FOX KHAKIはウールライクなツヤ感があるコットンスーツに

こんにちは!お洋服ブロガーのYuukiです。

今回は英国の生地メーカー「FOX BROTHERS(フォックスブラザーズ)」より

ウールライクなツヤ感が特長的なコットン生地「FOX KHAKI(フォックスカーキ)」をご紹介します。

 

FOX KHAKIは、

  • 上品見えするコットンスーツが欲しい
  • ツヤ感がある生地が好き
  • 色鮮やかな生地を探している
  • 三者混やソラーロに合うパンツが欲しい
  • FOX BROTHERS ダグラス・コルドーさんのようなスーツを作りたい

といったご要望に見合うコットン生地が揃っています。

 

今回の記事はFOX KHAKIの良さの解説と、どんなお洋服にオススメか?を紹介しています。

個人的にはウールのようなツヤ感が気になったので、それを活かすのが良いと感じています。

FOX KHAKIの情報はまだまだ少ないので、少しでも知りたいという方はぜひご笑覧くださいね^^

 

FOX KHAKI(フォックスカーキ)について

2021年にリリースされた「FOX BROTHERSでは初のコットン生地」です。

無地のみの展開ですが全35色と充実した内容。

  • 自然を連想させるカーキグリーンやチェダー(ヒマラヤ杉)
  • 夏の装いを彩るベガスピンクやサンイエロー
  • 英国的なブリストルブルー、エアフォースブルー

といった見ているだけで気持ちが明るくなる色が収録されています。

 

ちなみにバンチブックにはイタリア製と表記されています。

FOXは自社で生地を製造するメーカーなのですが、FOX KHAKIに関しては生地商社のような展開ですね。

主な特長は次の3つ。

  1. コットンドリル
  2. 重量315g
  3. ウールライクなツヤ感がある

 

それでは1つずつ解説していきますね。

 

特長①コットンドリル

ドリルというのは「丈夫な綾織り(あやおり)のコットン生地」です。

目が詰まった地厚なドリルは耐久性が高く、19世紀には軍服に採用されていました。

コレ、ひょっとするとFOX “KHAKI”のネーミングに関係するかもですが・・・

 

当初、軍服用に作られた生地は白色でした。

でも戦場で白のトラウザーズを穿いていたら、すぐに汚れるのが容易に想像できますよね?

しかも敵方にも認識されやすいだろうから、実戦でも相当難があったハズ(汗)

 

そこで不都合を解消する為に生地を「カーキ」に染めたんですね。

これが英国のカーキドリル(※いわゆるチノクロス)と呼ばれる生地です。

カーキはヒンズー語で「土色」の意味。

どうしてカーキの名を使うのかというと、カーキドリルがインドで誕生したからなんです。

 

こうした生地の歴史にインスパイアされて、

FOXのコットンドリルはFOX “KHAKI”とネーミングされたのかもしれませんね^^

(※あくまでも僕個人の仮説なので、無闇に引用するのはお控えください)

 

 

ちなみにこの生地の品番はCOT17。色名はKHAKI(カーキ)です。

目が詰まったコットンドリルは洗うほどに質感が良くなり、エイジングを楽しめる優位点を持っています。

洗濯機でガシガシ洗える丈夫さも嬉しいポイントですね。

 

特長②重量315g

1mあたりの重量315gで、主に春夏シーズンの着用に適しています。

ウールほどではないですが、割と柔らかい生地感をしていますので、

初めてコットンでオーダーする方にも使いやすいですよ。

 

特長③ウールライクなツヤ感がある

FOX KHAKIの生地表面は「ウール生地のような上品なツヤ感」が見られます。

バンチブックだとわかりにくいのですが、これは何気に大きな特長だと感じています。

 

ちなみにW.BILL(ダブリュー・ビル)のコットンドリルはこんな感じ。

微弱なツヤ感はありますが、どちらかと言えばマットな表情をしています。

 

2枚並べると違いは一目瞭然。

FOX KHAKIはウールのようなツヤ感があって上品。W.BILLはカジュアルな印象ですね。

この事からFOX KHAKIは「コットンだけどウールみたいに上品見えする」

という強みがあると言えるでしょう。

 

クールビズ期間に使うコットンスーツに仕立てるも良し。

三者混やソラーロといった、エレガントな生地のジャケットに合わせるパンツにするも良し。

カジュアルなコットン生地とは違ったスタイル作りを楽しめますよ。

 

FOX KHAKIはどんなお洋服にオススメ?

FOX KHAKIは主に春夏シーズンに使えるコットン生地です。

どんなお洋服にオススメか?アイディアを3つ書いていますので、ご参考になさってくださいね。

ちなみに生地のラインナップは次のサイトで確認できますよ。

※参考:Fox Khaki – The Merchant Fox

 

①軽快なコットンスーツ

出典:Instagram

FOX BROTHERSの社長ダグラス・コルドーさんです。

FOXの生地で迷った時は、素直にこの御方を参考にするのが良いでしょう。

色については明確な記載が見当たらないのですが、COT16のOAT(オート麦)が近い感じです。

日焼けされている方や、40代以上で大人の貫禄がある方に似合う色ですね。

 

②上品なコットンパンツ

ウールライクなツヤ感を活かして、上品なコットンパンツに仕立てるのもオススメです。

ベルトレス仕様やプリーツを入れて、ドレッシーな作りにすると良いでしょう。

使い回しを重視するならカーキやインディゴ。

夏に特化するならカプリブルーやサンイエロー、オフホワイトといった鮮やかな色を選んでみては?

 

③無骨なフィールドジャケット

出典:Fox Khaki Safari Jacket in Oat – The Merchant Fox

品番:COT15 DARK OLIVE(ダークオリーブ)を使ったサファリジャケットです。

これを見てFOX KHAKIの独特のツヤ感は、スーツ以外のアパレルも見込んでの企画なのかなと思いました。

最初は上品なツヤ感を楽しむ。やがてエイジングが進むにつれて生地にアタリが出て、その人だけの風合いに育っていく。

噛めば噛むほど味が出る・・・これはバブアーのように育てる系が好きな人に刺さる生地ですね!(服バカ、笑)

 

ちなみにテーラーさんの中には、このようなフィールドジャケットを作れるお店も存在しています。

一緒にオフホワイトのコットンパンツも仕立てれば、手軽にサファリルックの完成です。

 

FOX KHAKIの上品なツヤ感を活かそう

英国的な歴史を持つコットンドリルを35色から選べるFOX KHAKI。

コットンだけどウールみたいに上品見えするお洋服が欲しい方にオススメします!

軽快なコットンスーツに、上品なコットンパンツに、無骨なフィールドジャケットに・・・

あなたのスタイル作りに取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

FOXのジャケット生地FOX JOURNEYについても書いているので、合わせてご笑覧くださいね。

※参考:ノーネクタイでも地味見えしにくいジャケットはFOX JOURNEYで

 

今日もROAD OF STYLEブログをお読みくださり、ありがとうございます^^

 

 

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。感想をシェアしてくださると更新の励みになります^^