でした。

 

具体的にはネイビーやグレー無地、伝統柄(例:チョークストライプ)のスーツです。

まさしく「どこへ行っても、どんな場面でも、誰が相手でも通用する」に当てはまるクラシックなスーツ。

「ウィリアム」もそういったスーツにしたいと思い、デザインやサイズを設計しています。

 

※注記:本記事の写真は「ウィリアム」の特長をイメージする参考としてご覧くださいm(_ _)m

 

②シルエットの優位点

ウィリアムは「着用者を力強い立ち姿に見せる」シルエットとなっています。

身体のラインがわかるような細身ではなく、着用者の体格を良く見せる事を目指しています。

このシルエットは相手に信頼感を与え、ユニフォーム効果を引き出す意図があります。

用途はビジネススーツ、冠婚用のダークスーツ、ディナージャケット(タキシード)にオススメです。

 

ジャケット

  • 着用者の肩にしっかりとフィットし、相手に信頼感・安心感を与える印象を作ります。
  • ラペル(下襟)幅はクラシックな9cm。落ち着いた印象と小顔効果が得られます。
  • 着丈はヒップの付け根に設定。カラダを最大限に長く見せます。
  • ご自身では目視できない後ろ姿の体型補正も行います。余分なシワがなくなり美しい見映えとなります。

 

トラウザーズ

  • 股上を深く取ることで、脚長効果と立ち姿の安定感を高めます。
  • ブレイシーズ(サスペンダー)で吊るスタイル。クリースの落ちが良くなります。
  • フロントにプリーツ入り。エレガントな見た目と穿き心地の良さを両立します。
  • 太ももはゆとりがあり、裾にかけて細くなる自然なシルエット。上半身を貧相に見せません。

 

日本人は「頭が大きくて胴長短足」という身体的な特徴を持っています。

ですので、ただサイズを合わせただけのスーツでは、欧米人のような美しい立ち姿に見せるのは難しいです。

ウィリアムはその課題を解決できます。

頭を大きく見せず、腰位置が高くて脚長に。着用者を力強い立ち姿に見せるシルエットです。

 

③対象サイズについて

イタリアサイズで「42・44・46(XS~M相当)」をベースモデルとしてご用意します。

想定身長は160~178cm(※160cm以下のサイズ調整可能)

採寸用スーツを着て頂き、フィッティングで次のような調整を行います。

 

ジャケット

  • 左右の肩位置(高さ)を合わせる
  • 前肩や猫背等の体型補正
  • 前後の着丈バランスを整える
  • タテの調整(着丈、袖丈、ボタン位置)
  • ヨコの調整(肩幅、ウエスト、袖幅)

 

トラウザーズ

  • 骨盤の傾きに合わせる体型補正
  • 前後の股上バランスを整える
  • タテの調整(股下、ダブル裾幅)
  • ヨコの調整(ヒップ、ウエスト、脚の太さ)

 

尚、ウィリアムの対象サイズはあえて狭く絞っています。

どうしてかと言うとウィリアムは痩せ体型の方・LGBTの方向けに作っているからです。

  • 痩せていて頼りなく見られる
  • ビジネスで相手に舐められたくない
  • 信頼獲得できず取引に繋がらない
  • カラダのラインを強調したくない
  • お尻パツパツのトラウザーズはニガテ

といったお悩みを取り除きたい方のために作ったモデルです。

 

④受注開始時期・価格

2021年9月1日から受注開始予定。

この時期はオーダースーツ業界で秋冬物がスタートしている時期です。

価格はスーツ66,000円~。SNSやYou Tubeで紹介してくださる方には特典も考えています^^

 

⑤どんな人にオススメか?

ウィリアムは次のようなお悩み・想いを持っている方にオススメします。

  • セルフイメージを上げたい
  • 自信を持って事業を伸ばしたい
  • 流行りの細身スーツがニガテ
  • 当ブログの考え方に共感している
  • クラシックをベースにスタイルを確立したい
  • 購入後もお互いWIN-WINの関係を築きたい

 

尚、フィッティングは京都市内(京都駅や四条周辺)で行います。他府県への出張は応相談。

関西圏外の方は「トランクショー」という受注イベントを考えていますよ。

※新潟県で開催するプランは練っています。

 

⑥スーツでお悩みのLGBTの方へ

僕はフリーの個人フィッターです。

だから有店舗ほど手厚いサービスはできませんし、どんな身長・体型でも採寸OK!とはいきません^^;

ですが、個人フィッターだからこそできる事もあると考えています。

 

例えばプロフィールで少しだけ触れている「LGBTの方向けのスーツ作り」

FTMでレディースの型紙のスーツを着たくない方に、メンズの型紙で仕立てるスーツを提供する事ができます。

ウィリアムの対象サイズを絞っているのはそういう意図もあるんです。

 

僕はLGBTフレンドリーです。

学生の時からLGBTの友人や家族さんと交流があったので、僕にとっては身近な存在だと思っています。

そしてアライ(支援者)になる為に自分にできる事はないかな?と考えた時、

「LGBTの方のスーツ選びをお手伝いできるかも!」と考えるようになりました。

 

僕自身も外見のコンプレックスで、自分に自信が持てない期間が人生の半分くらいありました。

性自認や性的指向の悩みには直接アプローチできませんが、外見のお悩み解決を通じて力になれると考えています。

僕は個人で動いているので、1対1の応対でプライバシーを守れます。SNS上でお悩み相談にも乗れます。

それに店舗スタッフと違ってお買いものに同伴したり、代行する事だってできますよ。

 

まぁどれも特別な事ではないかもですがΣ(^∀^;)

「こういうフィッターもいるんだな!」って知ってもらう事で、誰かの希望になれるかもしれないし、

LGBTの方のお悩み解決が増えるキッカケになるかもしれません。

だったらやる価値あるよな!という風に考えています。

 

MTM関連記事もご参考に

 

ご質問はコメント欄かお問い合わせまで

セルフイメージの底上げに効果を発揮するスーツ「ウィリアム」

生地やデザイン、細かい寸法を設計して、採寸用スーツの製作をスタートさせました。

2021年9月1日から受注開始予定です。

正式リリースはブログで告知しますので、「ちょっと良さそうかも!」と感じた方は楽しみにしていてくださいね^^

 

 

P.S.採寸用スーツが仕上がった際は、採寸モニター募集や試着イベントを考えています。

お互いWIN-WINの関係を築きたいと考えてくださる方に、先行して提供したいです。

LGBTの方もお気軽にご相談のメッセージをくださいね。MTM以外のご相談もウェルカムですよ~

 

今日もROAD OF STYLEブログをお読みくださり、ありがとうございます^^

 

 

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。感想をシェアしてくださると更新の励みになります^^