OG-107(バックサテン)とOG-507(ポリコットン)の比較

カジュアルを楽しむヒント

こんにちは!お洋服ブロガーのYuukiです。今回の記事は、

  • OG-107とOG-507の違いを知りたい
  • バックサテンってどんな生地?
  • それぞれどんなお洋服がオススメ?

といったご要望・疑問にお答えする内容となっています。

 

米軍ユーティリティーシャツ&トラウザーズに使われている生地と言えば、

「OG-107とOG-507」が有名ですね(※OG:オリーブグリーン、数値は米軍カラーコード)

パッと見はほとんど同じ生地ですが、これらは使われている素材が大きく違います。

前者は綿100%に対し、後者はポリエステル50%・綿50%です。

 

どちらも春夏向きなのは共通していますが・・・

素材が変わると良さも変わるワケで、トップス向きか?ボトムス向きか?は好みが分かれると思います。

そこで今回は両者の良さの違いについて書きました。

OG-107とOG-507、それぞれの理解に役立てていただけると幸いです^^

 

 

OG-107とOG-507の比較

今回解説に使用したお洋服です。

OG-107は75年製 米軍ユーティリティーシャツ、

OG-507は83年製 米軍ユーティリティートラウザーズ(※ベイカーパンツ型)です。

 

両者とも元の色合いはほとんど同じようですが、OG-507のほうが濃い色合い。

これはOG-107のほうが年代が古く、綿100%で(※良くも悪くも)色褪せしやすいからです。

それに対してOG-507は元の色が長続きしやすい傾向があります。

 

それではOG-107の良さから見ていきましょう。

 

①OG-107(バックサテン)

OG-107は綿100%で、

ウラ面に綾目(斜めの筋)が見られる事から「バックサテン」と呼ばれています。

オモテ面にヨコ糸が多く出ており、サテン特有の光沢が抑えらえた生地感です。

 

OG-107の良さ

  • 光沢抑えめでナチュラルな印象
  • オモテ面の織り目が珍しい
  • ウラ面は肌触りが良い
  • 良くも悪くも色褪せしやすい
  • 引っかけると毛羽が立つ
  • エイジングを楽しみやすい
  • 汗をよく吸ってくれる
  • 綿100%なので柔らかい生地感

 

トップスを推奨

上記の特長を踏まえると「OG-107はトップスに向いている生地」だと僕は考えています。

色褪せしやすい点は、見方を変えればエイジングさせやすいという良さ。

何度も着用したり洗濯を繰り返すことで、ヴィンテージのような風合いを楽しめます。

 

また綿100%ですから、イヤ~なニオイが付着しても、洗えばゼンブ水に流せます。

例えば焼き肉、タバコ、運動不足だとニオう汗。

それらのニオイが付着しても洗えばOKなので、気にせずガンガン着られますよ^^

 

一般的なカジュアルシャツより丈夫な生地感ですので、アウター使いもアリ。

大きなポケットにスマホを入れられるところも便利です。

キャンプやスポーツ観戦のようなアクティビティーに使ってみては?

 

②OG-507(ポリコットン)

OG-507はポリエステル50%・綿50%の混紡生地です。

こちらはオモテ面に綾目が見られ、ほんのりとした光沢感を持っています。

古着感(ダメージ)をあまり出したくない人、色褪せをなるべく抑えたい人にオススメですよ。

 

OG-507の良さ

  • 光沢感がややキレイめな印象
  • 丈夫でハリがある生地感
  • OG-107より型崩れしにくい
  • OG-107ほど汗を吸わない
  • 洗濯後、乾きやすい
  • エイジングには根気が必要
  • 濃い色合いが長続きしやすい
  • 折り目が消えにくい

 

ボトムスを推奨

上記の特長を踏まえると「OG-507はボトムスに向いている生地」だと僕は考えています。

理由は折り目が消えにくい機能性と、濃い色合いが長続きしやすいからです。

 

写真は洗濯機で洗って乾燥させた状態です(※アイロンなし)

全体的にクタっとしていますが、それに反してクリースは健在。ピシッと折り目が残っています。

これはアメイジング!アイロンを当てずに穿いても問題なさそうですね。

 

ボトムスはカラダを占める面積が広いので、色褪せてしまうと全体の印象も変わってしまいます。

例えば濃紺デニムが”うっす~い青色”になったら、微妙に感じる人もいるでしょう。

引き締まって見えないですし、濃紺には合っていたお洋服がイマイチになりますしね^^;

それと同じような事態を避けたい人はOG-507がオススメです。

 

OG-507はポリエステルが多い分、色褪せしにくい。

生地全体の色褪せ、ヒップや膝周りだけの部分的な色褪せ。

どちらも起こりにくいので、ボトムスとして長く使いやすいですよ。

 

それぞれの良さが活きるお洋服を選ぼう

OG-107はナチュラルな印象で、柔らかく、エイジングを楽しめる生地。

OG-507はややキレイめな印象で、ハリがあり、濃い色合いが長続きする生地です。

僕個人としてはOG-107はトップス向き。OG-507はボトムス向きと考えています。

それぞれの良さが活きるお洋服選びの参考になると嬉しいです。

 

最後までお読みくださり、ありがとうございます^^

 

 

スポンサーリンク
内容が良かった!役に立った記事は、シェアしていただけると嬉しいです。
ROAD OF STYLE

コメント

タイトルとURLをコピーしました