ガンコな汚れ落としに「ザウトマン」|シャツの黄ばみを落とせ

QOL向上

こんにちは!お洋服ブロガーのYuukiです。今回の記事は、

  • シミ取り洗剤のオススメは何?
  • シャツ襟の黄ばみを落としたい
  • どうしてザウトマンは黄ばみを落とせるの?

といったお悩み・疑問にお答えする内容となっています。

 

シャツ襟に付着した黄ばみが、なかなか落ちなくて困った事はありませんか?

アレは「生地に付着した皮脂汚れが酸化したもの」で、時間経過とともに黄ばんでくるから厄介ですよね(汗)

 

そんなガンコな汚れ落としに使えるのが、シミ取り洗剤「ザウトマン」

黄ばみ落としはもちろん、他にも食べこぼしや血液、口紅などの多様な汚れを落とせますよ!

 

今回の記事で黄ばみを落とせる理由と、シャツの汚れ落としの実例を紹介します。

ドレスシャツ、カジュアルシャツ、白襟のラガーシャツなど。

お洋服を清潔なまま長く使いたいとお考えの人は、ぜひご笑覧くださいね^^

 

 

ガンコな汚れ落としに「ザウトマン」

ザウトマンは「いろんな汚れ落としに使えるシミ取り洗剤」

元々は大学病院の医療用シミ取り洗剤として開発された、プロユースの洗剤です。

 

コーヒー、醤油、油性ボールペンといった、なかなか落ちないガンコな汚れをサラっと落としてくれます。

 

天然原料のココナッツ油脂が主成分の天然派シミ取り洗剤です。

生地を傷める漂白剤や、蛍光剤、香料などが入っていない為、お洋服にも環境にもやさしいところが優位点。

→ 要は「使える繊維が多い」んです。

シルク、ウール、綿、麻、ナイロン、ポリエステル、カシミヤなどに使えますよ。

 

どうしてシャツの黄ばみを落とせるの?

1.ザウトマンが弱アルカリ性だから(※皮脂汚れは弱酸性)

中性洗剤と比べると洗浄力が強いので、ガンコな汚れでも落としやすいワケです。

その分、お洋服を傷めてしまう恐れもあるワケですが・・・

主成分が石油系原料ではなく、植物性の原料(ココナッツ油脂)なのでダメージが少ないです。

 

2.成分に脱脂作用が強い界面活性剤が含まれているから

黄ばみ・皮脂汚れが水にまじりやすくなり、カンタンに洗い流せるというワケです。

しかも皮膚刺激がほとんどないので、素手で洗ってもダメージが少ないですよ。

 

そもそも黄ばみのもとは、生地に付着した皮脂汚れ。

何度も擦れるうちに繊維の奥深くに染み込んでしまうので、並大抵の洗浄力では繊維から離れないんですね(汗)

だから水にまじりやすくなる洗浄成分が必要なんです。

 

(※注記:洗剤の専門家ではないのでザックリとした説明です。

もっと詳しい理由が知りたい人は、ご自分でもお調べくださいねm(_ _)m)

 

実例:ラルフローレンBDシャツ

メルカリで購入したラルフローレンBDシャツを洗ってみました。

洗い方は次の通りです。

  1. 黄ばみにザウトマンをつける
  2. 5分ほど馴染ませる
  3. ブラシで黄ばみ箇所を擦る
  4. 揉み洗いしながら水ですすぐ

※今回検証したシャツはヒドイ黄ばみが付着していたので、ブラシはトータル10分以上擦りました。

 

①使用前

襟の内側にこびりついたガンコな黄ばみ。き、汚ねぇ・・・!

前の持ち主さんは、よくもまぁここまで放置したなぁと(※おかげさまで良い実験台になりました)

 

カフス(袖口)先端も全体的に黄ばんでいます。

皮膚に触れる以上、皮脂がつくことは回避できません。

時間が経つと”酸化が進んでもっと汚くなる”ので、こまめに落とす習慣が大事です。

 

左胸にも食べこぼしと思われるシミが2か所(苦笑)

申し訳ないですけど、生活態度とかモノの扱い方があまりきっちりされてないのかなぁ・・・

って思ってしまいますね^^;

Yuuki
Yuuki

ラルフローレンのシャツが泣いてるぞー!

 

②使用後

襟の内側は全体的に黄ばみが薄くなりました。

まだ若干の黄ばみが見受けられますが、もう1~2回ザウトマンで洗えば落ちていくでしょう。

(※皮脂が付着してから時間が経っていると、黄ばみの定着も根深くなっています。

ヒドイ状態になる前に、はやめはやめに対応するのがベターですね)

 

袖口は9割がた白くなりました。

青ストライプに黄ばみは(良くも悪くも)お互い目立つ配色。

袖をまくった時に目立つ恐れがあるので、クリーンな状態を維持したいですね。

 

左胸のシミは完全に落ちました。

醤油、ソース、ラーメンのスープが付着しても、ザウトマンがあれば安心ですね。

そういえば洗い上がりの生地がカタくなっているとか、ニオイが付いているとか、そんなヘンな事はなかったですよ^^

 

ザウトマンでお洋服を清潔に保とう

ザウトマンは「いろんな汚れ落としに使えるシミ取り洗剤」

これを使えばシャツ襟の黄ばみのような、ガンコな汚れをサラっと落とせますよ。

夏のお洋服も、意外と皮脂汚れが蓄積しやすい冬のお洋服も。

ザウトマンを使って清潔にしてみては?

 

「シャツの汚れ・黄ばみ落としに特化」したYシャツザウトマンも便利です。

白物専用ですが、業務用の皮脂分解酵素が黄ばみをスッキリ落としてくれます。

ザウトマンより効果が高いので、白シャツをよく着る人は持っておくといいですよ。

 

今回の記事がQOL向上のお役に立つと嬉しいです。

 

最後までお読みくださり、ありがとうございます^^

 

 

内容が良かった!役に立った記事は、シェアしていただけると嬉しいです^^
スポンサーリンク
ROAD OF STYLE

コメント

タイトルとURLをコピーしました