トラウザーズのシワが伸びやすいボトムハンガー

STYLE MAKING

こんにちは!お洋服ブロガーのYuukiです。今回の記事は、

  • トラウザーズ用のハンガーって便利なの?
  • ジャケットハンガーのバーはダメ?
  • シワ伸ばし効果が高いハンガーはどれ?

といった疑問にお答えする内容となっています。

 

スーツのトラウザーズやジャケパン用スラックスって、1日着用するとシワが入りますよね(汗)

こまめにアイロンでお手入れするのが理想ですが、なかなかそうはいかないという人もおられると思います。

 

そんな人にオススメしたいのが「脚のシワが伸びやすいボトムハンガー」

これはトラウザーズの自重で、アイロンしなくてもシワがある程度伸びるスグレモノです。

今回の記事で良さを紹介しますので、トラウザーズのシワ伸ばしハンガーとしてお考えになってみては?

それではご笑覧くださいね^^

 

 

トラウザーズのシワが伸びやすいボトムハンガー

今回僕がオススメしたいボトムハンガーは「裾を挟み込むタイプ」

具体的には次のような形のハンガーです。

 

これは”ハンガーのながしお(長塩産業)製”で、価格は2,200円ほど。

ブナ材を使用した木製パーツは高級感が感じられ、トラウザーズの格が上がるような気がします(笑)

 

このタイプの良さは次の3つです。

  1. 裾を挟み込んで吊るせる
  2. スチームを当てやすい
  3. 生地を傷めにくい

それでは1つずつコメントしていきますね。

 

良さ①裾を挟み込んで吊るせる

木の部分がトラウザーズの裾をしっかりと挟み、ウエストを下向けにして吊るす事ができます。

 

このような形で吊るすと、トラウザーズの自重で脚のシワが伸びやすくなります。

あえてベルトやブレイシーズを付けたままで吊るす → さらに重たくなってシワ伸ばし効果アップ!

その状態で1~2日吊るしておけば、脚のシワをかなり伸ばせるでしょう。

 

良さ②スチームを当てやすい

ハンガーで吊るした状態は、裾からウエストにかけてピンと引っ張られた状態。

その状態でアイロンのスチームを当てると、カンタンにシワを伸ばせますよ^^b

 

例えばヒザ裏のグシャグシャなシワ。

ハンガーで吊るすだけでは伸び切らないかもですが(汗)

せやかて吊るした状態でスチームを当てれば、シワも真っすぐに伸びてくれます。

夏場のお手入れがラクになるので、クールビズで単品スラックスを頻繁に使う人はお試しあれです。

 

良さ③生地を傷めにくい

「滑り止めとクッションを兼ねたフェルト生地(※)」がトラウザーズを保護してくれます。

Super表記ウールやシルク混、カシミヤ混といったトラウザーズにオススメです。

 

※100均などのハンガーは付いていない場合があるので要注意。

滑り止めが付いていないと、つるっとした生地のトラウザーズはスルスル落ちる恐れがあります。

 

ピンチはウエストバンドの挟み込みに適しています。

裾を挟み込むと圧力がかかって生地を変形させる恐れがあるので、裾の挟み込みは控えましょう。

 

 

以上、裾を挟み込むタイプの良さをまとめると・・・

  • 吊るすだけでシワを伸ばせる
  • ベルトを付けたまま吊るせる
  • スチームを当てやすい
  • 生地を傷めにくい

お手入れ時間を少しでも短縮したい人は、1~2本用意してみては?

 

ボトムハンガーの特徴比較

ここからはボトムハンガーの長所・短所の比較です。

Yuuki
Yuuki

タイプによって良さが違うので、自分に合うのはどれか?判別する目安にご笑覧くださいね^^

 

①裾を挟み込むタイプ

長所:吊るすだけでシワを伸ばせる、ベルトを付けたまま吊るせる、スチームを当てやすい、生地を傷めにくい

短所:フランネルなどの厚地は不向き、トラウザーズがずぶ濡れになった時は乾くまで待つ必要あり(※挟み込むので乾きにくい)

 

②ピンチで挟むタイプ

長所:すぐ留められる、厚地のトラウザーズも吊るせる、100均でも十分使える

短所:生地にピンチの留め跡が残る、脚のシワが自重で伸びにくい

 

③ジャケットハンガーのバー

長所:省スペースで保管できる、喪服など滅多に穿かないトラウザーズ向き

短所:脚に折りジワが残る、スルスル滑って落ちる時がある、トラウザーズの湿気がこもりやすい(※着用後は単体で休ませるほうが良い)

 

裾を挟み込むボトムハンガー、1本あると便利です

裾を挟み込むタイプのハンガーは、トラウザーズの脚のシワが伸びやすいです。

1日着用したトラウザーズのシワを自重で伸ばし、ガンコなシワだけアイロンで仕上げる。といった使い方がオススメです。

もしお持ちでない人は1本持っておくと便利ですよ~

 

安価なハンガーは滑り止めのフェルトがなかったり、

留め具を固定する金属が貧弱なので、あまりオススメしません(汗)

長塩産業や中田ハンガーなどの専門メーカーで探されると良いですよ。

 

最後までお読みくださり、ありがとうございます^^

 

 

スポンサーリンク
内容が良かった!役に立った記事は、シェアしていただけると嬉しいです。
ROAD OF STYLE

コメント

タイトルとURLをコピーしました