ヒゲ脱毛するならスキンケアを習慣付けよう。清潔感も上がります

素の魅力の磨き方

こんにちは!お洋服ブロガーのYuukiです。今回の記事は、

  • ヒゲ脱毛にスキンケアは必要?
  • スキンケアしないとどうなるの?
  • 最低限やる必要があるスキンケアとは?

という疑問にお答えする内容となっています。

 

これからヒゲ脱毛をする人も、現在ヒゲ脱毛をしている人も「顔のスキンケアは必須」

この習慣があるのとないのとでは、脱毛効果が出るスピードが違ってくるからです。

 

スキンケアでお肌がうるおっていると、皮膚に埋もれがちなヒゲが表面に出やすくなるんですね。

また施術時の痛みも軽減される為、出力を上げてより早く脱毛効果を出せます。

逆にスキンケアを疎かにすると、ニキビや炎症などの肌トラブルが起きやすくなるので要注意。

 

そこで今回の記事では、ヒゲ脱毛にスキンケアが必須である理由と、習慣付けたいスキンケアを紹介します。

知っていると習慣化にも役立つので、ぜひ最後までご笑覧くださいね^^

 

ヒゲ脱毛するならスキンケア必須

ヒゲ脱毛にスキンケアが必須な理由は、次の3つです。

  1. ヒゲ脱毛の効果が高まるから
  2. 施術の痛みが軽減されるから
  3. ヒゲが減るとお肌のバリア機能も低下するから

それでは1つずつ見ていきましょう。

 

理由①ヒゲ脱毛の効果が高まるから

お肌のうるおいが保たれているほうが、ヒゲが抜け落ちやすいです。

皮膚に埋もれがちなヒゲが表面に出やすくなり、脱毛をスムーズに進めやすくなりますよ。

これは乾いた土から雑草を抜くのと、湿り気のある土から雑草を抜くのとでは、後者が抜きやすいのと似たようなイメージですね。

 

乾燥した状態で施術を受けると、光の熱の影響で肌トラブルに繋がる恐れもあります。

例えば赤みやほてり、毛嚢炎(もうのうえん:肌に赤いブツブツができる)など。

これらの症状が出ると紫外線対策をしたり、お風呂・飲酒などのカラダがあたたまる行動を控える必要が出てきます。

脱毛効果アップと肌トラブル回避の為に、スキンケアでうるおいを保ちましょう。

 

理由②施術の痛みが軽減されるから

お肌のうるおいが保たれていると、施術の痛みが軽くなります。

乾燥した状態は刺激に弱く、うるおいが保たれている時より痛みに敏感になっているからです。

 

医療レーザー脱毛・光脱毛のどちらも、黒いモノだけに反応する光エネルギーを照射します。

この反応で熱エネルギーが発生。毛根や毛乳頭にダメージを与えて脱毛という流れです。

 

熱エネルギーは100℃を超える温度ですので、照射する度に肌の水分も奪われてしまうんですね。

イメージは日焼けしてヒリヒリした状態。

あの状態でパチーン!と平手打ちをくらったら痛いですよね^^;

痛みを軽減する為に、お肌のうるおいはとても大切なんです。

 

理由③お肌のバリア機能が低下するから

ヒゲが減ると皮脂の分泌量が変化し、お肌のバリア機能が低下する場合があります。

これは脱毛前よりお肌がデリケートになっているという事で、それをスキンケアで補う必要があります。

 

皮脂は「お肌の乾燥を防ぐコーティングの役割」を持っています。

皮脂は体毛を通じて分泌されるものもあり、皮脂腺は毛穴の中に枝分かれするような形で存在しています。

つまりヒゲが減る → 皮脂を分泌する箇所も減るという事で、脱毛前より乾燥を守るバリアが弱まるワケです。

脱毛後のお肌を守る意味でも、スキンケアは習慣にしておきたいものです。

 

 

・・・以上、ヒゲ脱毛にスキンケアが必須な理由でした。

 

施術で照射してもらう光エネルギーの出力を上げれば、より早く脱毛効果を得やすくなります。

その分痛みも強くなりますが、うるおいを保っていれば痛みは軽減可能です。

早くヒゲを減らしたい!女性ウケが良い顔になりたい!と思うなら、スキンケアを習慣に取り入れましょう。

 

清潔感も上がる!習慣付けたいスキンケア

スキンケアの目的は「お肌に水分を与え、保湿する事」です。

男性のお肌に含まれる水分量は女性の半分以下。

水分が足りないとお肌のたるみ、かさつき等の原因になってしまいますし、ヒゲ脱毛の効果が出づらくなってしまいます。

 

また水分を失った肌は、乾燥を防ごうとして皮脂を分泌するのですが、その量は女性の約3倍!

脂っぽい肌は毛穴が詰まってニキビや炎症を起こし、くすみや黒ずみに発展します。

結局何も対策しないと水分不足 or 脂っぽくなって、お肌のトラブルに繋がってしまうのです(汗)

ですので日頃からお肌に水分を与え、保湿する習慣を大切にしましょう。

 

具体的には朝晩の2回、次の3ステップを踏むだけです。

  1. 洗顔
  2. 化粧水で保湿
  3. 乳液でバリアを張る

それでは1つずつポイントをお伝えしますね。

 

①洗顔

目的:汗や皮脂、古い角質、ほこりなどの汚れを落とす

初心者は泡タイプの洗顔料がオススメ。細かい泡を作る手間が省けるからです。

顔の肌は思った以上に薄い為、ゴシゴシこすると傷付いてしまいます。

泡でサラっと撫でるようにするだけで、顔の汚れを落とす事ができますよ。

 

やり方

  1. ぬるま湯か水で顔を軽く洗う
  2. 洗顔料を泡立てる
  3. 泡を顔のTゾーン(額と鼻)につける
  4. 泡を顔の外側に優しく広げる
  5. 頬や目元を泡で撫でる
  6. しっかり洗い流す
  7. タオルを顔に当てて水気を取る(こすると肌が傷付きます)

 

ポイント

洗顔料には洗浄力が強い成分が含まれています。

ですので顔に泡をつけて優しく広げるだけで、十分な洗浄効果が得られます。

 

②化粧水で保湿(水は意味なし)

目的:洗顔後の肌に水分と保湿成分を与える、開いた毛穴を引き締める

顔の汚れを落とした後は保湿です。

これをやらないと肌が皮脂を分泌して、かさついてるのに脂っぽい肌になってしまいます。

 

化粧水とふつうの水の違いは「水分の浸透力」です。

化粧水は肌の内部にしっかりと浸透するので、お肌にうるおいを与えてくれます。

ふつうの水はほとんど浸透しませんし、すぐに蒸発して乾燥を招くのでご注意を^^;

 

やり方

  1. 手に化粧水を出す(500円玉くらい)
  2. 手のひらで顔全体に優しくつける
  3. 奥まで浸透させるイメージで馴染ませる(10~15秒くらい)

 

③乳液でバリアを張る

目的:うるおいを維持するバリアを張る

乳液は化粧水の直後に使いましょう。

うるおいや有効成分を閉じ込めてくれるので、乾燥しやすい時期は特に重要です。

先述の理由③の通り、ヒゲが減ると皮脂の分泌量も減るため、乳液の保護は欠かせませんよ。

 

やり方

  1. 手に乳液を出す(10円玉くらい)
  2. あとは化粧水と同じ手順でOK

 

ポイント

僕は無印良品の化粧水と乳液を使っています。

メーカーはバラバラでも大丈夫ですが、セットで買うほうが時短ですよ。

 

脱毛しながら清潔感がある顔になろう

ヒゲ脱毛の効果を高める為にスキンケアは必須です。

うるおいが保たれていると施術時の痛みも軽減されるので、出力を上げて効果的にヒゲにダメージを与えられます。

そしてヒゲが無くなるとお肌のバリア機能が低下する為、それを補うスキンケア習慣が重要です。

清潔感があって、健康的なお顔をキープする為に、ぜひスキンケアを習慣付けるようにしましょう。

 

↓洗顔料、化粧水、乳液の順に並べています。

必要なモノを買い足してスキンケアを習慣付けましょう。

今回の記事があなたの素の魅力アップに役立つと幸いです。

 

最後までお読みくださり、ありがとうございます^^

 

 

スポンサーリンク
内容が良かった!役に立った記事は、シェアしていただけると嬉しいです^^
ROAD OF STYLE

コメント

タイトルとURLをコピーしました