僕が一度は使ってみたいスーツ生地「ラムズゴールデンベール」

こんにちは!お洋服ブロガーのYuukiです。

いつもブログを見てくださり、ありがとうございます。

普段の記事には書かない独自の視点や、個人的に良かった体験談等をシェアする「FITTER EYES:服バカの遺言」チャプター10です。

 

キムタクが如くことPS4のゲーム「JUDGE EYES:死神の遺言」

これをもじったパロディ(笑) 服バカの遺言もついに10回目を迎えました!

ときには物語を書くといった自由さをウリに、これからもいろいろ書いていきますね~

 

さて今回の服バカの遺言は「僕が一度は使ってみたい生地について」

結論から言うと、世界最高レベルの羊毛で作られた「ラムズゴールデンベール」という糸で織られたスーツ生地です。

前半はラムズゴールデンベールの解説、後半は僕のスタイル作りの考え方を書きました。

ぜひご笑覧くださいね^^

 

ラムズゴールデンベールについて

ラムズゴールデンベール(LUMBS GOLDEN BALE)はオーストラリア産の最高級羊毛を使い、

英国ハダスフィールドのジョセフ・ラム社が紡いだ高品質の「糸」です。

糸のもとになる極細の原毛の採取量はごくわずか。その質は世界最高レベルと言われています。

 

ラムズゴールデンベール(生地)の特長

ラムズゴールデンベールの糸で織られた生地は、通常のウールと同じ特長を持ちながら、

さらに「カシミヤのような天然のストレッチ性、ヌメリ感、しっとりとしたツヤ感」を持っています。

ラムズゴールデンベールは極細のウール原毛から作られた糸ですので、一般的なウール糸よりもヌメリ感のある生地に仕上がるんですね。

 

ヌメリ感(ぬめり)という表現はカシミヤで良く耳にすると思います。

これは「生地の性格を表す言葉」で、カンタンに説明すると次の通りです。

  • ヌメリ感:柔らかい、滑らかな肌触り、美しいドレープが出る
  • シャリ感:ハリやコシがある、カタイ触感、反発力があり仕立て映えする

ヌメリ感がある生地は「贅沢品に多い」イメージでOKかと。実用性より上質さを取ってる感じですしね。

 

 

ヌメリ感がある生地は、繊維が細い素材(例:カシミヤ)を使うか、甘撚り(あまより)の糸を使う等して作る事ができます。

ソフトで軽い着心地を得やすい為、主にジャケット用の生地に多いですよ。

※例えばロロ・ピアーナのサンセット(※カシミヤシルク、重量220gmsくらい)

 

その反面、強い負荷には弱くなる為、スーツ用として使うのは難しくなります。

特にトラウザーズは座る時の圧力や膝抜け、小股の摩擦でダメになりやすいです^^;

カシミヤ100%のスーツ生地が少ないのは耐久性によるもので、それでウールと混ぜて欠点をカバーするというワケ。

しかし混ぜるとヌメリ感がなくなるというジレンマ・・・両方の良さを併せ持つのは難しいのです(汗)

 

「おいおい、ちょっ待てよ(;・ω・´)o!!」(言いたいだけ)

じゃあスーツにも使える強さと、ヌメリ感を両立するにはどうすればいいのか?

その方法の1つが「ラムズゴールデンベールの糸を使う」という事です。

(※他にエスコリアルウール、スパンカシミヤがありますが・・・それはまた別の機会に)

 

カンタンにポイントまとめ

①ラムズゴールデンベールは世界最高レベルの原毛で作られた「糸」

②ラムズゴールデンベールで織られた生地は「スーツにも使える強さとヌメリ感を併せ持つ」

③通常のウールと同じ特長 + 天然のストレッチ性、ヌメリ感、しっとりとしたツヤ感がある

(ヌメリ感:柔らかい、滑らかな肌触り、美しいドレープが出る → 着心地が良い、贅沢品)

 

普段使いに耐える実用性がありながら、極上の着心地の良さも追究できる。

というところが他の生地にない魅力と言えるでしょう。

 

出典:HUDDERSFIELD HISTORICAL TEXTILE MILLS – Juliet Crowther

ちなみにこれほどの生地を作ろうとすると、効率より徹底した品質管理が必要です。

実際ジョセフ・ラム社がラムズゴールデンベールの使用を許している工場は、世界でたった1社のみ。

ごくわずかな採取量の原毛で糸を作り、許された工場が伝統的な工法で織りあげる。

その生地でスーツを仕立てると、肌に吸い付くような素晴らしい着心地が得られるんですね。

 

目を奪う装いではなく心を奪う装いを

これは僕がスーツに仕立てたいなと思っている生地です。

英国の生地商社「H.LESSER & SONS(H.レッサー&サンズ)」より

THE LUMBS GOLDEN BALEのダークネイビー×白ピンストライプ(CODE:31116)

※参考:HLESSER – No.305 LUMBS GOLDEN BALE – Harrisons

 

まさに王道のスタイル(ROAD OF STYLE)にふさわしいクラシックな色柄。

ネイビーに赤みが混じっておらず、ミッドナイトブルーのような深い色合いが刺さりました。

1mあたりの重量330gmsと秋用くらいのウエイトで、仕立て映えを期待できるところもGOODです!

 

 

僕が英国のスーツが好きなのは、

「英国紳士が華美な装飾を好まず、良質なウールでしっかりと織られたベーシックな色柄を好むから」

 

ラムズゴールデンベールはこれに当てはまる生地の1つだと考えています。

流行に左右されず、頑なに王道と品質を守り続ける。それで130年以上に渡り評価され続けていますからね。

最高品質のウールを探す為の初めての渡航では、オーストラリアへのフライトに12日もかかったそうです。

そうした情熱や決意のようなものは、着る人に大きなチカラを与えてくれる気がします。

 

この生地なら僕がスタイル作りにおいて感銘を受けた言葉の記事で紹介した、

「紳士はファッショナブルではなく、スタイリッシュであれ」を体現できると考えています。

流行を追っていろんな着こなしをするのも良いけれど、紳士は自分のスタイルを構築すべきだ。という教えですね。

この言葉に影響を受けて、僕のスーツスタイルはクラシックをベースにするようになりました。

 

クラシックは「普遍的、王道」といった意味ですが、「世界共通のスタンダード」と認識して頂く方がわかりやすいかと。

どこへ行っても、どんな場面でも、誰が相手でも通用する・・・そんなスタイルを目指しています。

その道のりにおいて、ラムズゴールデンベールは1つの高みと捉えているんですね。

「最高の定義」は人それぞれ違うでしょうが、今の僕にとってはラムズゴールデンベールは間違いなく「最高」です。

 

目を奪われるものは、たいてい派手で見映えがいいもの。

心奪われるものは、わりと地味で泥臭かったり、案外身近にあるもの。

僕は目を奪うような華美な装いではなく、その見た目や所作で心を奪う紳士を目指しています。

 

高みを目指してこれからも精進します

久々に暑苦しい記事となってしまいました。たまにはいいですよね(笑)

僕のスタイル作りに対する考え方って、あまり発信してないよなぁと思いましてσ(^∀^;)

ふとラムズゴールデンベールの写真を見て書こうと思ったワケです。

 

理想を実現させる為には何度も意識する事が大切ですし、

誰かに伝える事でやるぞ!ってスイッチも入りやすいですしね。

ラムズゴールデンベール・・・目指すところは高ければ高いほどおもしろい(登山家?)

 

今抱えている悩みを無くす事は難しくても、それらを悩みだと感じない自分になる事はできます。

その為には自分が今いるステージを上げるしかありません。

憧れを持つ事は向上心を掻き立て、自分のステージを上げる原動力になると考えています。

以上、服バカの遺言でした。

 

今日もROAD OF STYLEブログをお読みくださり、ありがとうございます^^

 

 

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。感想をシェアしてくださると更新の励みになります^^