ニットタイの合わせ方:カジュアル・スポーティーなスタイルに

STYLE MAKING

こんにちは!お洋服ブロガーのYuukiです。今回の記事は、

  • ニットタイの合わせ方を知りたい
  • ニットタイはどんなスタイルに使えるの?
  • ニットタイを使ったコーディネートの幅を広げたい!

といったご要望にお答えする内容になっています。

 

ニットタイを買ったはいいけど、合わせ方がわからずに悩んでいませんか?

そのお悩みを解決するには、ニットタイがどんなスタイルに使えるのか?を知る事が効果的です。

 

そこで今回の記事では、ニットタイが使えるスタイルとコーデ事例を紹介します。

この記事を読むとニットタイを幅広く使うヒントが得られますよ^^

 

ニットタイはどんなスタイルに使えるの?

ニットタイはカジュアル・スポーティーな要素を持たせたスタイルと相性が良いです。

通常の織り地のネクタイと違い、カジュアルな雰囲気に見せてくれる良さを持っているからです。

さらに素材感がある生地のスーツ・ジャケットに合わせやすいところも優位点。

次に挙げるスタイルを参考に、自分に合ったコーディネートを考えてみてくださいね。

 

①ビジネスカジュアル

出典:Twitter

涼し気な印象に見えるライトグレーのスーツに、黒ニットタイを合わせたスタイル。

独特の光沢を持つウールモヘア生地のスーツとニットタイの相性は良く、春夏シーズンにオススメの組み合わせです。

 

他にコットンスーツやストレッチ素材のセットアップに合わせるのも良いですね。

チェックシャツやデニムシャツ、ローファー等でカジュアルに着こなす事ができますよ。

 

②クールビズ

ニットタイは暑苦しい印象を感じさせにくい為、クールビズに使いやすいです。

通常の織り地のネクタイでも、コットンやリネン素材を選べば涼し気に見せられますが・・・

太陽にかざすと生地が透けるくらい、ざっくり編まれたニットタイのほうが軽快な印象を与えられます。

 

クールビズには通気性が良いフレスコや、ホップサック生地のジャケットが使いやすいです。

ボトムスはグレースラックス、ベージュチノ、白コットンパンツと選択肢が多いところも優秀ですね。

これらのジャケパンスタイルにニットタイの組み合わせは、クールビズの幅を広げたい人にオススメです。

 

③リゾートエレガンス

出典:きちっとしているのに涼しいサマースーツの着こなし

シアサッカースーツとニットタイは王道の組み合わせ。

元々ニットタイは1920年代に登場し、その後高級リゾート地で流行を見せたという歴史があります。

シアサッカースーツもリゾート地でのバカンスに着用される、リゾートエレガンスを象徴するお洋服なんですね。

パナマハットを被って、お忍びでバカンスを楽しむセレブが如く着こなしましょう。

 

④アイビールック

ブレザーとニットタイの組み合わせは、1950年代に盛んに使われていたスタイル。

アイビーリーグの大学生たちは、学校の先生に会う時などにこの組み合わせをしていました。

着用者を柔らかい&若々しい印象に見せてくれるので、コミュニケーションを活発に取りたい場面にオススメです。

 

余談:オススメのニットタイは?

オススメは全国展開しているオーダースーツ店「麻布テーラー」のニットタイ。

先ほどの④アイビールックで着用していたものです。

 

色展開が豊富にある点と、太い糸で編まれた生地を使っている点がオススメです。

全18色あるので色選びの参考例を挙げておきますね。

  • ニットタイを持っていない人は「黒・ネイビー・グレー」
  • 差し色がお好きな人は「赤・オレンジ・パープルピンク」
  • 秋冬コーデに使いたい人は「グレー・ブラウン・ワイン」

 

ニットタイの合わせ方(コーデ事例)

ニットタイを合わせた時のコーデ事例やポイントを紹介します。

コーディネートの参考にご覧いただけますと幸いです。

 

①黒ニットタイでミニマムに

白黒グレーのモノトーンでまとめたミニマムなVゾーン。

一般的なニットタイは剣先6cmですが、写真のニットタイは剣先7.5cm。

クラシックなラペル幅のスーツに合わせても遜色なく、ディンプルもくっきり。

英国的な力強い印象を感じさせます。

 

②スペクテイターズルックに

キャメルのダッフルコートを羽織って、スポーツ観戦をするアイビーリーガー風の着こなしに。

(スペクテイターは観戦者の事で、スポーツ観戦する時の装いをスペクテイターズルックと呼びます)

リラックスしたスタイルで生産性を高めたい時や、勤務後はデートに直行という時にいかがでしょうか。

 

③コーデュロイと合わせて冬の装いに

出典:Olive-green corduroy suit – from Ettore de Cesare

温もりを感じさせるコーデュロイスーツにニットタイもステキです。

水色シャツとグレーニットタイが柔和な印象で、温厚な人柄を感じさせますね。

ニットタイは春夏のイメージが強いですが、合わせる素材や色使いを工夫すれば冬にも使えますよ。

 

ニットタイで自分のスタイルを楽しもう

ニットタイは幅広いスタイルに使えるネクタイ。

通常の織り地のネクタイと違い、柄物や素材感があるジャケットに合わせやすい強みを持っています。

カジュアルな雰囲気に見せてくれる良さを活かし、自分のスタイルに合ったコーディネートを楽しんでくださいね!

今回の記事があなたのスタイル作りの参考になると嬉しいです。

 

最後までお読みくださり、ありがとうございます^^

 

 

スポンサーリンク
内容が良かった!役に立った記事は、シェアしていただけると嬉しいです^^
ROAD OF STYLE

コメント

タイトルとURLをコピーしました