男性の乳首の位置について|筋トレ以外で下がるのは避けよう

脱ガリガリ実践記

こんにちは!お洋服ブロガーのYuukiです。今回の記事は、

  • 男性の乳首は通常どこにある?
  • 乳首が下がっていないか気になる
  • 乳首が下がる原因は何?

といった疑問にお答えする内容となっています。

 

冒頭の写真はSnow Manのリーダー 岩本ひかるさんです。

調べてみると身長182cmで体重62kg、体脂肪率4%というアスリート並みの肉体。

2017年のSASUKE第33回大会に初出場し、第39回大会まで計7回出場。

男性向け健康雑誌「TARZAN」のアンケートで「ジャニーズの筋肉No.1」に選ばれています。

 

引き締まったウエストから広がる逆三角形ボディがお見事ですね!

そんな感じで彼の肉体を見ていた時、

上半身の見映えは筋肉量や形、そして乳首の位置で変動するよなって思ったんです。

 

というか「そもそも乳首って通常どこにあるんだろう?」

そして「カッコいい肉体を目指すうえで、乳首の位置は重要なのかな?」

という疑問が出てきたので、すこし調べてみました。

見映えが良いカラダ作りに役立つので、今まで気にした事がなかった人はぜひ本編もご笑覧くださいね^^

 

 

男性の乳首の位置について

前提として「乳首の位置は個人差がある」ことを覚えておきましょう。

例えば

  • 高さ:鎖骨から乳首までの距離が短い/長い
  • 間隔:左右の乳首の間隔が狭い/広い

 

当記事は主に「高さ」に着目して解説します。

 

乳首は通常どこにある?

男性の乳首の位置は

「通常は第4肋間~第5肋骨上にある」と言われています。

イラストを参考に、ご自身の鎖骨から肋骨 → 乳首を辿ってみましょう。

 

(※念の為のお願いなんですが、写真を無断転載するのはお控えくださいね^^;)

僕は第4肋間に位置していました。

ご参考に鎖骨から乳首までが15cm、乳首からおヘソまでが23cm。比率は4:6。

→ 比率が3:7、4.5:5.5という人もおられるようです。

 

胸板がたくましく見える要素は?

次にたくましい胸板の人の乳首位置を見てみましょう。

 

岩本さんの乳首位置は第5肋骨上くらいですが、僕と違って

「大胸筋下端に近いところ」に位置していますね。

 

僕は大胸筋下端の輪郭がハッキリしていないせいか、離れているように見えます。

という事は大胸筋下側を鍛えて、輪郭をハッキリさせるとたくましい見映えに近付く可能性がありますね。

インクラインプッシュアップのような大胸筋下側にアプローチするトレーニングが必要でしょう。

 

こちらは狩猟民族アボリジニーの男性です。

岩本さんほど大胸筋の形がハッキリしませんが、乳首は大胸筋下端に近い。

楕円形の乳輪が「ハの字」みたいに傾斜している点も岩本さんと共通しています。

 

 

・・・以上の観点から、

  1. 乳首が大胸筋下端に近い
  2. 乳輪がハの字みたいに傾斜

胸板がたくましく見える人は、これら2つの要素を持っていると思われます。

 

あなたもこの2点を意識しながら、鍛えている人を観察してみてください。

何かしらの共通点が見えてくるハズです。

 

乳首が下がる原因

ここからは乳首の位置が下がる原因を紹介します。

なんとなく見当がつくと思いますが、

その原因がネガティブか?ポジティブか?は重要なポイントだと考えています。

ネガティブな原因で乳首が下がっている場合は、改善したほうが良いでしょう。

 

①ネガティブな原因

  • 姿勢不良
  • 筋肉の衰え
  • 余分な脂肪増加
  • お肌のハリ不足(老化)

これらが重なれば重なるほど乳首が下がり、だらしないカラダに見えてしまいます。

 

20~30代・ガリガリの人でも、姿勢が悪いと乳首位置は下がります。

特に猫背と巻き肩(※肩が前方内側に傾いた状態)はマズイ。

脂肪で垂れ下がっている人と似たような見映えなので、早急に改善されることをオススメします。

 

放置すると胸と腹筋がどんどん弱まり、お肌が垂れて、お腹ポッコリ。

首と背中はいつも緊張状態で慢性的なコリに繋がります。

見た目も自信なさそうにしか見えません。人生にプラスをもたらしませんよ^^;

You Tubeで「巻き肩 改善」「猫背 治し方」などで検索してみましょう。

 

②ポジティブな原因

出典:Twitter

ボディビルダーが如く、かなりガチガチに鍛えていくと乳首は下がっていく、

もしくは下向きになっていくようです。

松本人志さん(身長172cm、体重67kg)が好例ですね。

 

大胸筋発達の結果、乳首が下がっていくワケですから、鍛錬の証と言えるでしょう。

ネガティブな原因では得られないたくましい胸板が無言で語ってくれます。

 

ガリガリ体型の人も筋トレすれば胸板は膨らみます。

あばら骨が浮き出るようなまな板でも、小さな積み重ねを続ければ変われますよ^^

 

筋トレ以外で乳首が下がるのは避けよう

男性の乳首は「通常は第4肋間~第5肋骨上にある」と言われています。

筋トレ以外で乳首が下がる → だらしないカラダに見えてしまうので、

年齢・体型関係なく意識するようにしましょう。

今回の記事がスタイル作りのお役に立つと嬉しいです。

 

最後までお読みくださり、ありがとうございます^^

 

 

スポンサーリンク
内容が良かった!役に立った記事は、シェアしていただけると嬉しいです。
ROAD OF STYLE

コメント

タイトルとURLをコピーしました