「~しないとヤバイ」→「~すると○○」に言い換えよう

素の魅力・ステータスUP

こんにちは!お洋服ブロガーのYuukiです。今回の記事は、

  • いつもやる事に追われている
  • その割になかなか行動できない
  • 前向きに行動できるようになりたい

といったお悩み解決のヒントとなっています。

 

やる事に追われる毎日が苦痛だ!と感じている人は、

今回紹介する「言い換えを習慣にする」とストレスが和らぎますよ。

「こういう考え方もアリかも」くらいのカジュアルな気持ちでご笑覧くださいね^^

 

※対処法だけ知りたい人は、目次の中から

2.「~すると○○」に言い換える をタップしてくださいm(_ _)m

 

 

「~しないとヤバイ」を言い換えよう

「~しないとヤバイなぁ」が口癖になっていませんか?

例えば「そろそろダイエットしないとヤバイなぁ」みたいな感じで、

日常の出来事に対してヤバイと言ったり、思ったりした事ありませんか?

締め切りが迫っていたり、トラブルが起きた時につい口走ってしまうかもですね。

 

それは危機感を抱いているからだと思うので、悪い事ではないと僕は捉えています。

それで行動に移して問題を解決している人も多いでしょう。

 

ただ、精神的な余裕がないと感じたり、

「やりたくないけどやらないとなぁ」という気持ちも出てきませんか?

 

もしそうだったら、毎日がすこしずつ窮屈に感じてくると思います。

そろそろ起きないとヤバイなぁ。髪の毛切らないとヤバイなぁ。

怒られそうだけど進捗報告しないとヤバイなぁ・・・という日々が繰り返されるワケですしね。

 

そして気が付くと、やる事に追われる毎日になっていると。

それ、楽しいですか?幸せですか?

 

ネガティブな意味付けを防ぐ

「~しないとヤバイ」を繰り返すと、心がどんどんネガティブになってしまいます。

  • 勉強しないとヤバイなぁ
  • 掃除しないとヤバイなぁ
  • 禁煙しないとヤバイなぁ
  • 返信しないとヤバイなぁ
  • 結婚しないとヤバイなぁ

↑これを読んでポジティブに感じましたか?ネガティブでしたか?

 

「どちらかと言えばネガティブ」といったところでしょうか。

そう感じたのは恐らく語尾の「ヤバイ」という断定表現のせいでしょう。

 

Yuuki
Yuuki

ちょっ待てよ(`・ω・´)o!!
(言いたいだけ、笑)

先ほどの例は具体的にどうヤバイのか?がハッキリしていませんよね?

例えば明日テストなのに何も勉強していない → これだとヤバイでしょう。

 

具体的にこういう状況・理由がある → だからヤバイ、が正常な思考。

だけど「~しないとヤバイ」が口癖になっていると、具体的な根拠をすっ飛ばしてネガティブになってしまうんです。

「ヤバイ」のひと言が、”自動的に”ネガティブな意味付けをしてしまうからです。

 

実際は思い込みや勘違いしているだけで、根拠を具体化すると問題なかったというパターンはあるあるです(耳が痛い、泣)

せやかて口癖になるくらい繰り返せば、歪んだ思考習慣はできてしまう・・・ある意味洗脳ですね。

こうして文字で読むと「そんなバカな^^;」って話ですが、

今まで関わってきた人の中で、深く考えずにヤバイヤバイと悩む人はいなかったでしょうか?

 

 

何事も繰り返せば習慣になります。

最初は大きなトラブルが起きて「~しないとヤバイ」と感じたのかもしれません。

だけど、それを機に「あれもしないとヤバイ。これもしないとヤバイ」と考えが広がる可能性があります。

この繰り返しが思考習慣を作るワケです。

 

これって実は「俺ならできる」が口癖の人が、何に対してもできると思うのと同じ流れなんですよ。

日頃から何かある度に「~しないとヤバイ」を繰り返していたら、

何に対しても「ヤバイ」のひと言で、”自動的に”ネガティブになる。

思考習慣が(良くも悪くも)具体的な根拠をショートカットしちゃうんです。

 

「~すると○○」に言い換える

歪んだ思考習慣を防ぐために「~しないとヤバイ」の言い換えをオススメします。

具体的には「~すると○○」というフレーズに言い換えます。

〇〇の部分は「行動で得られる未来」を当てはめましょう。

 

例:勉強しないとヤバイなぁ → 「勉強すると一歩成長する」

この言い換えは、自分の気持ちをポジティブ方向に向ける効果があります。

これを習慣にすると行動したい気持ちが湧きやすくなり、「やりたいからやる」状態に変われます。

やる事に追われているという感覚も弱まっていくでしょう。

 

掃除しないとヤバイなぁ → 「掃除すると気分が良くなる」

禁煙しないとヤバイなぁ → 「禁煙すると痩せる」

返信しないとヤバイなぁ → 「返信すると話が進んで、解決に一歩近付く」

という感じで日々感じた「~しないとヤバイ」を言い換えてみましょう。

 

最初は小さな変化かもしれません。だけど続けてみてください。

冷水を火であたためたら、冷水→ぬるま湯→熱湯に変わるように、

ネガティブな気持ちも言い換えによって、ネガティブ→ニュートラル→ポジティブに変わりますよ^^

 

参考:言い換えフレーズ

言い換えのフレーズはいろいろ持っておくと良きです。

  • ~すると解決する
  • ~すると成長する
  • ~すると喜ばれる
  • ~すると気持ち良い
  • ~すると余裕が出る
  • ~すると自信がつく
  • ~すると事態は好転する

ヤバイよヤバイよ(出〇さん)と感じたら、建設的なイメージに言い換えましょう。

 

「~すると〇〇」を習慣付けよう

「~しないとヤバイなぁ」の口癖は、ネガティブへのショートカット。

人生を停滞させる恐れがあるので「~すると○○」に言い換えてみましょう。

行動するとプラスの未来に近付くんだ!と思えば、前向きに行動できるようになりますよ。

 

 

P.S.僕も言い換えをすることで、億劫に感じていた行動がやりやすくなりました。

その結果、ここ1週間のモヤモヤがほんの数分で解消。

悩んでいた問題を1つ解決できましたよ(`・ω・´)b

 

億劫になるのは歳のせいではなく歪んだ思考習慣のせい。

「対応しないとヤバイなぁ」では、解決がもっと遅れていたでしょう。

今回気付けて良かったです(ふぅ~)

 

最後までお読みくださり、ありがとうございます^^

 

 

スポンサーリンク
内容が良かった!役に立った記事は、シェアしていただけると嬉しいです。
ROAD OF STYLE

コメント

タイトルとURLをコピーしました