プリントのネクタイ入門|合わせやすいプリント柄を3つ紹介

STYLE MAKING

こんにちは!お洋服ブロガーのYuukiです。今回の記事は、

  • プリントのネクタイって何?
  • ちょっと難しいイメージがある
  • 合わせやすい絵柄を教えてほしい

といった疑問・ご要望にお応えする内容となっています。

 

プリントのネクタイは「生地表面に柄が転写された生地」で作られたネクタイ。

ペイズリー柄に多いですが、他にも花小紋柄やアニマル柄などもあります。

鮮やかな発色や繊細な柄が特長である反面、ちょっと派手で使いにくいかも?と感じる人もいるのではないでしょうか。

 

そこで今回は「プリントのネクタイ入門」と題して、プリントの解説と合わせやすい柄を3つ紹介します。

上手に使えば華やかなVゾーンを作れるので、プリント未経験の人はチャレンジしてみては?

当記事でプリントの良さを知る事ができるので、ぜひご笑覧いただけると嬉しいです^^

 

プリントのネクタイを知る

ネクタイの柄は大きく3つのタイプがあります。

  1. 織り柄(ジャカード)
  2. プリント柄
  3. 刺繍柄

織り柄と刺繍柄は糸をつかって柄を表現するのに対し、

プリントは生地に転写したり、職人さんが手染め(ハンドスクリーン)して柄を表現しています。

 

現代はインクジェットが主流

現代ではインクジェットプリンターを用いて、ネクタイ生地に柄を転写するのが一般的です。

やはり機械で柄入れをするほうが失敗や色ムラが少ないので、品質が安定します。

これは納期に遅れず、注文を納品する為に避けて通れない一面なのでしょう。

 

インクジェットは、まっさら無地の生地表面にインクを吹き付けて柄を転写します。

化学染料は天然の草木染めでは表現できない「鮮やかな発色」も表現可能。

また糸の織りでは難しい「繊細な絵柄」もカンタンに表現できます。

 

これらのプリントタイはエルメスやフェンディ、ダンヒルといった、

海外のラグジュアリーブランドで多く見る事ができますよ。

元々まっさら無地なので手触りも滑らか。美しい光沢が見られるモノが多いです。

 

その反面、発色が良すぎてVゾーンに取り入れにくい一面もある為、選ぶセンスを問われますね^^;

ある程度ネクタイの扱いに慣れている人にオススメします。

 

ジャカードとの違い

糸の織りで柄を表現するジャカードは、プリントよりも高級感を感じやすいです。

あらかじめ染めた糸を織り込んでいくので、深みのある発色、光反射による陰影がキレイに見えます。

特にペイズリー柄はこの差が歴然。複雑な織りは芸術品と言えます。

 

ジャカードのデメリットは、生地を引っかけてしまうと糸が飛び出やすい点。

他にも剣先が擦れに弱く、デリケートなサテン生地は摩耗にとても弱いです。

プリントタイはそういったリスクが小さい為、できるだけ長く使いたい人にオススメです。

 

合わせやすいプリント柄ネクタイ

プリントタイの入門として、合わせやすい柄は次の3つです。

  1. 小紋柄・幾何学模様
  2. アニマル柄(動物モチーフ)
  3. ペイズリー柄

コーデ事例とともに1つずつ紹介しますね。

 

①小紋柄・幾何学模様

小紋柄とは「小さなモチーフの柄が並んだ柄」です。

ダイヤのようなひし形や四角形といった図形(幾何学模様)、花、紋章等の柄が並びます。

柄が大きくなると華やかな印象が強くなる為、小さい柄を選ぶと良いでしょう。

 

遠目で見るとマイクロチェックのような見映え。

重厚感のあるチャコールグレースーツに、柔和な印象をプラスしています。

 

②アニマル柄(動物モチーフ)

アニマル柄は「動物の顔や全体像のモチーフが小さく並んだ柄」です。

ハンティング(狩猟)のようなカントリースポーツと馴染みが深い動物(犬、馬など)がオススメです。

ツイードジャケットやコーデュロイスーツに合わせると良いでしょう。

 

ブレザーに合わせてビジネスカジュアルに。

ウールの混率が多いネクタイを選べば、光沢感を抑えられますよ。

 

③ペイズリー柄

ペイズリー柄は「草木や花等の植物をモチーフにした柄」です。

プリントの鮮やかな発色、繊細な柄表現がもっとも活きる柄ですね。

普段よりドレスアップしたい場面に使うと良いでしょう。

 

ドレッシーな性格が強いクレリックシャツに合わせ、胸元の視線誘導効果を高めました。

強い存在感を出したい局面でお試しください。

 

プリントのネクタイでセンスを磨こう

鮮やかな発色と繊細な柄表現を楽しめるプリントタイ。

その反面、選ぶセンスが問われます。

ネクタイだけが目立つVゾーンはあまりエレガントではないので、スーツとの相性をしっかり見極めましょう。

 

上手に使えば華やかなVゾーンを作れるので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

難しいからと毛嫌いせず、「よし!試してみるか」と取り組む姿勢は老化防止にも役立ちますよ。

今回の記事があなたのスタイル作りのお役に立つと嬉しいです。

 

最後までお読みくださり、ありがとうございます^^

 

 

スポンサーリンク
内容が良かった!役に立った記事は、シェアしていただけると嬉しいです^^
ROAD OF STYLE

コメント

タイトルとURLをコピーしました