ドレスシャツで避けるべきデザイン。分別する事をお忘れずに

STYLE MAKING

こんにちは!お洋服ブロガーのYuukiです。今回の記事は、

  • クラシックなスタイルを構築したい
  • ドレスシャツで避けるべき要素は?
  • いろんなデザインが気になるけど、実際どうなの?

といったご要望・疑問にお答えする内容となっています。

 

今回は「クラシックなスタイルを構築する際に」避けてほしいデザインをまとめました。

ドレスシャツ選びの参考になさってくださいね^^

 

※当記事に特定のブランドやデザインを批判する意図はありません。

「クラシックなスタイルに相応しいか?」を考えるキッカケの提供を目的としています。

 

ドレスシャツで避けるべきデザイン

ここで紹介するデザインに1つでも当てはまると、

そのシャツは「クラシックなスタイルに相応しいドレスシャツ」とは言えません。

カジュアル度の強いジャケパンに使う等、デザインと着こなしのバランスを合わせるようにしましょう。

 

尚、避けるべき理由は次の通りです。

  • スタイル全体の印象を損ねるから
  • 分別ができない人と思われてしまう
  • 率直にダサイと思われてしまう
  • 着こなしでネガティブな印象を持たれ、信頼獲得が難しくなるから

 

それでは避けるべきデザインを挙げていきます。

合わせて推奨デザインも列記していますので、シャツ選びの参考になさってくださいね。

 

①2枚襟

出典:マルイウェブチャネル

ノーネクタイでも地味に見えない?かもしれませんが、上品な装いには相応しくありません。

襟先を留めるボタンも付けるなら1つで十分です。

(※出典写真は避けるべきデザイン②③④⑤⑦も含まれています。さすがに盛り過ぎ^^;)

 

推奨デザイン

  • 1枚襟が基本
  • 襟が首に沿うようにフィットする
  • 襟のロールがキレイに出るモノ

 

②色付きボタン

華やかな印象に見える?かもしれませんが、これはカジュアルシャツの仕様です。

ボタンの縫い糸に色糸が使われているモノも避けるようにしましょう。

 

推奨デザイン

  • ボタンは白系が基本
  • 天然の貝ボタンが上品(例:白蝶貝)
  • ボタンの縫い糸も白系で良い

 

③ボタンホールが色糸

前立てやカフスのボタンホールが、赤や黒色などで縫われているモノはカジュアルです。

スーツの袖口にもごく稀に見受けるデザインですが、クラシックなスタイルには相応しくないでしょう。

 

推奨デザイン

  • ボタンホールは白が基本
  • (スーツ・ジャケットは生地と同系色)

 

④第2ボタンが複数個

ドレスシャツの前立てにはボタンが7個付くのが基本です。

しかしなぜか第2ボタンに複数個ボタンが付けられたシャツが存在します。

ボタンは装飾という考え方もありますが、シャツは下着です。下着に華美な装飾は必要ありません。

 

推奨デザイン

  • 第2ボタンは1個で良い

 

⑤襟やカフス裏に別生地

襟やカフスの内側に、違う色やチェック柄等の裏地が付いているモノはカジュアルです。

クラシックな装いに襟やカフスの裏地を見せる着こなしは存在しません。

ノーネクタイの時に目を惹くデザイン?かもしれませんが、発想が安っぽくないでしょうか?

 

推奨デザイン

  • オモテもウラも同じ生地で良い

 

⑥襟やカフスに目立つ刺繍

出典:Yahoo!ショッピング

ネーム刺繡をわざわざ人目につくところに入れる必要はないでしょう。

ワンポイント目を惹くデザインは個性があっておもしろい?かもしれませんが、

そのワンポイントのせいで「全体の印象がカジュアルダウンする事」に気付きましょう。

 

推奨デザイン

  • ネーム刺繍は「左胸とウエストの間」が正しい位置
  • 色は白かネイビー
  • そもそも刺繍を入れない

 

⑦襟やカフスに色糸のステッチ

襟やカフスの輪郭に沿って、色糸のステッチが縫われているモノはカジュアルです。

オーダーでも選ぶ事ができますが、わざわざ色糸を選ぶ必要はないでしょう。

 

推奨デザイン

  • ステッチは白が基本
  • 水色シャツ等は生地と遜色がない色が選ばれます

 

⑧前立てにリボンテープが付いている

出典:楽天市場

前立てにチェック等のリボンテープが付いているモノはカジュアルです。

こうした意外性より、襟のロールなどの見映えがキレイか?に気を遣うようにしましょう。

 

推奨デザイン

  • ドレスシャツにリボンテープは不要

 

デザインより素材やフィッティングにこだわろう

今回の記事は普段人から指摘されにくいテーマです。

ですので、自分では良かれと思って購入している人も少なからずいると思います。

目を惹くデザインを見て、ちょっとテンションが上がるお気持ちはわからなくもないですが、

「クラシックなスタイルには相応しくないよな」と分別する必要はあるでしょう。

 

クラシックなスタイルを構築したい人は、上質な素材やフィッティングにこだわりましょう。

まずは2~3枚で良いので、綿100%で華美な装飾がないドレスシャツを選ぶ事。

そして、できるだけクラシックなスタイルに精通した人にフィッティングを見てもらいましょう。

今回の記事がスタイル作りのお役に立つと幸いです。

 

最後までお読みくださり、ありがとうございます^^

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました