STYLE MAKING

STYLE MAKING

紺(ネイビー)ブレザーに合うネクタイ7選

「ビジネスでブレザーを着ようと思っているけどネクタイは何が合うんだろう?」ストライプのイメージが強いかもしれませんが、実は他に…
STYLE MAKING

ビジネスシーンでブレザーは失礼?→ネイビーブレザーはOKです

ブレザーもジャケパンに使える単品ジャケットの1つで、ブレザーだから失礼という事はありません。但しスポーティーなブレザーは不向き…
STYLE MAKING

ダンヒルのネクタイピンはクラシックスタイルに合う(※レビュー)

ダンヒルのネクタイピンは基本的に横幅6cmで作られており、クラシックなスーツスタイルに合わせやすいです。自分のスタイルを確立し…
STYLE MAKING

麻布テーラーのニットタイはコスパ良し。使い心地をレビューします

お手頃価格なのに考えられた良さを持つ麻布テーラーのニットタイ。こんな特長的な生地を使っているニットタイは珍しいのでぜひ1本購入…
STYLE MAKING

ネクタイの柄解説⑥動物柄(アニマル柄) ~ビジネスOKか?~

ネクタイに使われる動物柄は「動物の顔や全体像のモチーフが小さく並んだ柄」のほうが多いです。柄が対称的に配置といった共通点も見ら…
STYLE MAKING

ネクタイの定番柄⑤無地 ~素材と織りを見分ける知識~

無地も柄の1つと考えると、小紋柄やドット柄等と並ぶ定番柄と言えます。「全体が同じ色で模様がない」為、あらゆる柄のスーツ・シャツ…
STYLE MAKING

ネクタイの定番柄④ストライプ柄 ~スポーティーで若々しい印象~

ストライプ柄とは「縞模様のことで、ネクタイでは主に斜め縞が多い」です。直線主体のわかりやすい柄で遠くから見ても柄を認識しやすい…
STYLE MAKING

ネクタイの定番柄③ドット柄 ~ネクタイ最古のクラシックな柄~

ドット柄とは「水玉模様のことで、正円(●)が並んだ柄」特にネイビー地に白ドットはエレガントな趣きがあり、クラシックパターン(古…
STYLE MAKING

グレーチョークストライプスーツで信頼感を纏う(滝藤さんが如く)

テーラーが生地の上にチョークで描いたような、かすれた線が特長のチョークストライプ。英国では銀行家(Banker)が好んで着用す…
STYLE MAKING

ネクタイの定番柄②ペイズリー柄 ~英国紳士にも愛される定番柄~

ペイズリー柄は「草木や花等の植物をモチーフにした柄」 繊細な模様や伝統深いペイズリー柄は英国紳士にも愛され、スーツの胸元を彩っ…
タイトルとURLをコピーしました