ガリガリ体型が覚えておきたいお直し|調整するという考え方

STYLE MAKING

こんにちは!お洋服ブロガーのYuukiです。今回の記事は、

  • ガリガリでお洋服が大きく感じる
  • 部分的に大きいのを何とかしたい
  • そもそもお直しでどんな調整ができるの?

といったご要望・疑問にお答えする内容となっています。

 

ガリガリ体型はどんなお洋服でも着られる強みがあります。

その一方でウエストが余ったり、ジャケットの袖全体が太いなぁって感じる時がありませんか?

この時、オーバーサイズで着ればいっか~というのも1つの考え方ですけど、

「ジャストサイズでキレイに着たい」お洋服もあるのではないでしょうか?

 

そういう時は「お直しで調整する」という考え方をオススメしたいです。

例えばデニムパンツのウエストを詰めたり、ジャケットの袖筒を細くするなど。

 

そこで今回は、ガリガリ体型が覚えておきたいお直しを4つ紹介します。

これを覚えておくと、例えばブランドや海外製のお洋服を着る時の

「ここが細ければなぁ~」という微妙な悩みを解消できますよ。

それではご笑覧くださいね^^

 

 

ガリガリ体型が覚えておきたいお直し

今回紹介するお直しはどれも「お洋服のお直し屋さん(※)」でやってもらえます。

(※例:マジックミシン、洋服の病院、心斎橋リフォームなど)

 

ガリガリ体型の人は、次のお直しを覚えておくといいですよ。

お洋服のフィット感を高め、スマートな外見作りに貢献してくれます。

  1. シャツのカフス(袖口)幅詰め
  2. ジャケットの袖筒を細く
  3. デニムのウエスト詰め
  4. ボトムスの脚周りを細く

 

それでは1つずつ見ていきましょう。

(※工賃目安はお直し屋さんやお洋服の素材によって変動しますので、参考程度にご覧くださいm(_ _)m)

 

①シャツのカフス(袖口)幅詰め

工賃目安:2,750円くらい

あまり知られていないようですが、シャツのカフス幅は細く調整できるんです。

カフスがブカブカだと腕時計が袖内側に隠れたり、冬は冷たい風がスースー入って冷えてしまう。

こうした不都合を回避したい時は、カフスを細く詰めるといいですよ。

 

僕は手首周りが16cmと細いので、特に海外製のシャツはブカブカ。

グーの手のままスポッと抜けるくらい余ることもあります(泣)

 

だから(袖丈を直すついでに)カフス幅を細く調整するようにしています。

ドレスシャツのカフスがズルズル動くのはみっともないので、フィット感にはこだわるようにしましょう。

 

②ジャケットの袖筒を細く

工賃目安:4,400円くらい

「小さいサイズ(42など)のジャケットなのに、なぜか袖全体が太かった」という経験ありませんか?

ボディは細身シルエットなのに、横から見ると袖筒がデカくてアンバランス^^;

 

これはラルディーニやタリアトーレなど、海外製ジャケットあるあるだと思います。

42サイズなのに袖口幅14cm(ぐるりで28cm)なんて設定もありますからね(汗)

 

この場合は袖筒を細くするお直しが有効です。

横から見た時の違和感がなくなり、腕も動かしやすくなります。

さらに冬場、コートを重ね着した時の袖筒のゴワゴワも和らぎますよ。

 

ちなみにジャケットの他に、Gジャンやチェスターコートなどのアウター全般の袖筒も細くできます。

チェスターコートで袖筒が太いのは、あまりスタイリッシュとは言えないので、オフシーズンの間に調整するといいでしょう。

Yuuki
Yuuki

要するに今(8月)でしょ!

(言いたいだけ、笑)

 

③デニムのウエスト詰め

工賃目安:3,850円くらい

デニムパンツのウエストも細く詰める事ができます。

写真のリーバイス511 W28サイズは、元々のウエスト上がりが76cm。

手前のほうはウエストを詰めて73cmにしています。

 

このお直しは、ベルトでギュッと締めるのは見映えが良くないと思う人、

ベルトの締め付け感がニガテだという人に有効でしょう。

 

デニムのウエスト詰めは、ウエストバンドの後ろ中央をカットして細くします。

そしてヒップから自然に繋げていくため、腰周り全体のフィット感が改善されます。

カット跡はベルトループで隠れるので、他人に見られる心配はないですよ。

 

④ボトムスの脚周りを細く

工賃目安:脚全体7,700円くらい、一部だけ2,200円くらい~

デニムやチノ、スラックスなどの脚周り全体を細くする事もできます。

もちろん太ももだけ、裾口だけといった部分的な調整も可能。

美脚効果を狙ってヒザ~裾口にかけて細くする、といったイメチェンも〇です。

 

スーツのトラウザーズを細くし過ぎるのはあまりオススメしませんが、

カジュアルで穿くデニムや白パンなどを、お好みのシルエットに調整するのは良いでしょう。

いろいろと調整しながら、自分のスタイルを模索するのは建設的だと思います^^

 

お直しで調整するという考え方を持とう

お洋服が部分的に大きい場合、お直しで調整するという考え方をオススメします。

特に海外製のお洋服は、シャツカフスや袖筒が太いなんて事はザラですしね。

お直しを上手に使って、自分サイズに合わせていきましょう。

 

「他にこういう部分のお直しはできるの?」という疑問が出てきた人は、お気軽にお問い合わせくださいね。

今回の記事がスタイル作りのお役に立つと嬉しいです。

 

最後までお読みくださり、ありがとうございます^^

 

 

スポンサーリンク
内容が良かった!役に立った記事は、シェアしていただけると嬉しいです。
ROAD OF STYLE

コメント

タイトルとURLをコピーしました