スーツをアップデートしよう|今いるステージの1歩先に進むために

FITTER EYES:服バカの遺言

こんにちは!お洋服ブロガーのYuukiです。

いつもブログを見てくださり、ありがとうございます。

普段の記事には書かない独自の視点や、個人的に良かった体験談等をシェアする「FITTER EYES:服バカの遺言」チャプター14です。

 

来年に向けてスーツをアップデートしようかなと。

というのもシンプルにカラダが大きくなってきたので。

太ったワケではなく、ランニングと筋トレで筋肉が大きくなってきたんですよね。

 

体重に変動がないまま(54~55kg)

  • 胸囲+3cm
  • ウエスト+2cm
  • 太もも+5cm

ほかにも骨盤の傾きを修正して、上半身のイビツな湾曲も小さくできました。

 

このボティメイクにはもちろん意図があるワケで、この1年で手応えを感じているんですね。

「今いるステージの1歩先に進むために、1歩先のステージにいる自分のスタイル」を構築したいなと。

だからスーツのフィッティングも見直したいと思っています。

 

という事で今回の服バカの遺言は「スーツをアップデートしよう」

前半はマインドセット的な話ですので、そういう考え方もあるかも?

というカジュアルな気持ちでご笑覧くださいね^^

 

スポンサーリンク

スーツをアップデートする

「理想の自分になりたいのなら、もうすでに理想の自分になっているかのように考え、行動しよう」

ビジネスの原理原則を学んでいる人は、一度は聞いた事があるマインドセットではないでしょうか?

 

もちろん初めは背伸びして”演じている”感覚が強いのですが、

繰り返すうちに考え方や行動が身に付き、現実が変わり始めていき、結果的に理想の自分になっていると。

これは考え方や行動以外に、付き合う人や環境、ほかに外見を変える事も有効とされています。

 

今、もしかして「ホンマかいな?」って思いました?

Yuuki
Yuuki

僕は以前思ってましたよ(笑)

思ってましたけど、ランニング習慣化を成功させたり、楽観主義の考え方を採用する過程で、

「これってホンマかも!」って思うようになってきました。

 

 

信じる信じないはアナタにおまかせ、するとして。

もし理想の自分に近付くために何かを変えたいとお考えなら、1つの方法として外見を変えてみるのも良いと思います。

但し注意点が1つ。

それは「今の延長線上で考えたら効果が得られない」という事。

 

“理想の自分から逆算して考える”という原理原則ですからね。

“それ”を基に自分を変える選択肢を選びましょう。

だから今までのスタイルと大きく変わる必要があっても、それを受け入れる覚悟が必要です。

 

 

マインドセットは、ただ知るだけでは意味がないんですよ。

目標から実際の行動までが繋がって、初めて意味が出てきます。今回の話だと、

  • 目標:1歩先のステージにいる自分になる
  • 方法:外見を変える
  • 行動:スーツをアップデートする

ここまでしてやっとマインドがセットされた事になります。変化はその先で生まれます。

 

自戒も込めて書いておくと、やっぱりどこかで抵抗を感じて、今の延長線上に落ち着いてしまうのが人の常(汗)

脳の現状維持機能、ホメオスタシスです^^;

だけど変わるためには選択を変えないとですよ?

 

6万円 → 25万円のスーツを販売するようになった話

僕は20代のとき、3~6万円のスーツを販売していました。

ですが30歳を目前にいろんな変化をしていき、25万円のスーツを販売するようになったんです。

と言ってもお店と商品が変わっただけですけどね。カッコつけると環境の変化(笑)

だけど、それまでと同じ考え方や行動では1着も販売できなかったんですよ。

 

じゃあどうして販売できるようになったのか?

それは25万円のスーツを販売している自分に変わったから。

考え方や行動、もちろん自分が着ているスーツも変えて、そうなる努力をし続けたからです。

 

それまで着ていたスーツは、スーツの事をよく知らないフィッターが作るピチピチな感じでした。

僕にもそんな無知の時代がありましたよ(苦笑)

そんなんじゃ当然売れるわけないんです。

まずはその事実に気付き、それから理想の自分に相応しいスーツに変えると決めました。

 

それまでの延長線上で選ぶのをやめて、ガラッとスタイルを作り変えたワケです。

例えば・・・

  • ピチピチ → 立ち姿をキレイに見せるシルエットに
  • 短い着丈 → ヒップの付け根に合わせる黄金バランスに
  • お洒落感を意識した色柄 → クラシックな色柄に

おもちゃみたいなスーツから、正統派のスーツにアップデートしていきました。

 

 

スーツは細かいディティールの集合体。

何か1つでも正統から外れる要素があると、一気にチープなスタイルに成り下がると僕は考えています。

(※あくまで僕個人の考え方なのでサラっと流してくださいね)

 

すでに理想の魅力的な自分になっているのであれば、おもちゃみたいなスーツでも結果が出せるかもしれません。

ただ僕は魅力を全然磨けていなかった。

だからあの時の延長線上に、結果が出せる未来がなかったんです。

「今の延長線上で考えたら効果が得られない」というのは、そういう意味です。

 

 

まだ12月上旬ですけど、

あなたが来年は「今いるステージより上にあがるぞ!」と意気込んでいるのなら、

  1. その為に何をやめて(捨てて)
  2. 新しく何を選ぶのか?

考え、行動していく事をオススメします。

 

今回はスーツをアップデートするという話で、この事を考えてもらいたかったのです。キッカケになったらいいなと。

2021年最終月のうちに。

今年の悔しい気持ちがみなぎっているうちに。

そのほうが今の延長線上に見切りをつけやすいと思ったからです。

 

・・・なんだか暑苦しい話でしたかねΣ(^∀^;)

安心してください。もう終わりですよ(言いたいだけ、笑)

 

ブルーグレーを帯びたネイビー

今回検討している生地です。

VITALE BARBERIS CANONICO(ヴィターレ・バルベリス・カノニコ)の

PERENNIAL(ペレンニアル)

 

ネイビーですが、ほんのりブルーグレーを帯びた発色が良いなぁと感じています。

  • 相手に自分の印象を残したい
  • 小さくてもいいから記憶に残してもらいたい
  • 派手な色柄を着ると、自己顕示欲が強い人だと敬遠されそうでイヤだ

というお気持ちがある人にオススメします。

 

「パッと見はフツーだけど、近くで見ると何かが違うなぁ」という風に、

相手に”ちょっとだけ”ミステリアスな印象を与えるスーツが仕上がりますよ^^

 

不思議な発色に見える理由

ネイビーとブルーグレーの糸が打ち込まれているからです。

(※画面を明るくすると後の写真が見やすくなりますよm(_ _)m)

 

この生地は3/1(さん・いち)の綾織り(※デニムでお馴染みの織り方)

タテ糸がヨコ糸の上を3本通ったら、1本下にもぐるという織り方です。

組織図を作ったのでご覧ください。

 

タテ糸はネイビー1色、ヨコ糸はブルーグレーとネイビーが交互にきます。

それでオモテ面にブルーグレーの糸がポツポツ見られるワケです。

 

だからパッと見はネイビーで、

 

ウラ面はブルーグレー。

 

動いたり光反射によって、ブルーグレーを帯びたネイビーにも見えるんです。

 

ネイビー×白ドットタイや、ブルーグレーの小紋柄ネクタイでシンプルに装います。

 

余談:フィッティングの見直し

太もも+5cmの変化が大きくて、トラウザーズが全体的に外側に引っ張られてしまいます^^;

テーパ―ドはすっきり見えて良いんですけど、アスリートみたいな筋肉質な脚になってくると似合いづらいですね(苦笑)

 

ワイドチノも参考に、脚のラインが見えにくいシルエットを検討します。

痩せ体型で貧弱に見られたくない人、O脚をカバーしたい人、FTMの人も参考になると思います。

 

自己成長の為にスーツをアップデートしよう

今いるステージの1歩先に進むためには、今の自分を変える努力が必要でしょう。

考え方や行動を変えるのは当たり前ですが、ほかにも付き合う人や環境、外見を変える事も有効です。

今回は外見を変える方法の1つとして、スーツをアップデートしようというお話でした。

1つの事例として参考になると嬉しいです。

 

ちなみにスーツを着る機会がない人は、姿勢改善や筋トレで体格を変えると良いでしょう。

アイコンタクトや所作を意識するのも有効です。

できる事はたくさんあるので、次の記事も参考にしながら取り組んでみてくださいね。

 

以上、服バカの遺言でした。

 

最後までお読みくださり、ありがとうございます^^

 

 

スポンサーリンク
内容が良かった!役に立った記事は、シェアしていただけると嬉しいです^^
ROAD OF STYLE

コメント

タイトルとURLをコピーしました