発声練習、どこでする?発声練習できそうな身近な場所7選

素の魅力・ステータスUP

こんにちは!お洋服ブロガーのYuukiです。今回の記事は、

  • 発声練習できる場所を探している
  • なるべく人に見られたくない
  • おカネをかけずに利用できる場所がいい

といったご要望に対するヒントです。

 

先日、「良い声」を出すための構成要素|声を鍛えたほうがいい理由という記事を書きました。

この記事で生まれ持った”声自体”を変えることは難しい。だけど”声の出し方”は努力次第で変えられる。

例えば声量を上げたり、正しく発声するといったトレーニングで。

だから努力すれば変えられる事に意識を向けよう、というメッセージを書きました。

 

声を鍛えるために欠かせないのが「日々の発声練習」でしょう。

練習方法は本やYou Tubeで見つかるので、自分の課題に合うものを探せばOKです。

次に「じゃあどこで発声練習するか?」

意外とこれが難題ですよね^^;

 

そこで今回は、発声練習できそうな身近な場所を7つ挙げました。

場所によって良さが違うので、練習内容によって使い分けるといいですよ。

この記事が発声練習する場所を見つけるヒントになると幸いです。

 

 

発声練習、どこでする?

練習場所を探すとき、

  • 周囲への配慮ができているか
  • 自分が集中できるか
  • 定期的に利用できるか

といった視点が大切でしょう。

 

他にも、その場所に人があまりいない曜日・時間帯・天気を知ること。

その場所で実施しても問題ない練習をする、といった工夫もしたいところです。

 

さて今回は、

  • 人に見られたくない場合
  • 人に見られても気にしない場合

というケースごとに練習場所を挙げました。

それでは1つずつ見ていきましょう。

 

人に見られたくない場合

練習してるところを見られたくない、声を聞かれたくない場合の候補です。

  • 初めてやるから恥ずかしい
  • 録音のジャマをされたくない
  • 大きな声を出す練習をしたい
  • 集中してじっくりやりたい

といった場合にいかがでしょうか?

 

①自宅

理想は防音室ですが、組み立て式の簡易防音室(例:だんぼっち)なんかもあるので、

おカネをかければ防音環境を確保できるでしょう。

ホームセンターで資材や防音材を買えば、2~3万円くらいで自作もできるようです。

歌や弾き語りの練習をしたい人は、楽器同様におカネをかけて損はないでしょう。

 

防音環境を作るのが難しくても、

腹式呼吸、表情筋トレーニング、舌を動かすトレーニングあたりは実施できるハズ。

他にも五十音や早口言葉くらいなら、テレビをつければ多少ごまかせると思います。

このような軽いウォーミングアップならやりやすいでしょう。

 

※アパートやマンションにお住まいの場合は、防音環境を検討したほうが良いかと。

↓例えばこういうのがあります。これを参考に自作できる人は作ってみては?

 

②カラオケ

大きな声を思いっきり出す練習に最適です。

ドリンクバー付きなら水分補給も問題ありませんね(庶民発想でスイマセン、笑)

但しおカネが多少かかるので、目的を明確にした練習に使いましょう。

 

公務員や大企業にお勤めの人は福利厚生で割引がないか?探すといいですよ。

福利厚生がない人は、デイリーPlus(月額550円)というサービスを検討してみては?

サービス提携店(カラオケ以外に映画館や飲食店など)を割引で利用できます。

 

カラオケは夜に練習するときも使いやすいですね。

と言うか、夜は素直にカラオケ行ったほうが良いかなぁ^^;

発声練習は周囲への配慮が命ですし。

 

③レンタルスペース

1時間1,000円などで利用できるレンタルスペースも練習に使えます。

会議室、ダンススタジオ、撮影スタジオなど多種多様です。

インスタベース、SPACEMARKET、カシカシといったサービスで探せますよ。

 

ボイトレや語学教室などに利用できる場所もあるので、複数人の練習も〇

動画撮影や録音したいときにもオススメです。

 

あ。会社の会議室が使える人は、

「プレゼンの練習・録音をしたい」とか言えば良いかと思います。

優秀な営業パーソンは陰でやってる努力ではないでしょうか?

 

人に見られても気にしない場合

自宅練習は恥ずかしい、人がいるほうが集中できるという人向けの候補です。

  • 人前で話す度胸をつけたい
  • 見られる緊張感に慣れたい
  • おカネをかけたくない
  • 開放感があるところが好き
  • ついでに日焼けしたい

といった場合にいかがでしょうか?

 

④クルマの中

クルマは動く防音室(笑)

意外と音が漏れにくいので、クルマを持っている人は試す価値ありですよ。

運転中はアナウンサーのオーディオブックなどを流して、話し方の真似をするなどの練習ができます。

夜中はさすがに怪しまれそうなので、練習は昼間にやりましょう。

 

⑤公園

広大な敷地の公園なら、練習できるスペースを探しやすいでしょう。

ちなみに公園にもいろいろあって、例えばランナーさんが多いところもあれば、

演劇の練習をしている学生さんが多いところもあるんです。

もし歌とか楽器の練習をしている人がいれば最高ですね!こちらも気兼ねなく声を出せるでしょう。

 

近くに広大な公園がないか?

グーグル先生にお問い合わせを。

 

⑥河川敷

河川敷は意外と穴場。

あまり人が来ないですし、ランニングとか犬の散歩で”立ち止まる人が少ない”です。

それに水の流れる音や、線路があれば電車の音で声がかき消されます。

 

日焼けに目をつむれば使いやすい場所でしょう。

早口言葉や外郎売り(ういろううり)、演劇の台本読み合わせなど、口を大きく開く練習も気兼ねなく実施できますよ。

Yuuki
Yuuki

僕は普段ランニングする河川敷で練習しています^^

 

⑦高架下

道路や線路の高架下も使えます。

高架が屋根になってくれるので、天気が悪くても練習できるところが優位点。

むしろ雨の日の、河川敷の高架下はほぼ無人でしょう。滅多に人が来ないハズです。

しかも雨音で声もかき消される。悪天候が好条件という特殊な場所(笑)

 

河川敷に行って高架がないか?見つけておくといいですよ。

休憩したくなった時に備えてレジャーシートとか、アウトドアチェアとか持って行くと良いかも。

 

人前で練習するのは恥ずかしい?

そりゃ恥ずかしいですよΣ(^∀^;)

僕も誰にも見られず、聞かれずに、何の制限もなしに思う存分やりたいです。

 

・・・せやかて、人前で練習するメリットもあると思うんです。

そう思う理由は、

  • 人前で声を出す度胸がつくから
  • 緊張感に慣れる訓練になるから
  • 恐怖心が小さくなっていくから
  • そもそも練習でできない事が、本番でうまくいくワケがないから

 

特に人と話すのがニガテな人ほどやったほうがいい(※ちょっとずつでいいから)

そういう人は声が小さいとかこもってるとか以前に、声を出すことにメンタル的なブレーキがかかっているからです。

自分は小さな声・こもった声というセルフイメージが”無意識に”できてしまっている人も多いでしょう。

 

もしそれが悩みなんだったら?

変えざるを得ない環境に身を置いて、強く”意識”してトレーニングするほうが良いと思うんですね。

大丈夫。ヒトは意識してトレーニングを繰り返せば、やがて「無意識が書き換わる」んですよ。

 

つまり人前で話す時、

「練習と同じイイ声・大きな声・ハキハキとした発声」が自然にできるようになるという事。

 

そうなる方法は”人前で意識してトレーニング”

すると”人前に立つ”が条件反射になって → 無意識のうちにイイ声モードが起動するんですね!

だから最初は週1回でもいい。あえて人前で練習する日を作りましょう。

 

発声練習できる場所を探そう

声を鍛えるために欠かせないのが「日々の発声練習」です。

今回挙げた場所を参考に、あなたなりの練習場所を見つけてもらえると幸いです。

僕も声の悩みを解決するために、引き続き人前練習やっていきますね。

 

P.S.他にもこんなところあるよ~というコメント頂けると嬉しいです。

お互い声に磨きをかけていきましょう!

 

最後までお読みくださり、ありがとうございます^^

 

 

スポンサーリンク
内容が良かった!役に立った記事は、シェアしていただけると嬉しいです。
ROAD OF STYLE

コメント

タイトルとURLをコピーしました