ガリガリ体型を変えたい。もっとカッコいい男になろうぜ!

STYLE MAKING

こんにちは!お洋服ブロガーのYuukiです。

いつもブログを見てくださり、ありがとうございます。

 

2022年6月24日現在、僕は身長173cm・体重57.6kgです。

BMI(肥満値)は19.2 → 分類上は普通体重ですが、見た目はガリガリ^^;

 

細身のスタイルが似合うという良さはあるものの、

僕の心境は「ガリガリは男としてカッコよくないだろう」と思っています。

あ。これは”自分に対して”ですよ?

(※他人に対しては思いません。あくまでも自分に対する評価です)

 

それでガリガリ体型を変える為に、食事や習慣の見直しを始めたんですね。

いろいろ調べて実践 → 効果があれば継続、イマイチなら修正といった感じで。

 

そこで今回はガリガリ体型を変えていく過程を書きます。

どうしてガリガリ体型を変えたいのか?という想いと、手始めに取り組んでいる事をシェアしますね。

「誰かの経験を知る事で自分を見つめ直す」代理経験として、ご笑覧いただけると嬉しいです^^

 

 

ガリガリ体型を変えたい

ヒトが体型を変えたいと思う時って、どんな時なんでしょうね?

失恋したとか、周りの人に陰でバカにされてると知った時とか(※こういうのはテレビで見た事あります)

現状をちゃんと受け止めた時、苦痛を感じた時、見返したいと思った時・・・

キッカケはいろいろだと思います。

 

目標達成において「なぜやるのか?」の動機は大事だと思います。

その想いが行動に結び付くし、しんどい時に自分を奮い立たせてくれるから。

だから言語化して、いつでも見られるようにしておくといいですね。

 

さて僕がガリガリ体型を変えたいと思うのは、

  1. 男としてカッコよくないから
  2. ガリガリ体型の利点が少ないから
  3. シンプルにモテないから

1つずつコメントしますね。

 

①男としてカッコよくないから

自分を客観的に見た時、ガリガリ体型の自分はカッコよくないと思うからです。

頼りなさそうに見えるし、声とか所作もなんとなく弱そう。

 

もし自分のカラダ1つでサバイバルしないといけない状況になった時、生存競争に真っ先に負けるだろうなって(苦笑)

まずライバルに勝てない。女性は強い男性のもとへ。弱そうだから仲間もできない。

生きる為には強い人に服従するか、盗賊みたいなコソコソした生活か・・・つまり選択肢が全然ないんですね。

言い換えると「自由に生きられない」って事です。

 

いや~映画の観すぎですねΣ(^∀^;)

せやかて現代に置き換えても、強い男性のほうが「仕事もスポーツも活躍できる」

女性は頼りない男性より「頼りがいのある男性に惹かれる」し、抱かれたい。

ビジネスの仲間も「一緒に組むとイイコトあるって思える人」が選ばれやすい。

 

あ。ガリガリ体型からめちゃくちゃ飛躍してますね(苦笑)

だけど大袈裟な話ではないと思います。

 

ガリガリ体型でいることは、果たして人生においてプラスなのだろうか?

仕事で、恋愛で、人間関係のあらゆる場面で、

理想の人生に最も近づけるのはガリガリ体型なのか?それとも・・・?

Yuuki
Yuuki

これを考えた時、僕はガリガリ体型はNOだと思い至ったワケです。

 

②ガリガリ体型の利点が少ないから

ガリガリ体型には細身のスタイルが似合うという良さはあります。

だけどネガティブな影響もたくさんあります。例えば、

  • 頼りなさそうに思われる
  • 弱そう → 人に舐められる
  • 弱そう → 発言力が低い
  • 弱そう → 見下される
  • ゴハン食べてんの?といじられる
  • 女性に気持ち悪がられる(自分より細い男はヤダという人もいます)

 

発言力が低いというのは、ビジネスにおいては致命的な弱点です。

何を言っても軽くあしらわれるからです。

「ヒョロヒョロの先輩が何か言ってたけど、別に従わなくてもいいんじゃね?」

みたいな態度を取られる可能性があるって事です。

 

残念ながら社会には品のない人も一定数おられます。

そういう人から雑な扱いを受けない為にも、自分を鍛えておく必要があるでしょう。

(※ガリガリ体型に限らず、肥満、ハゲ、剛毛、童貞、声が弱いなどのネガティブは解消して損はないです)

 

③シンプルにモテないから

男として悲しいですよ?モテないのは^^;

自分を磨けば誰だって好感を持たれるのに・・・

だから僕にとってガリガリ体型を変えるのは、自分磨きの一環でもあります。

 

補足しておくと、現状に満足している人は別に変化しなくてもいいと思います。

達成したい目標があって、

「未来と現状にギャップがある」と気付く事ができれば、

そのギャップを埋めようと努力するのは当然だと思うんですね。

 

僕は現状にすこしネガティブを感じています。

ただそれ以上に、未来と現状のギャップが大きいんですよ。

ガリガリ体型を変えたい → 未来と現状のギャップを埋めたい、と言い換えてもいいでしょう。

 

モテるのは1つの例え。

要するに、もっと良くなりたいという純粋な向上心です。

 

ガリガリが体重を増やす為に

ここからは体重を増やす為の方法についてです。

痩せている理由、体重が増えない理由は人それぞれですから、参考程度にご笑覧くださいね。

 

①摂取カロリーを増やす

体重を1kg増やす為に必要なカロリーは「約7,200kcal」

  • 9kcal=1g
  • 9,000kcal=1,000g(1kg)

9,000kcalで1kgの脂肪 → 脂肪は20%が水分。これを引くと7,200kcalで1kgの増量に繋がる計算です。

 

摂取カロリーから消費カロリーを差し引いて、1日で240kcal余ればOK。

マクドのハンバーガー1個分(約256kcal)です。

240kcal × 30日で7,200kcalとなり、体重が1kg増えるという計算です。

 

消費カロリーは「基礎代謝(※)+1日の活動で使うカロリー」で算出。

(※何もしなくても消費するカロリーのこと)

成人男性の目安は2,300kcal/日と言われています。

したがって1か月に1kgずつ増量する場合、1日の摂取カロリーの目安は2,540kcalとなります。

 

ただガリガリ体型の人は、胃腸の吸収能力が低い可能性があります^^;

つまり毎日2,540kcal摂取しても100%吸収されるとは限らない。

長年ガリガリ体型の人はこの点を加味して、摂取カロリーをさらに増やすほうが良さそうです。

シンプルに食べる量を増やすのが近道でしょう。

 

そこで僕は間食を増やすことにしました。

3食の食事量を増やすより、こまめに食べるほうが胃腸の負担も小さいですしね。

プロテインを補給したり、カフェに行ったら高カロリーの軽食を摂るなど、できる事から始めています。

Yuuki
Yuuki

マクドのバーガーも食べに行かないと(笑)

 

写真のプロテインは1食あたり約123kcal。

微々たる量ですけど、タンパク質も摂りたいので一旦これで様子見です。

タンパク質は筋肉、臓器、お肌、骨、髪の毛などの主要成分。

ただデカくなれればいいってワケでもないので、毎日欠かさず摂取していきます。

 

あ。プロテインシェーカーはスポーツ用品店で購入。

ザバスのシェーカーが440円でしたよ(`・ω・´)b

 

②筋肥大のトレーニング

増量してお腹ポッコリになりたくないので、大きな筋肉を鍛えたいところ。

理想は逆三角形に見える身体つきですね!

6月24日現在、胸囲は93~94cm。まだまだ大きくしたいです。

 

③O脚を改善する

ガリガリ体型を変える為に、O脚を改善しておきたいと考えています。

O脚は下半身太りしやすい、エネルギーを余分に消耗するというデメリットがあるからです。

 

6月24日現在、胸囲93~94cmに対しヒップは89cm。

数値は逆転できたのに見た目は大差なし(泣) 引き続きO脚改善に励みます。

 

ガリガリより、もっとカッコよくなろうぜ!

僕自身はガリガリ体型でいることに、あまりメリットを感じていません。

むしろ客観的に見てカッコよくないと思っているので、少しずつ増量する考えです。

目標は体重65kgの細マッチョ。

課題はいろいろあるけれど、1つ1つクリアしていきます。

 

今回の記事がスタイル作りを考えるキッカケになると嬉しいです。

 

最後までお読みくださり、ありがとうございます^^

 

 

内容が良かった!役に立った記事は、シェアしていただけると嬉しいです^^
スポンサーリンク
ROAD OF STYLE

コメント

タイトルとURLをコピーしました